« オーTOMAチック / TOMA | トップページ | “SUIKA CRASH” 回顧 »

2009/07/04

2009年6月のBMSより

先月リリースされたBMS(イベント出展作は除く)の中から
個別エントリで紹介したかったけど、私の文才・感受性・音楽知識が足りないばかりに
まとまった文章が書けなくて断念した作品をまとめてご紹介。

 

上述のように、諸事情により個別掲載を諦めたBMSを簡潔に紹介します。
全部のBMSをプレイする暇のない方でも、せめて本項掲載作だけでも試してみてはいかがでしょう?

本当は6月リリースの全BMSについて紹介したかったのですが、労力的に無理そうなのでやめました。
ここに漏れた作品の中にも、当然のことながら凄い超大作はたくさんあるので、
それらに関しては実際にプレイするか、他サイト様にてレビューをご参照下さい。

主な作品を客観的な短評付きで知りたい方は、ミキハラさんのBMSセレクションへ、
長所短所まで踏み込んだ詳細なレビューをお求めの方は、wosdergeさんの微粒子へと、それぞれどうぞ。

では、私の方からの感想として、6月分からは以下の4曲を紹介させて頂きます。

 
 
 

★ Golden Sunset  /  Rumoe Remixy
 

0704_1

Genre : House
Title : Golden Sunset
Artist: Rumoe Remixy
Difficulty: 7key☆5 ☆8

 

本当は個別で記事にしようと思っていた(事実、半分くらい書いた)のですが、
Rumoe Remixyさんがサイトを閉鎖して引退(?)されてしまったようなので、急遽お蔵入り。
なので現在はもうBMSをダウンロードできません。

曲はおおむね三部構成になっています。
ゲーム的にメインとなるハウスパートを、前後の美しい夕焼けのシーンで挟むという形式で、
BMSを叩く楽しみ、楽曲に浸る喜び、この両輪の花を巧みに二頭立てしているのが特徴です。

全編通して優しい音使いながらも、中間部のハウスのリズム感は軽妙にして絶妙で、
跳ねた旋律によるノリの良いグルーヴは、BMSの醍醐味が満喫できること請け合いです。
ラストは沈む夕日を眺めながら、ウィンドチャイムの流れ星が夜の訪れを告げるという締め方で
心ときめく程にロマンティックです。プレイ後の余韻までも堪能できることでしょう。

個人的には、Rumoe Remixyさんは今年のBMSシーンの起爆剤となりうる期待の新戦力だと思っていたので、
サイト閉鎖は非常に残念。いつか再び界隈に戻ってきてくれることを期待しています。

このBMSは、最初に申し上げましたとおり今は入手不可能となっています。
結構な名作だと思いますので、所持している方のみ優越感を味わいながらお楽しみ下さい(笑

 

DL:b.i.n.(No.0604)
http://bin.dot908.net/?mode=detail&no=0604

 
 
 

★ NEGA.  /  MELANCHOLIQUESAMPLELOVER
 

0704_2

Genre : GRIME / DUBSTEP
Title : NEGA.
Artist: MELANCHOLIQUESAMPLELOVER
Difficulty: 5key☆5

 

中の人はCYANDOGさんのようです。

ダブステップは現在BMS界隈で最も注目を集めているジャンルといえますが、
専門的に聞き込んでる人ならともかく、一見さんには非常に解釈の難しいジャンルです。
ネット上で言われている最大公約数的な定義を挙げると、
①低音が強調されていて(最重要)、②跳ねたビートのインストで、③ダビーでドープな曲、
という感じですが、音楽の定義を文字で書いたところで正直よく分からないでしょう。私も分かりません。
一応youtubeなどで有名どころも聞いてみましたが、作品/アーティストごとの振れ幅が大きくて、
必ずしも理解の助けにはなりにくい印象でした。頼りない私。
とはいえ、BMSシーンにはダブステップ通の作家さんも多いようなので、
彼らの今後の作品によって、このジャンルが界隈に定着するかどうか決まることでしょう。期待です。

前置きが長くなりましたが本作について。
全体として薄気味悪い雰囲気が支配する一方、時々流れる調子外れな音形が不気味さを盛り立てます。
不意にインパクトのある音が挿入されるなど、その曲展開は一筋縄ではいかず、
暗い夜のトンネルで、突然何者かに足首をつかまれるような恐怖感を覚える作品となっています。

またダブステップの定義の通りに、低音の使い方に特化しているのが印象的で、
柔らかい低音・硬い低音・歪んだ低音・波打つ低音・超低音とその種類は多岐に及び、
色々な低音が幾重にも絡み重なる様は驚愕と言うほかありません。

そして何よりBGAが衝撃的。一枚絵だと思って油断していると、急にとんでもないものが来ます。
ネタバレは良くないので詳細は控えますが、未体験の人は即ダウンロードすることを推奨します。

 

DL:b.i.n.(No.0605)
http://bin.dot908.net/?mode=detail&no=0605

 
 
 

★ Rip a CHANCE   /   Ym1024
 

0704_3

Genre : Hands Up
Title : Rip a CHANCE
Artist: Ym1024
Difficulty: 7key☆5 ☆7 ☆9

 

Ym1024さんの20作目となるオリジナルBMSです。

ハンズアップは本家で人気のジャンルらしいので、私より皆さんの方がお詳しいことでしょう。
「手を挙げて踊りたくなるくらい」派手で盛り上がるブチアゲトランスの一種と言われています。
一般的にはボーカルや声ネタが多用されているようですが、本作ではそれらを一切用いず、
純粋なインストとしてハンズアップを再現するというチャレンジングな試みがなされています。
物足りなさそうな印象もしますが、実際聞いてみると歌モノと比べても遜色なく、高揚感は据え置きのままで、
この辺りの優れたバランス感覚は、もはやベテランの域に達したYm1024さんの貫禄と言えるでしょう。

曲はハードで硬いトランスから始まり、途中からハンズアップトランスへと劇的に移行します。
やはり見せ場はハンズアップに入ってからが主となりますが、
特に凄いのが陰陽両極に揺れるメロディライン。これがとにかく面白いのです。
アッパーから泣きの旋律が入り、さらに勇壮なメロへと移ってまた戻ったりと、
この変幻自在のメロディが本作最大の肝で、テンションが沸騰すること必至の名旋律です。
予測不能の展開に興味を引かれ、気づけば夢中になっているので、長めの演奏時間も全く気になりません。
ポジティブな開放感に身を任せ、大きく体を揺らしてプレイしたい作品です。

本家が好きな人・トランスが好きな人・とにかく良曲がやりたい人など、
わかりやすい楽曲なので万人にオススメ。気合いが入ったBMSなので、ぜひお試し下さい。

 

DL:Yellow mapleleaf
http://members.at.infoseek.co.jp/Ym1024/
  :b.i.n.(No.0608)
http://bin.dot908.net/?mode=detail&no=0608

 
 
 

★ mysterious   /   hontanichan
 

0704_4

Genre : minimal / techno
Title : mysterious
Artist: hontanichan
Difficulty: 5key☆7

 

hontanichanことmorigasigeru/KotiraSampleさんの縦連打テクノです。
時期的・状況的に見て、恐らくはSUIKA CRASHの没曲なのでしょう。
没曲というとなんだか印象悪いですが、実際はイベント登録作に全く負けてない出来です。

ミニマルというジャンル柄、音数は少なめで、意外にもドラムがシンプルなのが驚きですが、
複雑なシンセの伴奏がそれを補い、リズムに難解さを加えてるのが特徴的です。
そしてこの曲最大のセールスポイントが中盤からのボーカル。
全体の音の薄さと相まって、まるで虚空に消えゆくようにミステリアスな声なのですが、
すべてキー音にアサインされているので、自由自在に叩くことができます。
これが超楽しいので、四の五の言わずにとにかくプレイしてみて下さい。

今までのミニマル系BMSはリズムトラックとしての側面が強かったと思いますが、
この作品は、日本人の心のわびさびに訴えかけるような不思議な魅力があって、強く印象に焼き付く曲です。
花鳥風月を感じる雅やかな一枚絵を眺めながら、
花から華へと、一音一音が昇華されていく様子に耳を傾けるのも一興でしょう。

当ブログをご覧下さるようなBMSフリークの方は、もう縦連打はお腹いっぱいのことでしょうが、
食後のデザートと思って本作も味わってみて下さい。とても美味しいですよ。

 

DL:b.i.n.(No.0609)
http://bin.dot908.net/?mode=detail&no=0609

 
 

|

« オーTOMAチック / TOMA | トップページ | “SUIKA CRASH” 回顧 »

bms」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/30397278

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年6月のBMSより:

« オーTOMAチック / TOMA | トップページ | “SUIKA CRASH” 回顧 »