« “SUIKA CRASH” 回顧 | トップページ | 2009年上半期マイベストBMS10選 »

2009/07/11

“B2DUEL#04” 展望

BMS作者同士のタイマンバトル "B2DUEL #04"
 [Champion] tigerlily VS Nankumo [Challenger]
 ルール / 5鍵盤テクノ

0711_1

公開:7月18日(土)
投票:7月18日(土)~
主催:Atomic Sphere / tigerlily

 
 

B2DUEL#04の開催がいよいよ一週間後に迫ってまいりました。
全開V2を果たして絶好調の王者・tigerlilyさんですが、今回ばかりは相手も超人。
最強の刺客と呼ぶに相応しい挑戦者・Nankumoさんとの大注目の対戦カードとなっています。
 

今回の対戦相手を選出するに当たっては、軍人さんが趣向を凝らして抽選会の様子を動画で配信しています。
BMSファンの皆様なら既にご存じかと思いますが、未見の方がおられましたらぜひご覧下さい。
アカウントをお持ちでない方も、ニコニコのぞき見検索さんあたりで“B2DUEL”と検索すれば閲覧可能です。 

 

軍人さんって名義からしてゴツイ大男を想像していたんですが、超サワヤカボイスでびっくりしました。必聴です。
 
 
さて、前置きが長くなりましたが、いよいよ本題。
まずは対戦両者の横顔を簡単に紹介します。
 
王者tigerlilyさんは、BMS屈指の実力派作家として、もはや知らない人はいないでしょう。
またキーボーディストとしても高名で、K-106THBといったバンドで活躍されていて、
そもそも音楽に対する姿勢からして他と次元が違うような感じすらします。
B2DUELの王者に君臨してV2。ここを勝てば、いよいよベルトが輝きを増してきます。
 
挑戦者Nankumoさんは昨年binでひっそりとデビューした作家さんですが、
過去にBMS界を席巻した某超大物作家の新名義であると噂されています。
事実「20作以上のBMS発表歴あり」「活動を始めて5年目ぐらい」とブログで公言していて、
tigerlilyさんにとって過去最強の相手と言っても過言ではない人物です。
ネット上の反応を見る限り、もはや中の人はバレバレで公然の秘密状態のようですが(笑
本人が公開していない以上、私がここで書くわけにはいかないので、
当記事内では「昨年デビューの新人Nankumo」さんについての力量分析を書きます。
 
が、それでは全然面白くないので、記事の最後にNankumoさんの中の人を想定した比較文も用意しました。
無用なネタバレを防止し見当が付いている人のみに楽しんで頂けるよう、パスワード圧縮をかけてあります。
解凍keyは「Nankumoさんの過去名義で最も有名なもの」です。
ブログ本文をお読みになった上で、オマケとしてご覧下さい。
なお、Nankumoさんご本人から苦情が来た場合などは速攻で消しますので、あらかじめご了承下さい。
これで中の人を間違えてたら超恥ずかしいですね(^-^;
 
 
 
それでは、今回も “VERSUS” 展望 の時と同じように、
私の独断と偏見によって対戦両者の力関係を読み取ってみたいと思います。
B2DUELの対戦形式を考慮し、実績・安定感・BGA・お題経験・制作速度 の5点から分析・比較してみます。
5つの評価基準の意味はだいたい下のとおりです。
 実績…過去のBMSイベント・評価サイトでの成績。作家の実力の指標。
 安定感…成績がどれだけ安定しているか。一発屋だったり駄作を出したりしないか。
 BGA…BGAを自炊する能力。タイマン戦では超重要な資質。
 お題経験…テーマに対する経験・実績・適正。今回は「5鍵盤テクノ」。
 制作速度…過去のBMS制作速度。1ヶ月でクオリティの高い作品を作れるか。
 
 

 
1) 実績

下の表では、両者の評価型イベント/レビューサイト登録作を新しい方から5つずつ並べてあります。
(bin/パッケージ作品/一般リリースは成績が数値化しにくいので除外しました)

0711_2

まずtigerlilyさんですが、意外にもまだイベント優勝経験はありません。
順位的にも☆-1 GRANDPRIXの4位が最高位(表には未掲載)というのは、やや物足りない感じもします。
ですが、BMGで“steps”“NEW SOUND PARADISE(tigerlily mix)”によるパワレコ獲得2回、
B2DUELでAtomic Sphereさん・96さんを破ってのV2は、イベント優勝に比肩する驚異的な実績と言えるでしょう。

一方のNankumoさんは、まだbinで2作品を発表しただけなので実績と呼べる実績はありませんが、
両作品とも名だたる作家・インプレイヤーから絶賛された良作となっています。

 

2) 安定感(上の図表を参考資料としてご覧下さい)

tigerlilyさんは安定感抜群です。夏の大型イベントでは毎年10位程度をキープし、
過去3回登録したBMGではいずれもVeryGoodを貰ってくるなど、成績に全く波がありません。
今回の対決でも、いつも通りに持てる力を全て発揮できると見て良いでしょう。

Nankumoさんは、やはりキャリアが少ないので安定感についてどうこう言える段階ではないですが、
現在までの発表作はどちらも高いクオリティを誇っています。

 

3) BGA

tigerlilyさんは、実写素材をメインに作品の性格に合わせて色調や質感を変えるのが特徴的で、
点描を用いたり、印象派のような色彩を出したりと、楽曲の個性を引き立てるBGA作りが持ち味です。
またvfpq competitionで “atmosphere / sweez+fen”のBGA制作を担当するなど、
BGA作家としても片足を踏み入れたような状況で、映像面にかなり長じていると言えそうです。

Nankumoさんは、主として実写とアニメ絵の二刀流を得意としています。
実写系は独特のセンスを活かした画像に、BGAの肝といえるシンクロ感が付与され非常に気持ちよく、
アニメ絵は可愛らしい絵柄で必見の完成度。“OUTERSPACE RHYTHMSTAR”のかぐや姫はその最たるものでしょう。
BGAに関しては、両者互いに個性があって面白い対決が見られると思います。

 

4) お題経験

B2DUEL#04のお題は「5鍵盤テクノ」。
ただ単に5keyのテクノというだけでなく、往年のbeatmaniaを想起させるような5keyならではのテクノ、
というような含みも暗に持っている課題なのかもしれません。そこは投票者次第でしょうか。

王者・挑戦者ともに5key中心の作家です。なのでここでは両者のテクノ適性について論じます。

0711_3

まずtigerlilyさんですが、氏に対してテクノというイメージを抱いている人は少ないでしょう。
事実、テクノはBMSデビュー作の“A.T.W.”以来、実に7年振りとなります。
何らかの勝算があってのこととは思いますが、「なぜこんなテーマを設定したのか?」という疑念は拭えません。

対するNankumoさんは5鍵テクノ色の非常に濃い作家です。
デビュー作の“EKIDONA EXTRA”に [HARENTI TECHNO] なんてジャンルを付ける辺りからもそれは伺えます。
今回のお題に対しては、tigerlilyさんよりNankumoさんに分がある印象が強いです。

 

5) 制作速度

テーマ発表から僅か1ヶ月間で、曲のアイデア構想から制作、wav切り、BGAや譜面作成、テストプレイetc...
全行程をたったひとりでやり遂げるのは、並大抵の事ではありません。
ここでは両者の過去のBMS制作ペースから、1ヶ月間隔でBMSを作り続ける能力を検証してみます。

0711_5

0711_4

例年のtigerlilyさんはだいたい半年に1作くらいのペースで、年に2作品程度のBMSを発表しています。
しかし今年はB2DUEL防衛戦のため過去最大のハイペースで、7月にして早くも年間最多更新となります。
音楽への造詣が深い方ですのでBMSのアイデアに尽きることはないかと思われますが、
今まではじっくり技巧と工夫を重ねて作品を熟成するタイプであっただけに、
制作締切や作業量に追われるのは、あまり好ましい状況ではないと言えそうです。

Nankumoさんはデータ不足のため何とも言えません(こればっかり)。
今年の上半期に充電してた分、曲のストックを相当ため込んであることに期待しましょう。

 
 

◆ まとめ

0711_6

Nankumoさんを新人として扱うと、当然ながら王者に実績面で見劣りするのは致し方ないところでしょう。
とはいえ、実績で負けても実力では決して引けを取らないので、
ジャンルへの適性を活かし、知名度に勝る王者を打ち破れるかに期待が集まります。

tigerlilyさんは慣れないテクノでの戦いぶりが注目されますが、
音楽の作風の幅が広いだけに、意外とあっさり名作を生み出すことも十分予想されます。
先日はSTRの同胞roopさんがVERSUSで初防衛したばかり。
先輩チャンピオンの意地とプライドにかけ、絶対に負けられない戦いとなるでしょう。

 
 
 

決戦は 7月18日(土)  午後9時です。
かなりの接戦になることが予想されます。ぜひ足をお運び下さい。
 
 

B2DUEL #04

0711_1_2

020715tigerlilywebsite_ (王者 tigerlily)
http://tigerlily.thbok.com/

なんくも (挑戦者 Nankumo)
http://www.geocities.jp/nankumo_2565/index.html

 
  
 
 
 
 

という感じで、Nankumoさんを新人として扱うと非常に書きにくくて、
なんだか中身のない戦力比較になってしまいました。私の力量不足によるものです。すみません。
上のほうで書いたように、Nankumoさんの中の人を想定した比較文を用意しました。
↓からダウンロードしてください。解凍パスワードは「Nankumoさんの過去名義で最も有名なもの」です。

「b2duel4_mihoclap.zip」をダウンロード

zipなんて作るのもアップロードするのも初めてで不安ですが、ちゃんとできてることを切に祈ります。

|

« “SUIKA CRASH” 回顧 | トップページ | 2009年上半期マイベストBMS10選 »

event」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく見させていただいてます!
4)お題経験 の表のところだけ××××ってなってますよw

投稿: LU | 2009/07/22 11:48

やってしまいました…。
今の今まで全く気づきませんでした。本当にアホですね私。
手遅れに程がありましたが、取り急ぎ画像を差し替えて修正しました。
Nankumoさん申し訳ありません。心より謝罪してお詫び申し上げます。

ご指摘下さったLUさんには感謝の言葉もございません。
でも頂いたコメントについては、文中に若干のネタバレを含んでるので(お前が言うなって感じですが)
勝手ながら一部を改変させて頂きました。行儀が悪いですがご理解頂けると嬉しいです。

今後はこのような不祥事を起こさないよう真摯に努めて参ります。
どうか今後ともご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

投稿: s_miho | 2009/07/26 02:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/30495755

この記事へのトラックバック一覧です: “B2DUEL#04” 展望:

« “SUIKA CRASH” 回顧 | トップページ | 2009年上半期マイベストBMS10選 »