« “B2DUEL#04” 公開 | トップページ | 2009年上半期BMSベスト10 »

2009/07/31

“VERSUS” & “B2DUEL#04” 回顧

Vers

今月開催された二つのタイマンBMSイベントのまとめ記事です。
VERSUSに至っては超がつくほど今更感あふれる内容ですが、ご笑覧下さいませ。

B2

 
 
 

◆ VERSUS  (09/06/30~09/07/07)

お題は「BPM100固定」でした。まずは結果から。

Versus_result

ということで、暫定王者roopさんが見事初陣を飾りました。
勝ったroopさんにも、惜しくも敗れてしまった加賀崎さんにも盛大な拍手を!

今回は「BPM100固定」という自由度の高い制作条件でしたが、それが幸いしたのか
スクラッチ対決、カウボーイビバップ VS キミキスのサブカル対決、
“Space Cowboy / Jamiroquai” VS “YOUNGLIFE / Sampling Meister KAGA”の元ネタ対決など、
多様な視点から互いを比較できる、実に面白い二作品によるバトルとなりました。
 
  投票経過

Versus_score

上図はイベント期間中は非公開であった点数の推移を表したグラフです。
序盤からroopさんが優位に立ち、そのまま最後まで押し切った感じの戦いでした。
139pts対110ptsという結果は、スコアだけ見ればかなり拮抗してる印象ですが、
アベレージから考察すると、王者が2.62ptsに対して挑戦者は2.08ptsとなり
過半数の投票者が満点(3pts)を入れた王者、2ptsが大部分を占めた挑戦者とも読み取れるので、
ある程度の点差はついたようにも思えます。

とはいっても、前評判で圧倒的に優勢だったroopさんに肉薄する勢いで票を集め、
ミス画像などの破壊力あるネタで、一時は話題と注目を独占した加賀崎さんの戦いぶりは
まさしく賞賛に値する大健闘と言えるものだったでしょう。
加賀崎さんのサイト7月8日のエントリには、VERSUSが終わっての裏話やBGA制作秘話など
BMSファンなら必見の話題が満載ですので、まだ見てない!という人はぜひ足をお運び下さい。
 
  VERSUS 02

さて、勝者のroopさんは次戦VERSUS 02で初の防衛戦に挑みます。
古き良き5鍵時代を想起させるイベントページで行われるVERSUS 02、次のテーマは「RAVE」です。
 
皆さんも感じておられるように、RAVEをジャンルとするBMSはあまり多くありません。
昨年はBMS同窓会の “[Rave] Oceanfront City / Yamajet + ichiAIR” や
“[LIGHT RAVE] Dazzling Neon / ねこみりん” など10作品以上のRAVEがリリースされたようですが、
今年は今のところ全く見かけませんので、比較的レアなジャンルと言って良さそうです。
そもそも「RAVE」は野外で踊るための音楽を包括的(?)に表す言葉なため定義が曖昧ですし、
現実にはHOUSEやTRANCEなどがRAVEの主流のようですが
ジャンルに冠する以上「HOUSEやTRANCEではなくRAVE」であることの説得力も求められるので、
見た目よりもずっと難しいお題であると考えてよいでしょう。
 
そしてジャンル以上に厄介なのが、王者roopさんの驚異的な実力です。
roopさんは今まで出場したBMSイベントで、のべ297人のBMS作家と優劣を競ってきましたが、
そのうちポイントでroopさんを上回ったのは僅か6人(敗北率2%)。
アベレージに至ってはroopさんを越えたのはまだ0人!いまだ無敗を誇っています。
ちなみに、roopさんの敗北率2%というのがどのくらいの数値かというと、引き合いに出すようで恐縮ですが
直近のイベントのSUIKA CRASH優勝者のルゼさんは敗北率33%(603戦201敗、2006年以降)、
B2DUELで不敗神話を続けるtigerlilyさんでさえ敗北率8%(301戦24敗)なので、
2%というのがどれほど驚異的な成績かはお察し頂けることでしょう。
 
しかしそれは裏を返せば、roopさんはBMS界で最も値打ちのある首級だということです。
勝てば一夜にしてヒーローになることはもはや約束されたようなものです。
今回のRAVEというルールは、王者にとって実績のあるジャンルではないので
挑戦者にとって大きなチャンスと言えなくもありません。
STR | blogのコメントにて、今回の戦いは1vs1のタイマンではないような書き込みもされているので、
少しでも興味のある作家さんはどんどんエントリーしてしまいましょう!
挑戦者募集締切は本日(7/31)まで。誰が挑戦者に名乗りを上げるか私も楽しみです。

Versus2_banner


 
 
 

 

◆ B2DUEL#04  (09/07/18~09/07/25)

お題は「5鍵盤テクノ」でした。こちらも結果から。
 ※ 図では王者が84票と待っていますが、公式記録では83票です。投票ページ参照。

B2duel4_result

勝敗の帰趨が最終日までもつれ込む、BMS史に残る名勝負となりました。
タッチの差で賜杯を掴んだのは王者tigerlilyさん。Nankumoさんは僅か2票の差に泣きました。
投票者にとっても、今回ほどどちらに投票するか頭を悩ませた対決は他になかったでしょう。
「聴かせる王者」「ノらせる挑戦者」と、両者のテクノへのアプローチは全く別物ながらも、
それぞれが到達点の頂きを極めていて、BMSテクノ頂上対決と呼ぶに相応しいドリームマッチでした。 
 
  投票経過

B2duel4_score
 
両者への票の動きを見ても、やはり大接戦の様子が伺えますが、
投票期間を通じて優勢だったのは、むしろ敗れたNankumoさんだったような印象もありました。
BGAがないという不利もなんのその、中盤戦以降はリードを保って王者にプレッシャーをかける一方、
投票所でもfenさん・FALLさん・O-SEさん・Yamajetさんら実績と影響力のある作家の応援コメントを得て
盤石の体制で逃げ切るかとも思われましたが、最後の最後で王者の底力の前に屈しました。
こうなっては、もはや勝ったtigerlilyさんが凄すぎると褒め讃えるほかないでしょう。
負けたNankumoさんは、ご自身のブログにて敗戦の弁を語っておられます。
とても謙虚で「次は勝って欲しい!」と思わせるような内容なので、
Nankumoさんに投票した人は勿論、tigerlilyさん派の方々にもぜひ一読して頂きたい記事であります。
 
 ☆ 王者対策

B2duelvote

B2DUELもこれで4度目、順調に投票数を伸ばして注目度とイベントの格を高めています(上図)。
この躍進の原動力となったのは、V3を達成した不敗王者tigerlilyさんに他なりません。
安定感に秀でたtigerlilyさんはタイマン戦の適性抜群で、この三戦のBMSを見ても全く隙がないため、
このまま放っておくと、V4V5はおろかV10くらいまでは安泰そうな圧倒的な強さと風格を感じます。
王座陥落よりも軍人さんがイベント運営に飽きるのが先な気がするので(笑)、
そろそろ界隈の総力を挙げて(?)対策を練る時期だと思います。

今回の戦いを見て私が思うに、tigerlilyさんに音楽性で挑むのはいささか無謀すぎるので
活路を見出すならやはりゲーム性・娯楽性といった譜面中心のフィールドが効果的でしょう。
 tigerlilyさんの過去三回のB2DUELでの譜面傾向は、
 (1)  すべて5key
 (2)  すべてロングノートを使用
 (3)  BPM変化などのギミックは用いず

 の三点が特徴として挙げられます。これを踏まえて対応策を考えるなら、
(1)では、7keyプレイヤーが多い現状、7鍵譜面が同梱されていれば票に直結しやすいと思われますし、
DPやPMSがあれば、それらの愛好家の票を独占することさえも可能であると予想されます。
また(2)では、挑戦者もLNで対抗して王者の譜面のアドバンテージを消したりとか(諸刃の剣ですが)、
(3)のようにギミックを用いて、譜面の印象度やインパクトで攻める戦法もアリでしょう。

なんだか嫌らしい感じの対処法ですが、実際このくらい徹底しないと絶対勝てない相手だと思います。
同じ土俵での真っ向勝負というのも男らしくて格好良いのですけど、
勝つために万策を打つ、クレバーな勝負師タイプの挑戦者が登場しても良い頃合のような感じがします。
 
 
B2DUEL#05の詳細はまだ発表されていませんが、
前回抽選で漏れた作家が再び果たし状を叩き付けるか、#02で敗れた軍人さんの復権は成るのか、
それともまだ見ぬビッグネームが王者の前に立ちはだかるか、などと一向に興味が尽きません。
今後も変わらず最注目のイベントです。期待しましょう。
 
 
 
______________
 
というわけで、ようやく仕事が落ち着いたので更新再開します。
 
◆ 報告1
サイドバーにweb拍手ボタンを設置してみました。
苦情・説教・ダメ出しは勿論のこと、誤記や誤字の指摘等をして頂けると大変嬉しいです。
べつに私は怖い人じゃないのでお気軽にポチポチ連打して下さい。
ただ不精者なので拍手レスは相当遅くなると思います。急ぎの用はコメントかメールにてお願いします。
 
◆ 報告2
上半期BMSベスト10、私が捕捉して集計する義務を負っているみたいですが
もとはFALLさんの恒例企画なので、あまり出過ぎた事はしたくないというのが本音だったりします。
とか言いつつも実はちゃっかり集計してたりするんですが、
FALLさんに集計結果の任意提出を求められたら素直に応じますので、その際は一言おかけ下さい。

集計では、前回までに挙げた人のほか、Bit UpperさんNitrixさんwosdergeさん
twitterでbrindaさん、eicateveさん、fenさん、Hateさん、voidさんが書いておられるのを確認しました。
どなたか他に誰かやってる人がいたり、または新規に書き始めた人がいたりするようでしたら、
「○○さんも書いてるよ、ちゃんと調べろよバカ!」(←テンプレ)で拍手から送ってもらえると助かります。
明後日くらいの公開を目指しますので、どうかご協力よろしくお願いします。

|

« “B2DUEL#04” 公開 | トップページ | 2009年上半期BMSベスト10 »

event」カテゴリの記事

コメント

突然のフリに吹きました

どうもこんにちはいつも楽しく拝見させていただいてますー。
集計の件ですが呼びかけたのはs_mihoさんですし特に独自性のある企画でもないのでどうぞご自由にやっちゃって下さい!
あとbamgraさんも書いてましたよと報告です。

投稿: FALL | 2009/07/31 21:03

どうもこんにちは、私の方こそいつもお世話になっております。
なんだかコメントを強要したような感じになってすみません。

独自性がないとかご謙遜されてますが、実際に長年この企画を続けて定着させたのはFALLさんの功績ですし、
それをいきなり現れた私が横から根こそぎ奪い去っていくようで、正直心苦しい気持ちもあるのですが、
今回はお言葉に甘えさせて頂いて、私がまとめてみようかなと思います。
FALLさんが大人の対応をしてくれる方でほっとしました。

あと報告ありがとうございます。捕捉作業は重労働なので大変助かりました。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: s_miho | 2009/08/01 01:20

いやいや飽きませんよ!w 私は頑張っている!

当然#05ではリベンジを…と思っていたのですが、
仕事、漫画描き、CD製作、BOFやplugout4製作の方が忙しいので
しばらく裏方に徹していきますYO★

投稿: 軍人 | 2009/08/03 23:54

ぎゃあ、軍人さんからコメントを頂けるとは…なんだか恐縮です。
しかも今本文を読み返してみたら、りりーさん強すぎ的なことを婉曲的に表現するつもりが
まるで軍人さんが飽きっぽい的な意味にも取れる書き方をしていて、要反省の表現でした。
不快感を与えてしまったようでしたらすみません。以後気をつけますm(_ _)m

軍人さんはマルチな活動をされてる中で色々と多忙かと思いますが、
B2DUELは今年のBMSシーン最大の活力剤だったので、末永く続けて欲しいです。
今後も応援してますので頑張ってください!そしてplugout4も超期待してます!
コメントありがとうございました!

投稿: s_miho | 2009/08/09 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/30764108

この記事へのトラックバック一覧です: “VERSUS” & “B2DUEL#04” 回顧:

« “B2DUEL#04” 公開 | トップページ | 2009年上半期BMSベスト10 »