« “K2DUEL” 開催 | トップページ | “K2DUEL” 回顧 »

2009/08/13

2009年7月のBMSより

8月ももう半ばに突入してますが…。

先月リリースされたBMS(イベント出展作は除く)の中から
個別エントリで紹介したかったけど、私の文才・感受性・音楽知識が足りないばかりに
まとまった文章が書けなくて断念した作品をまとめてご紹介。

----------------------------- 

 
 

今年の7月はイベント外でのBMSの発表が非常に少なかったです。
大手BMSニュースサイト様を見る限りではわずか4作品のみ。
“SUIKA CRASH” “VERSUS” “B2DUEL”の3イベントが重なった影響か、
学生さんがテストシーズンで忙しかったからか、それとも既にBOF臨戦態勢なのかはわかりませんが、
やはり数的にちょっと寂しい感じは否めません。
しかしながら、発表されたBMSは少ないながらも粒ぞろい。実に魅力的なラインナップとなっています。
そんな少数精鋭の作品群から、今回は3作品を取り上げました。

 
 
 

★ Blazing Galaxy  /  Frost_Shrike 

Blazing_galaxy

Genre : waltz core
Title : Blazing Galaxy
Artist: Frost_Shrike
Difficulty: -waxing- 7key☆5
☆9 14key☆6
       -waning- 7key☆6 ☆11 14key☆11
       =Full= 7key☆8 ☆12 14key☆9
 
 
 

Frost_Shrikeさんの10作目の節目を飾る大作BMSです。
霜鵙さんことFrost_Shrikeさんは独特のメロディセンスやリズム感の持ち主で、
界隈でも屈指のゲーム性を誇る、異色のクリエイターとして人気を集めています。
“木片system” あたりは最高に変態で楽しいので、未プレイの方は何も言わずにDLしに行って下さい。

本作でまず目を引くのは「ワルツコア」という特殊なジャンルですが
特にワルツやハードコアなどの要素が強いわけではなく、
三拍子のアップテンポ曲、というような感じでフリーダムに考えれば良さそうです。
こういう三拍子曲はたまに無性にプレイしたい衝動に駆られるので、ストックに入れておくと良さそうです。
 
また、譜面が9個もあり、しかも難易度名(?)が馴染みのない表記なので当惑すると思いますが、
waxingとwaningは上弦・下弦という意味で、それぞれ前半部・後半部です。わかりにくいけど洒落てます。
Frost_Shrikeさん曰く、どの譜面から手を付けても良いとのことですが、
後半(waning)からプレイすると迷子になるので、なるべく前半(waxing)から順を追って遊ぶべきです。
というより余程時間がないなどの事情がない限り、素直にFull譜面をやることを推奨します。

さて、曲は実にFrost_Shrikeさんらしい、独自の感性とセンスが眩しい作品となっています。
宇宙をテーマとしたBMSは概してスケールが大きくて、壮大な曲調に身を委ねるタイプが多いですが、
本作はどちらかと言えばおもちゃ箱的な曲で、宇宙の多様さや興味深さが主として描かれています。
言うなれば銀河鉄道の車窓から、大宇宙に煌めく未知の星雲や流星群を眺めるような感じで
好奇と憧れでいっぱいの、箱庭的な宇宙観が堪能できることと思います。
そのため楽曲的にも展開が豊富で、聴いて楽しい・遊んで満足という上々の出来映え。
メインの主題にオルガンやグロッケンなどが絡み合う、カラフルで緩急豊かなフレーズの応酬に
4分オーバーという非常に長い演奏時間も瞬く間に過ぎ去ってしまうことでしょう。
 
トータルノーツは最多で3455もあり、上級者にもやり込み甲斐のある作品です。
夏の夜空を見上げながら、この曲とともに宇宙に思いを馳せるのもオツな過ごし方ですね。
 
 
 
DL:とびのさびふくろこうじ
 http://www.geocities.jp/shimomozu/index.html
    :b.i.n.(No.0611)
http://bin.dot908.net/?mode=detail&no=0611
 

 
 
 
 

★ PICKLES  /  DADDY D

Pickles

Genre : JAZZY
Title : PICKLES
Artist: DADDY D
Difficulty: 5key☆6
  7key☆6 
 
 
 
DADDY Dさんは先月 bin に登録した “C to D” でデビューした期待の新鋭です。
本作もデビュー作も両方とも見るべきところがある作品なので、どっちを記事にしようか迷いましたが、
Bセレさんが “C to D” を取り上げていたので、天の邪鬼な私はこちらを紹介します。
 
さてこの “PICKLES” ですが、古くさくてシンプルながらも、玄人を惑わす色香を漂わせた作品です。
煙草とコーヒーの匂いが充満する暗い一室で、ランプの薄明かりを頼りにジャズを演奏する…、
そんな渋くて深みのある情景が自然と脳裏に浮かび上がってくることでしょう。
曲展開はジャズ風味のBGMに乗ってメロを叩き、うまく弾けたらブレイクで拍手喝采、という単純な構成。
しかもメロの音色は非常にチープでダサい。なのに妙に表情豊かで惹き付けられるのが心にくいです。
形容の難しい作品ですが、一言でいうならクオリティとセンスの綱渡りなバランスが絶妙で、
錆び付いたレコードの名盤のような、通を唸らせる味わいに満ちています。
BMSとして全肯定しがたい要素も含んでいるのは確かですが、それを補って余りある魅力を私は感じました。
 
なお、本作は界隈の有力者からも好評を博していて、
あのhitkeyさんが「これは確実に俺的ベストテンに入ります」と絶賛し、
媚びないブレないwosdergeさんですら「一見の価値は間違いなくある。DL推奨」と語っています。
こんなに評価される新人さんなんて、そうそう見られるものではないでしょう。
あなたはどうジャッジするか、ぜひご自身でプレイしてお確かめ下さい。 
 
 
 
DL:b.i.n.(No.0612)
http://bin.dot908.net/?mode=detail&no=0612

 
 
 
 

★ OneWeek  /  hontanichan

Oneweek_2

Genre : DnB
Title : OneWeek
Artist: hontanichan
Difficulty: 5key☆4

 
 
 
VERSUSの挑戦者にも決定し、現在開催中のK2DUELでも優勢に戦いを進めていて、
いま最も輝いているクリエイターといっても過言ではないhontanichanことmorigasigeruさん。
本作はそのお家芸ともいえるドラムンベースの新作BMSです。
 
OneWeekというタイトルの通り、一週間をテーマにした声ネタがフィーチャーされた作品です。
かの有名なロシア民謡“一週間”では、「月曜日にお風呂をたいて~火曜日はお風呂に入り~♪」と
のんびりした生活が歌われますが、本作“OneWeek”では破滅的なまでに病的な生活が描かれています。
何てったって歌詞が凄い。月曜日はクラブ、火曜日もクラブ、水曜日は頭痛を押してクラブ…などと
一週間ずっと休まずクラブ通い。まさにクラブ中毒。白い薬でもやってるんじゃないですかね?
楽曲のほうもそんな内容を反映してか、低音などの音使いが不穏で、ややダークでホラーな印象。
リズムが単純ながらも非常に拍が取りづらいので、ハイスコアを狙って楽しむのが良さそうです。
 
 
 
DL:b.i.n.(No.0613)
http://bin.dot908.net/?mode=detail&no=0613
 
  
それと蛇足ながら、morigaさんは本作のように週や曜日を題材にした作品が多く見受けられます。
“日曜日の安らぎ” http://page.freett.com/mekurumeku/
“tuesday” http://vfpq.fau.jp/event/ex/
あたりはマストプレイと思われますので、知らないという方はそちらもぜひ。

 
 
 
 
 
 

ということで、7月はBMSの発表が少なかったですが、
8月は非常に早いペースで良作が次々にリリースされています。まだ半月経ってないのに既に先月越え達成。
のちのち記事にして紹介するつもりですが、今現在で一作品ピックアップするなら、
MIX-MAXさんの “POLY” が面白いと思いました。K2DUELに間に合わなかった作品です。
アッーアッーといううめき声が煩わしいガチムチテクノで、最初の一音目からむさ苦しさ全開で笑えます。
500スパンキングくらいを覚悟の上で出せばネタ的にも面白いと思うのですが、それはそれ。
K2DUELの箸休め(どこがじゃ!)として、興味のある方はお試し下さい。
 
http://freett.com/mixmax412/
DLはページ下部の「私、BOFVに参加しません! 」→「A:あぁん?最近だらしねぇな! 」の下の「↓」をクリック
 

|

« “K2DUEL” 開催 | トップページ | “K2DUEL” 回顧 »

bms」カテゴリの記事

コメント

おおぉ紹介されてる!ありがとうございます!
見透かされてて褒められててで、嬉しはずかしです。

スクリーンショットで微妙な配置ミスに気付いてしまいました。
なんか一ヶ所だけ白4つ同時押しになってる…。きっと誰も気にしませんよね。
撮ってもらった場所も嬉しかったです!
なんというか、流石!

投稿: Frost_Shrike | 2009/08/21 01:49

こちらこそ嬉しいお言葉ありがとうございます。
そんなに褒めて頂けると、何だか私も照れちゃいます…。
今作は凄い強烈な大作だったので、これを紹介せずにいられるかと
喜び勇んで文章に起こした記憶があります。とても楽しかったです。
今後もそのセンスを武器にBMS界を荒らし回って下さい!陰ながら応援してます!

投稿: s_miho | 2009/08/25 00:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/30779334

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年7月のBMSより:

« “K2DUEL” 開催 | トップページ | “K2DUEL” 回顧 »