« 2009年7月のBMSより | トップページ | BMSにおける人気ジャンル調査 »

2009/08/24

“K2DUEL” 回顧

「歪みねぇ」BMSイベント“K2DUEL”
登録:~8月9日(日)
評価:8月10日(月)~8月16日(日)
主催:FALL

K2duel_banner

“K2DUEL”が終了しました。主催者・参加者・投票者の皆さん、お疲れ様でした。
総評・順位などは公式サイト(リンク張られてるしー)をご参照ください。
閉幕から一週間以上も経過してしまってだらしねぇ限りですが、
この迷イベントを色々な角度から振り返ってみたいと思います。

----------------------------- 

 
  

◆ K2DUEL終了

BMS史上もっともアレなイベント「K2DUEL」が先日終了しました。
兄貴ネタとBMSの完成度の両立という、ほとんど二律背反に近い無理難題が課される大会でしたが、
総勢6人もの兄貴信奉BMS作家たちの手により、非常に熱く濃い作品が集まったと思います。

作品の傾向としては、パンツレスリングの映像や音声を取り込んだBMSがやはり多く、
また良い評価も得られやすかったようです。同ネタかぶりの影響も特に見られませんでした。
逆に、兄貴系のサンプリングに頼らず、別のアプローチから兄貴の肉感を表現した曲は総じて苦戦ぎみ。
一見シンプルな「歪みねぇBMS」という題材も、これでなかなか奥が深いと思いました。
 
 
 
◆ 新王者誕生
  
そんな中、王者FALLさんを破り、新ガチムチキングとして君臨したのはhontanichan(morigasigeru)さん。
アベレージ満点というオマケ付きで、文句の付けようがない見事なまでの完封劇です。
今後はご本人が望もうと望むまいと、界隈一の兄貴作家として認知されるに至りました。ご愁傷様です。
 
ちなみにmorigaさんはこれでイベント優勝(たぶん)4回目。歴代作家で(たぶん)最多勝更新です。
過去3度の優勝は下の三作になります。

 ・ Rise in Revolt … “ラジオ・チャンネル / morigasigeru”
 ・ BEAUTIFULCEMENT … “JUMP / Kotira Sample”
 ・ experimentation … “tuesday / Kotira Sample”

これらはいずれも同点優勝だったり、アベレージ優勝を他作品に奪われたりしたのですが、
今回は初の完全優勝ということで、morigaさんの喜びもひとしおでしょう。

また、morigasigeru / Kotira Sample / hontanichan の三名義での優勝というのも珍しい記録です。
あとは brother sou 名義で優勝すれば主要四名義制覇ですね(と、けしかけてみます)。

K2DUELで最高の結果を出したmorigaさん、次戦はVERSUSでroopさんとの大一番が控えています。
ガチムチ王者からBMS界最強王者へと飛翔できるか、その戦いぶりに注目しましょう。

 
 

◆ インプレ状況ポイント経過

話がやや逸れましたが、K2DUELの話題に戻ります。

イベント期間中の点数の推移は下図のとおりです。
(eicateveさんは1スパンキング=マイナス1ptからのスタート)

K2_result

初日で大勢が決してしまった感じで、あまり順位変動などの面白味はありませんでしたが、
それでもFALLさんとhontanichanさんのトップ争いはなかなか熾烈で見応えがありました。

総インプレ数は65とやや少なめでした。私もインプレさぼりました。ごめんなさい。
今回は8月10日(ハッテンの日)開催というコンセプト先行なイベントだったわけですが、
やはりインプレ期間がお盆シーズン直撃で、帰省やコミケ?と重なるのはキツイということを
身をもって証明する結果になった感じがします。

また、ネタが全体的にディープかつマニアックで相応の知識が必要だったため、
余程この手のネタに詳しくないと、インプレに二の足を踏んでしまうかもしれません。
(私も予習したんですが所詮はニワカ。わからないネタも結構ありました…。)
BMS界隈の兄貴人口がどの程度いるのか定かではありませんが、
やはりネタ系イベントの企画運営は難しい、というような印象が残りました。

 
 

◆ BGAについて

総評にて、BGAの影響が大きかったというような文章がありました↓。

今回のケツ果を見てみますとBGAの有無が結構評価に大きく関わっていたのではないかなと思います。ここら辺は兄貴がニコ動からハッテンしたネタであるということと関係しているのかもしれませんね。

確かに今イベントの上位2作品はBGA有、下位4作品は一枚絵or簡易ループでした。
(TOMAさんのBMSはイベント終了後にBGAが公開されました。笑える映像なのでぜひ導入しましょう。)
BGA重視派の私としてはとても自然で納得のいく結果でしたが、
そもそもBGAの有無とイベント順位はどの程度の相関関係があるのか疑問に感じたので、
今年のBMSイベントの成績を、BGA(あり/一枚絵or簡易ループ/なし)の分類別に調査しました。

Event_bga

  我ながら見づらい図表&作為的なデータですが…。

やはりというか何というか、BGAがある作品のほうが圧倒的に評価されています。
BGAがあると、一枚絵に比べてだいたい順位が30%以上も上昇しますし、
ポイントは1.5倍ほど高く獲得する傾向が見られることがデータから伺えます。
BGA制作が大変なのは承知ですが、好成績を得るためには挑戦する意義は大きいと言えそうです。

ちなみに上の5つのイベントの登録作品数は、
 BGA有:一枚絵:BGA無 = 37:41:12 (作品)でした。
BGAがある作品は約4割と意外に(?)多いです。
反対に一枚絵すらない作品は登録数も少ないため、単純に見劣りしてしまう公算が高いです。要注意。
また、各イベントでベスト3に入った計15作品を見てみると、
 BGA有:一枚絵:BGA無 = 13:2:0 (作品)と、ますます差が広がりました。
表彰台を狙うなら、BGAは必須といっても過言ではなさそうです。
なお、一枚絵で入賞した2作品は(偶然にも)ともにEstさんのBMSになります。
一枚絵で上位に食い込むにはEstさん級の実力がないと無理みたいです。なんという高いハードル…。

なんか色々書きましたが、BGAは頑張ったら頑張っただけのリターンがあるということなので、
普段作らないという作家さんも是非一度トライしてみませんか、と主張してみます。

 
 

◆ 最後に…

またまたK2DUELの話題から外れてしまいましたが、最後に兄貴絡みでひとつ。

主催FALLさんの深謀遠慮がどこまで及んでいるかはわかりませんが、
ちょうどK2DUELの終了翌日に、兄貴ことビリー・へリントンが3度目の来日を果たし、
都内で男魂注入イベント(すごい名前だ…)を挙行して異常な盛り上がりを見せたようです。
K2DUELから間髪入れずリアル兄貴イベントという、妙に一体感のある流れが実にパーフェクトで、
FALLさんどこまで狙ってたんですか!と思わずツッコミたくなる完璧なスケジューリングでした。

なお、男魂注入イベント時の兄貴のコメントを一部抜粋。(ASCII.jpより)

ビリー兄貴:会場の大きさは関係なくて、小さなイベントも、大きなイベントもどちらも好きだよ。小さな会場なら、ファンの顔を近くから見られるからね。

ビリー兄貴:僕自身も(中略)エンターテイメントとシリアスという、2つの顔を持っているんだよ。

上のコメントは、まさに小規模イベントだったK2DUELのことを言っていますし、
下のコメントでは、兄貴ネタという娯楽性と、BMSとしてのシリアスな完成度の両立を求められる
K2DUELの作品群について暗に言及しているのは火を見るより明らかでしょう。
(曲解とかこじつけとか言うの禁止)
兄貴はニコニコ動画のアカウントも持っているようなので、今回登録されたBMSについても
案外こっそりと見ていて「歪みねぇな」などと言っているかもしれません。夢のある話ですね(棒読み)。

 

さて、ひとまず大成功(?)に終わったK2DUELですが、
第2回があるかどうかは王者hontanichanさんの気分次第となります。
BMSの歴史から抹消されるか、それともネタイベントとして何らかの形で存続するか、
あっと驚くサプライズを期待しつつ、王者の今後の運営手腕を見守りましょう。

 
 
 

K2DUEL会場
 http://www.likeside.net/bnew2/2009/08/10/k2duel-start/
関連記事:“K2DUEL” 展望 
 http://bmsmiho.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/k2duel-85f9.html
関連記事:“K2DUEL” 開催
 http://bmsmiho.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/k2duel-d970.html
 
 

----------------------------- 

 

前回更新からむちゃくちゃ日があいてしまいました…。
いつもご来訪いただいてる皆様には大変申し訳ありません。反省します。
頂いたコメントやメールの返信も超遅くなってしまってすみません。猛省します。
現在リアルが非常に危機的なため、あまりブログに割ける時間や体力がないのですが、
少しずつでも更新していきますので、今後も変わらずアクセスいただけると嬉しいです。
頑張ります。

|

« 2009年7月のBMSより | トップページ | BMSにおける人気ジャンル調査 »

event」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/31092090

この記事へのトラックバック一覧です: “K2DUEL” 回顧:

« 2009年7月のBMSより | トップページ | BMSにおける人気ジャンル調査 »