« BOF2009チーム分析(23) [Team Panzer Force] | トップページ | “BOF2009” 展望(後編) »

2009/09/25

BOF2009チーム分析(番外編)

今まで23回(中途半端)にわたりチーム分析を行ってきました。長らくご声援頂きありがとうございます。
しかし記事の性格上、BOF実績があるチームを優先して取り上げざるを得なかったので、
「有力チームなのに紹介できない…」というジレンマに陥ることも多々ありました。

そこで本項では、今まで諸事情で紹介できなかったチームを一挙ご紹介します。
BOF初参戦ながら上位進出が期待できるチーム、偽名ながらも地力のあるチーム、
また情報が伝わりにくい海外チームなど、気になるところを一通りざっと見ていきます。

ただ、あまり数を挙げすぎると散漫になっていまうので、私的に至高の10チームを厳選しました。
簡単な紹介になりますが、チーム分析の完結編としてもう少しだけお付き合い下さい。

-----------------------------

 

Creation_banner

[Creation]
celas,  44teru-k,  wa.,  かっこう。,  k3,  ONE,  ztar,  Lemuria,  J-SON

あの人気音楽サークル「Creation」がBOFに本格参戦しました。
BBRA優勝作 “銀の風” を生み出したエリート集団としてBMSファンにはもうお馴染みでしょう。
サークルのウリである哀愁疾走系のサウンドは、界隈で人気抜群のタイプの音楽なだけに有望なチームで、
イベント会場でも目立つ場所に位置取れたため、ベスト10くらいは軽々と行きそうな予感がします。
なおリーダーcelasさんは、上杉うた名義で [うたリターンズ!] チームも掛け持つので、そちらも期待です。

 
 

Soundtribe_banner

[SOUND TRIBE]
zen,  ugk a.k.a. 48,  Mich Mikihara

ALRの「GET BACK 5KEYS SENSATION」の理念に呼応し、とんでもない重鎮軍団が参戦してきました。
「SOUND TRIBE」は個性派にして本格派の名門音楽集団。プロ顔負けの辣腕レーベルです。
Mich MikiharaさんはBセレの運営などで今でもシーンにとって馴染み深い作者ですが、
zenさん、ugkさんの両名は(たぶん)04年のGOT TO BE REAL以来のBMSだと思われます。まさに大復活。
 ※ zenさんはBOF2004(赤戌軍チーム)、ugkさんは05年のDirector`s Cut(Mix Master M.名義)が
   それぞれ最後のBMSリリースでした。大変失礼致しました。(09/09/30追記)

作品のクオリティは別格なので、ライトユーザーにうまく浸透できれば優勝もありうる有力チームでしょう。

 
 

Madcatz_banner

[MADCATz ]
moti,  consomme,  Queen P.A.L.,  KINTA,  fruitmate

* チームテストとうろくが その しょうたいを あらわした!
という感じで [チームテスト登録] が一変、 ラスボスのごとく姿を現したのが [MADCATz] チームです。
なんと言っても主役はQueen P.A.L.(cranky)さん。BMSの歴史を創った大御所中の大御所です。
以前より復活の噂はありましたが、ここで登場というのがサプライズ。まさにBOF2009の目玉と言えます。
他のメンバーは偽名なのでよくわかりませんが、crankyさんと肩を並べるくらいだから達人揃いなのでしょう。
もはや期待するなというほうが無理なチームです。

 
 

Weareall_banner

[WE ARE ALL STRANGERS]
DEMK,  NU DOHNAN ELECTRICITY,  Gatia

月と夜景。黄色と黒。オシャレな対比で格好良いバナーが印象的です。
ここはメンバーのバランスに秀でた好チームで、A-1準優勝者で J-トランスの達人DEMKさんをリーダーに、
メロディセンス抜群のGatiaさん、そしてNU DOHNAN ELECTRICITYさんが続いています。
道南の人は詳細不明ながらも、BMS界隈で北海道勢の作家は軒並み強力なので侮れません。
上位進出も大いに狙える陰の実力者軍団と言えるでしょう。要チェックです。

 
 

Kesani_banner

[今朝に戻り隊]
schneider murotani,  Kei Tanamachi,  Tsukasa Ayatsuji,  Akihiro Nanasaki, 
Hiroyuki Nakata,  Takuya Morishima,  Tairyu Takahashi

加賀崎さんチーム。schneider murotaniさんが(たぶん)加賀崎聡さんです。
VERSUS.01でroopさんと激しく競り合ったのは記憶に新しいところでしょう。
他メンバーは知らない名前ばかりでわけがわかりませんが(汗、
それでも「何かしてくれるだろう」と思わせてくれるのが加賀崎さんマジックと言ったところ。
色鮮やかで綺麗なバナーのように、センス溢れる作品を見せてくれるはずです。

 
 

Takenoko_banner

[私立たけのこ女学院映像部]  ※ 偽名ネタバレ(ヒント)注意
ネカマちゃん,  女装癖ちゃん,  JCちゃん

一見すると萌え系チームのようにも感じられますが、それを期待すると確実に痛い目を見ます。
ネカマちゃんの中の人はe(略)さんという説が有力で、(ソースはびむらじのfenさん)
e(略)さん周りの作者ということで、女装癖ちゃん・JCちゃんもある程度は目星が付くことでしょう。
予想が正しければ、今大会の偽名チームの中でも屈指の実力派なのでダウンロード必須と言えますが、
「どこが女学院生の曲だよっ!」とツッコミが飛び交うのは避けられそうにありません(笑
 
 
 

Kusohumen_banner

[クッソ譜面工場]
tako,  rapi*,  夢幻,  loca,  sumomo,  deathrain

糞譜面は永久に不滅です、と言わんばかりの譜面のスペシャリスト集団です。
歴戦の譜面師tako(sumomo)さん、昨年結果を残したrapi*さんが主力となりますが、
個人的注目は「locaのBMSれび~う」でお馴染みのlocaさんです。
物書きとばかり思っていたので、よもやBMSを作るというのは私にとって衝撃の極みでした。
あまりハードルを上げるつもりはありませんが、どんな曲を作るのか興味津々です。
 
 
 

Minarai_banner

[見習魔法使い]
LiTaNia,  jueL♡,  Sylpi,  Rang,  SLP,  RYL,  DDX,  Golem

今年旋風を起こしそうな韓国チーム。その中でも [見習魔法使い] は最も大衆向けです。
色々と言葉を尽くすより、とりあえずは聞いてみて欲しいのですが(↓)、



まさかの日本語ボーカル曲です。BGAも非常にアニメタッチで可愛い感じです。
今までのBMSイベントでは韓国勢は伏兵に過ぎませんでしたが、今年はちょっと様子が違うかもしれません。

 
 

Holicsound_banner_2

Purplemoon_banner

[Holic Sound]
Hypercube
,  exci,  pureKONTROL,  3034,  Chion,  Zangoose,  Anomie
[Purple Moon]
Mystinia
,  E't,  Lyuso,  Tidal_Waver,  Smigoon,  ZEST,  Note,  als

韓国より2チームまとめて紹介。
サイトを見る限り、どうもこの2チームは対決しているような感じです。
特設サイトで両チームの楽曲のデモが聞けるので、時間のある方は聞いてみて下さい。
[見習魔法使い] とは違い、どちらもトランスが主なので私たちが韓国に持っているイメージに近いチームです。
http://www.mystinia.com/81

 
 

Stzs2nd_banner

[STZ's 2nd]
seibin,  lubinn,  SpringHead,  steelbeast,  IRA,  ZS,  Maze,  manggomanggu, 
xcerver,  jushua,  Lichetrisa,  REX!,  栗プリン,  Noel

韓国勢の極めつけがこの [STZ's 2nd] です。
面倒かも知れませんが、ここは本気で凄いので未見の方はぜひ聞いて下さい。
クオリティは私が保証します。
一曲目→http://zest.zbranstrim.com/demo001/ オリエンタルな弦が美麗なインストです。
二曲目→http://zest.zbranstrim.com/demo002/ 男性ボーカルもの。ギターが格好良いです。
三曲目→http://zest.zbranstrim.com/demo003/ 日本語女性ボーカルもの。CDに出せます。
韓国BMSというのは、譜面などに独自色が濃すぎて日本向けではない印象が強かったですが、
そろそろ私たちも認識を改めざるを得ない時期に来ているのかもしれません。
これは日本ピンチだと思います。
 
 

 
◆ 参考記事 :BOF2009チーム分析

BOF2009チーム分析(23) [Team Panzer Force]
BOF2009チーム分析(22) [zhyming-zhyming]
BOF2009チーム分析(21) [Blu-ray D!sco]
BOF2009チーム分析(20) [リムソエック駄菓子館]
BOF2009チーム分析(19) [宇宙 日本 中板橋]
BOF2009チーム分析(18) [アロエ・ポッターと時の部屋の廃人校]
BOF2009チーム分析(17) [ススム君]
BOF2009チーム分析(16) [ChaoSpark]
BOF2009チーム分析(15) [[__]]
BOF2009チーム分析(14) [Maple brit'S]
BOF2009チーム分析(13) [大都会岡山連合]
BOF2009チーム分析(12) [セクシャルテクノショー]
BOF2009チーム分析(11) [新ジャンル「1人」] 
BOF2009チーム分析(10) [nowhere] 
BOF2009チーム分析(9) [XBOXLuzeriArcade] 
BOF2009チーム分析(8) [収穫の季節] 
BOF2009チーム分析(7) [きっとリア充] 
BOF2009チーム分析(6) [STR(tigerlily mix)] 
BOF2009チーム分析(5) [Zeph Label + STR] 
BOF2009チーム分析(4) [ナイト魔剣白魔] 
BOF2009チーム分析(3) [ALR] 
BOF2009チーム分析(2) [7.31 dancer] 
BOF2009チーム分析(1) [Black Jacks] 


-----------------------------
 
 
以上でBOF2009チーム分析を全て終了します。長い間ありがとうございました。
そして紹介できなかったチームの皆様すみません。悪意は全くないのでご容赦下さいませ。
明日(26日)はBOF展望後編をお送りします。

|

« BOF2009チーム分析(23) [Team Panzer Force] | トップページ | “BOF2009” 展望(後編) »

bof」カテゴリの記事

コメント

長らくチーム分析お疲れ様でしたー、
とても(質的にも量的にも)読み応えのある記事で楽しく読ませていただきました!

わたしたちも期待に応えられるようにがんばります
だけど締め切りが締め切りがあがががががががんばります

投稿: e(略 | 2009/09/25 13:35

温かいお言葉ありがとうございます!
勝手に偏差値をつけたり、強い弱いと決めつけたりとアウトローな記事ばかりでしたが、
それでも楽しんで頂けたなら、これに勝る喜びはありません。

そしてe(略さんも登録お疲れ様でした。相変わらず夢に出てきそうなエグい作品で印象に残りました(^-^;
インプレには万難を排してでも伺うので、遅くなるかもしれませんがまったりお待ち下さい。
コメントありがとうございました!

投稿: s_miho | 2009/09/29 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/31505530

この記事へのトラックバック一覧です: BOF2009チーム分析(番外編):

« BOF2009チーム分析(23) [Team Panzer Force] | トップページ | “BOF2009” 展望(後編) »