« BOF2009チーム分析(11) [新ジャンル「1人」] | トップページ | BOF2009チーム分析(13) [大都会岡山連合] »

2009/09/19

BOF2009チーム分析(12) [セクシャルテクノショー]

Sexualtek_banner

[セクシャルテクノショー]

O-SE(cap),  bitscape,  YAMDTONIGHT,  AVASEMITH,  連打

-----------------------------


Sexualtek

◆ チーム概要

バナーからして危険度MAX!BMS界の変態を集めたと公言するのが [セクシャルテクノショー] チームです。
男性向けだか女性向けだかわからないけどとにかく性的。まさに界隈が誇るエロス専門集団です。
O-SEさん、bitscapeさん、YAMDさんというガッチリ濃いメンバーは重厚感も抜群で、
ただの変態と思って甘く見ると、その歴戦の実力の前に一瞬にして蹴散らされることでしょう。
チームバナー部門(?)ではもはやぶっちぎり優勝とも言われるこのチーム。
ポイント・アベレージとの三冠を目指して、BOFでも異色の存在感で我が道を突っ走ります。
それではまもなく開演の時間も近づいて参りました。イッツショータイム!

 
 
 

◆ メンバー分析

(1) O-SE

 ・ 過去の大型イベント成績

Bof_ose
 ・ コメント
 
変態チームのリーダーを務めるO-SEさん。しかしそのBMS歴は極めて優秀です。
特にuedaさんとのコンビユニット「エルリ鳥」の破壊力は凄まじく、
“CG [↑Cut,Gravity↓] ”でHyper Remix 2 優勝、“やわらかなひかり”でBMGのVG獲得、
そして代表作とも言えるBOF2006の“スペクトラム”など、界隈でも最高クラスの実績を誇ります。
過去のBOFでは個人成績は健闘すれども、チームの勝利に結びつけることはできなかったので、
今年こそチームを躍進させ、変態仲間と祝杯を上げることが最大の目標となります。
 
 
(2) bitscape

 ・ 過去の大型イベント成績

Bof_bitscape
 ・ コメント
 
bitscapeさんは以前はChikuwa名義で活躍されていました。
シンプルで渋めのリズムに意外性のある音や空間を組み合わせるのが非常に巧く、
チーム随一のテクノ作者として、今回はセクシャルなテクノを披露してくれるはずです。
また、料理の最も上手なBMS作家を決めるイベント「O2DUEL」の現チャンピオンでもあり、
その家事の腕前から「BMS界で夫にしたい男性No.1」の座に長らく君臨しています(mihoclap調べ)。
料理だけでなく本業のBMSでも頂点を極めるべく、今年のBOFにかける意気込みは十分です。
 
 
(3) YAMDTONIGHT

 ・ 過去の大型イベント成績

Bof_yamd
 ・ コメント
 
YAMDさんはフロアユースなハウスやエレクトロを得意とし、ノリノリでグルーヴ感あるBMSを作る達人です。
最盛期はPlastiksoulmanやShiga Niigata elektricity(hoverseさんとのユニット)などの名義を使い分け、
マンハッタン級にエネルギッシュなサウンドで界隈をギンギンに湧かせてくれました。
ここ数年は活動がかなり縮小ぎみでしたが、今年のSUIKA CRASHに突如参戦し、
“Tangerine Dawn”でポイント2位(アベレージは優勝)という好成績をあげ、見事復活を遂げました。
BOFは2004以来となりますが、当時の順位を越えるのは確定的。どこまで伸びるか注目です。
 
 
(4) サポートメンバー
 

AVASEMITHさん、連打さんという方がBGAを担当されるそうですが、詳細は不明です。
このチームはBGA作家への需要が相当高いので、大車輪の働きを見せることが期待されます。
 
 
 
 
◆ 順位予想
 
BMS担当者の偏差値合計 62.847.544.6154.9
MAX 76.050.644.6171.2  /  MIN 47.745.844.6138.1
(意味・計算法等については記事「BOF2009展望(前編)」を参照して下さい)

Yosou_sexualtek

過去の実績的には10~15位程度がひとつの目安ですが、一桁順位も十分視野に入れています。
チームとしては、エースであるO-SEさんの出来映えに左右されがちで不安定な面があるものの、
目下好調をキープ中のYAMDさんや、そろそろ大ヒット作を飛ばしそうなbitscapeさんなど
両脇を固めるメンバーの実力も確かなため、うまく歯車が噛み合えば上位進出も決して難しくありません。
また、猛烈な異臭を放つバナーのおかげで、カオスなイベント会場でも埋没するとは到底考えにくく、
「インプレが集まらなくて困る」ということはまずなさそうに思えます。
乱戦になればなるほど強いタイプのチームと言えましょう。

不安要素はBGAに尽きます。
二人のBGA担当者が謎のヴェールに包まれているので何とも言えませんが、
できればO-SEさんやYAMDさんにはしっかりとしたBGAのフォローが欲しいです。
特にO-SEさんの天才的な作風は、BGA作家にも適・不適が分かれそうな感じなので、
往年のsariさんやuedaさんのような理解者に恵まれるかどうかが、一つの大きなポイントになるでしょう。
 
このチームはメンバーのバランスも良好で、とても面白い存在だと思います。
バナーやチーム名でも既にその片鱗を見せつけていますが、
他とは一線を画したBMSで、イベントを最高に盛り上げてくれるはずです。
[セクシャルテクノショー] の名に恥じない、インパクトある作品が揃うことを期待します。

|

« BOF2009チーム分析(11) [新ジャンル「1人」] | トップページ | BOF2009チーム分析(13) [大都会岡山連合] »

bof」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/31432637

この記事へのトラックバック一覧です: BOF2009チーム分析(12) [セクシャルテクノショー]:

« BOF2009チーム分析(11) [新ジャンル「1人」] | トップページ | BOF2009チーム分析(13) [大都会岡山連合] »