« BOF2009チーム分析(16) [ChaoSpark] | トップページ | BOF2009チーム分析(18) [アロエ・ポッターと時の部屋の廃人校] »

2009/09/21

BOF2009チーム分析(17) [ススム君]

Bof_no_banner
                                         (公式ページにアップされしだい貼り替えます)
[ススム君]

削除,  syzfonics,  mitchel(cap)

-----------------------------


Susumukun


◆ チーム概要

BMSシーンで主力として活躍するのは、時間(と金銭)に余裕のある大学生中心というのが通説ですが、
ごく稀に若くして頭角を現し、持ち前の才覚と創造性で旋風を起こすクリエイターたちもいます。
その象徴といえるのが、この [ススム君] チーム。フレッシュで伸び盛りの若獅子軍団です。
メンバーの削除さん、syzfonicsさん、mitchelさんの3人は、いずれも若さと実績を備えた神童ぞろいで、
作品を追うごとにまるで別人のように成長している姿は、さながらBMS界の進化論のようです。
[ススム君] チームが好成績を残せれば、界隈の若返りや活性化も一気にススムことでしょう。

 
 
 

◆ メンバー分析

(1) 削除

 ・ 過去の大型イベント成績

Bof_skz
 ・ コメント

昨年最も成長したクリエイターが削除さんであるという説に、異存がある方は少ないでしょう。
そのリリースペースは半端なく(08年32作、09年は今のところ10作)、数は力と言わんばかりに経験を積み、
ついには“Death mail IV”でexperimentationをアベレージ優勝、“Shitaziki feaver”でBMGのVG獲得など、
一躍BMS界のシンデレラボーイとして、年上の古豪作家すらも圧倒する存在にまで上り詰めました。
しかし野望と大志を抱く氏にとっては、イベント優勝すら単なる通過点に過ぎません。
過去2回の大型イベント成績からは想像もできない大仕事を、きっと今年は成し遂げてくれるはずです。
 
 
(2) syzfonics

 ・ 過去の大型イベント成績

Bof_syzfonics
 ・ コメント

削除さんだけでなく、syzfonicsさんも昨年一気に開眼したクリエイターと言えるでしょう。
年始めにBMGへ登録した“queasy man”がVG2つを獲得してパワレコになったのを皮切りに、
続くA-1 ClimaXやBOF2008でも好成績を残して、瞬く間にsyzfonicsの名を界隈中に轟かせました。
得意技はトランスとニューガバの二刀流。どちらもBMSウケしやすいジャンルなので今回も期待は十分。
BMSの発表は一年ぶりとなりますが、当時の輝きを再現できれば好結果も間違いなしです。


(3) mitchel

 ・ 過去の大型イベント成績

Bof_mitchel
 ・ コメント

チームリーダーのmitchelさんは、役割的には「雑務」として情報画面に登録されていますが、
過去の実績からいって当然BMSを作ってくるだろうと思われるので、一応ここで紹介します。
mitchelさんの真骨頂はドラムンベースなどの鋭いブレイクビーツで、
柔らかな質感から和風ドラムン、果ては激しいドリルンベースに至るまで多彩なアプローチを誇っています。
今年はSUIKA CRASHに参戦したり、B2DUELに果たし状を叩き付けたり(抽選落ち)と意欲は満点。
大会中でも指折りの有望株として、名実ともに大ブレイクを果たすことを目指します。
 
 
 
 
◆ 順位予想
 
BMS担当者の偏差値合計 42.847.742.7133.2
MAX 46.1 52.5 45.3143.9  /  MIN 40.342.837.6120.7
(意味・計算法等については記事「BOF2009展望(前編)」を参照して下さい)Yosou_susumukun

データ上は30位前後の争いと予測されていますが、これは明らかな過小評価です。
いまやエース格に成長した削除さんは個人戦でも上位を期待できる器ですし、
syzfonicsさん、mitchelさんの二人もかなりの順位を狙える力は秘めています。
どこまで躍進できるかは未知数ですが、少なくとも上図の予想成績よりは遙かに上を行くでしょう。

とはいえ、知名度的にはまだまだこれからのチームです。素質に依存してはいけません。
王様営業をしていてはインプレは絶対集まらないので、そこは計算高く年齢相応の謙虚さを見せ、
バナーや特設ページなどでしっかりアピールし、集客努力に励む必要があります。
若さ故についつい個人技やスタンドプレーに走りたくなるかもしれませんが、
ぐっと堪えてチームに献身する意識を全員が共有できれば、10位台かそれ以上も夢ではありません。

このチームは、順調なら数年後にはBMS界を率いなければいけないメンバー揃いですので、
しっかり結果を残して名を広め、今後につながる戦いを見せて欲しいと思います。

|

« BOF2009チーム分析(16) [ChaoSpark] | トップページ | BOF2009チーム分析(18) [アロエ・ポッターと時の部屋の廃人校] »

bof」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/31460253

この記事へのトラックバック一覧です: BOF2009チーム分析(17) [ススム君]:

« BOF2009チーム分析(16) [ChaoSpark] | トップページ | BOF2009チーム分析(18) [アロエ・ポッターと時の部屋の廃人校] »