« BOF2009チーム分析(1) [Black Jacks] | トップページ | BOF2009チーム分析(3) [ALR] »

2009/09/14

BOF2009チーム分析(2) [7.31 dancer]

731dancer_bannar

[7.31 dancer]

KotiraSample(cap), DOT96, Nankumo, Cube3, hitkey

-----------------------------  

731dancer

◆ チーム概要

前回のBOF2008で、わずか500ptsの差で総合2位と悔し涙を飲んだ [7.3 dancer] チーム。
失われた優勝を取り戻すべく、今年こそ捲土重来を期するつもりが
なんと主力メンバーのdexhipさんを軍人チームにヘッドハンティングされてしまいます。
通常のチームなら分裂必至なこの緊急事態。一時は解散説もささやかれましたが(?)、
新たにNankumoさんを招聘し、昨年より0.01増強した [7.31 dancer] に生まれ変わり不死鳥のごとく復活。
今季絶好調のKotiraSampleさん、昨年個人3位のDOT96さんという強力メンバーを擁し、
悲願の初優勝に向けて七三軍団が再始動します。


◆ メンバー分析

(1) KotiraSample

 ・ 過去の大型イベント成績

Bof_kotira
 ・ コメント

morigasigeruさんの別名義です。今年のBMSシーンを代表する作家の一人と言えます。
K2DUEL優勝、vfpq competition#01アベレージ優勝、VERSUS.02でも最終日までroopさんを圧倒するなど
2009年は生涯最高に充実したシーズンを過ごしてきました。
以前は大ネタに頼ったBMSが多かったですが、ここ一年くらいの間で脱皮して
ガチBMSでも上位に進出できるようになったことが、飛躍の大きな原動力になっています。
BOFでは個人7位が最高位。これを塗り替えられれば、念願のチーム優勝も自然と視界に入ってきます。

なおKotiraSampleさんは、偽名登録作品を除いた偏差値平均のほうが実態を反映していると考えられるので、
下段の「順位予想」の項ではそちらの数字を採用しました。ご了承下さい。

 
 
(2) DOT96
 
 ・ 過去の大型イベント成績

Bof_dot96

 ・ コメント

昨年、自己最大のヒット作である“SAMBISTA”を炸裂させたDOT96(旧CHEnG)さん。
この一年は充電期間に当てていましたが、BOF2009で再び七三フィーバーを巻き起こします。
トライバル~ラテン~ドラムファンクなどを得意とし、さながらリズムマスターというべき風格をもった氏は、
非常にBMSらしいBMSを作るクリエイターとして定評と実績があります。
“SAMBISTA”の3位入賞から一年、次のターゲットは個人1位とチーム優勝の栄冠だけです。
今年はどんな作品で会場を湧かせてくれるか、今から楽しみでなりません。

 

(3) Nankumo

 ・ 過去の大型イベント成績 (大人の事情により一部モザイク処理を施しました)

Bof_nankumo

 ・ コメント

Nankumoさんは某大物作家の新名義と言われています(公然の秘密)。
過去のイベント成績を見て頂ければわかりますが、巨大イベントなどの大舞台適性が抜群に高く、
05~08年に出した三作の偏差値平均は、なんと75.6という異常な数値を叩き出しています。
その破格の能力は、あの軍人さんをして「テクノ王」と呼ばせたほどで、
B2DUEL#04で王者tigerlilyさんを陥落寸前にまで追い込むなど、その実力は折り紙付きです。
今回も十中八九Techno系での参戦になるでしょう。個人優勝もあり得る、チームの核弾頭的存在です。

 

(4) サポートメンバー

BGAのCube3さんは昨年同様KotiraSampleさんの担当と思われます。
今年も“Spanish Wiggler”で競演し、あうんの呼吸というべきコンビプレイを見せてくれました。
譜面のhitkeyさんはBMS界での譜面研究の第一人者と呼べる存在。
もし私が本家のプロデューサーだったら、即引き抜いてひたすら譜面を作らせます(笑
BGA・譜面という専門技術が要求される分野に歴戦の実力者を配置したので、
チームとしての完成度は申し分ありません。本気で優勝を狙う姿勢が伝わってきます。

 
 

◆ 順位予想

BMS担当者の偏差値合計 63.170.575.6209.2
MAX 71.089.8? 255.8  /  MIN 48.254.4? 164.1
(意味・計算法等については記事「BOF2009展望(前編)」を参照して下さい)

Yosou_731dancer

僅差の2位に終わった昨年同様、優勝争いに絡むのはまず間違いありません。
ライバルと目される [Black Jacks] チームの独走に待ったをかける最右翼となるでしょう。
事実、昨年の [7.3 dancer] チーム提出の3作品の偏差値合計は226.7もあるので、
この実力が今年も出せれば、[Black Jacks] に一泡吹かせることは十分あり得ます。
また、「災い転じて~」と言いますが、dexhipさんからNankumoさんへのメンバーチェンジも悪くない感じです。
というのも、dexhipさんは玄人好みの本格派で、スコアよりアベレージ先行型タイプであるのに対し、
Nankumoさんは一般的プレイヤーからの支持が厚くインプレ集票力が非常に高いので、
チーム優勝という大目標の達成のためには、むしろ有効な人事だったと思います。

ただ、やはり優勝をするには相手が強いです。
[Black Jacks] チームの偏差値合計は216.9。その差7.7。高次元の争いでの7ポイント差は相当キツく、
戴冠のためには敵失を期待しなければならないような厳しい状況下にあるのも事実です。
それに、昨年の2位という成績はやや出来すぎといいますか、“SAMBISTA”のメガヒットによるところが大きいので
「今年もまた…」と安易に再現を計算せず、メンバーがそれぞれ実力の底上げをするのは必須条件です。
他チームからすれば追われる立場なので、上ばかり見ていると足下をすくわれかねません。
 
以上をまとめますと、「超強いチーム、でも油断は禁物」というところでしょう。
BOF2009がイベントとして成功するか否かの鍵は、
[7.31 dancer] [Black Jacks] を止められるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。
チームの責任は大きいですが、それだけ期待も大きいです。楽しみに待ちましょう。

|

« BOF2009チーム分析(1) [Black Jacks] | トップページ | BOF2009チーム分析(3) [ALR] »

bof」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/31363239

この記事へのトラックバック一覧です: BOF2009チーム分析(2) [7.31 dancer]:

« BOF2009チーム分析(1) [Black Jacks] | トップページ | BOF2009チーム分析(3) [ALR] »