« 2009年ベストインプレイヤー賞 | トップページ | “フォルプラス” 回顧 »

2010/01/06

“BMS Festival 09' Winter” 回顧

チーム戦によるBMSイベント "BMS Festival 09' Winter"

Memofes_sepia_banner

-冬のBMS祭り-

登録 : 12月12日~12月13日
評価 : 12月13日~12月27日
主催 : dj Extrose

昨年末に閉幕した冬BMSイベントのまとめです。
※ 記事中に普段より若干厳しめな提言等も含まれてるかもしれません。そういうのにナーバスな方はご用心ください。

-----------------------------

 
 

"BMS Festival 09' Winter" が終了しました。

得点方式やサーバートラブルなどで議論を巻き起こしたりもしましたが、
チーム数は15、登録作品数は40にものぼり、当初の予想以上に大盛況のイベントとなりました。
また、yujurieさんの8作品チーム、Grand Thawさんの復活、箸置けー!など、
話題性も豊富で大いに楽しめたことでしょう。

まずは結果から振り返ってみます。公式の総評とあわせてご覧ください。
 

◆ チーム順位  ※チーム点=チーム内の作品の総合点数 ÷ チームメンバー数

Bfes09_teamresult2

ということで、優勝はyujurieさんによる空前絶後の一人チーム、新ジャンル「1人」でした。
スコア的にも圧勝で、結果的には4作ずつチームを二分割していてもワンツーしていたという、
周囲とはまるで格が違うほどの実力を見せつけてくれました。優勝おめでとうございます!
2位にCRUNCHさんチーム、3位には竹内さんチームと続き、
6位までは「1人で複数登録チーム」が独占しました。きわめて順当な結果だと思います。

なお、チーム総得点部門、チーム平均点部門については総評で順位を発表してくれてないので、
不躾ながら私の方で算出させて頂きました。参加者の方はこちらからご閲覧ください。

評価期間中のチーム順位(チーム点部門)の変遷は下のグラフのとおりとなりました。

Bfes09_teamgraph

新ジャンル「1人」は初日こそスロースタートとなりましたが、2日目以降は完全に独走でした。
2位争いは混戦ながら、中盤戦以降はCRUNCHingFIELDが頭一つ抜け出していたようです。

こういうルールである以上、8作品という圧倒的な数で勝ちに行ったyujurieさんの戦略は、
非常に的を射ていて定石通りのクレバーなものだったと思います。
ルール分析の時点で勝敗は既に決していた、といって過言ではないのかもしれません。

ちなみに私は新ジャンル「1人」チームを見たとき世界で一番歓喜しました。8作品とか普通に凄すぎます。
ユジュリィさんはタイトルセンスが抜群なのでワクワク感が半端なかったです。
最高のクリスマスプレゼントでした。

yujurieさんはこれが個人・チーム通じて初タイトルです。
この勢いを維持して今年は他イベントでも優勝なるでしょうか。期待です。
 

◆ 個人順位

総評ではスコア・アベレージともに5位までしか発表されていないので、
これまた差し出がましいですが、私の方で全順位を集計させて頂きました。こちらからどうぞ。

期間中の上位陣の順位変動は下図のとおりです。
トップ15までに色を付けたら目がチカチカする図になってしまいましたが、頑張って解読してください。

Bfes09_passage

“linear umbra / wigen” が15日以降ずっと首位をキープする完勝でした。
準優勝の “AltMirrorBell / Grand Thaw” も、敗れはしたものの非常に強い戦いぶり。
3位争いは熾烈でしたが、逃げ切りを図る ”naBe”“evidence” がきっちり抜かし、
”風花” らの猛追を凌ぎ切ったところでフィニッシュとなりました。

今回、個人的に印象に残ったのはDTMチームの面々です。
“Oniichan Bass / D.Hj” は最後で息切れしたものの序盤戦では台風の目となったし、
“vocal34 / sabamiso” の中盤以降の追い込みは凄まじいものがありました。
まだまだ無名の作家がこうして頭角を現してくれるのは、界隈にとって明るい希望になるでしょう。
これからの将来が楽しみです。

さて、勝ったwigenさんは日本のBMSイベント初勝利となります。
海外勢の成績としては、過去には07年開催のイベント「BMS活性化運動 [SIDE B]」において
ロシアから参戦の “Snow Stream / Vospi” が最多得点をあげたことがありますが、
順位をつけるイベントとしては今回が初優勝で、韓国旋風が吹いた09年を象徴する結果となりました。
 

◆ インプレについて

BIDCのイベントフォームにはトータルインプレ数が表示されていませんが、
今回のインプレ総数は965でした。一作あたり平均24インプレで、なかなかの高水準です。
また、韓国から4作品の登録があったことで、海外インプレイヤーによる投票も多めでした。
海外からのインプレは(最低でも)124インプレあり、全体の約1/8を占めています。
 

さて、今回の全インプレ達成者ですが、全部でなんと14人もいます。
その偉業を称え、この場で表彰させていただきます。(敬称略)

130 Est imit8or Kashin LiTaNia loca mmm 
Moai ququ scytheleg Ym1024 yujurie 小秋さん 竹内

40作品もの大量のインプレお疲れ様でした!
ベストインプレイヤー3強のYm1024さん、scythelegさん、LiTaNiaさんらは
さも当然のように名前を連ねていて流石といった感じです。
それ以外でも、最近は熱心な気鋭のインプレイヤーさんがかなり増えていて嬉しいです。
1作忘れて全インプレを逃したA!keyさんも含め、ここに盛大に表彰します!""ハ(^▽^*) パチパチパチ♪

なおBOF回顧の時と同じように、今回も全インプレした人のみの点数を対象とした、
「審査員が選ぶBMS Festival 09' Winterランキング(個人部門)」を制作しました。
こちら
からどうぞ。 ※ 表中に書き忘れましたが、青塗りは平均点等から算出した推計点となっています。
 

ついでにインプレレスを返してくれた作者さん一覧もまとめておきます。
下記の作品にインプレをした方は要チェックです。

 
 

◆ イベントの課題

このイベントの最大の収穫は、最上段で既に述べたとおり登録数や話題性が多かったことだと思います。
ただ、主催さんが総評でも語っているように、反省・改善すべき点も少なくありませんでした。

今回の主催・運営のdj Extroseさんには次回 “BMS Festival 10'” までの宿題として、
今後のイベントの主催を務めるF/A18さんやscythelegさんには考察すべき課題として、
私が感じた主な疑問点を6点列挙して終わりにしたいと思います。結果論だからいつになく強気です。
(本当は長文を書いたのですが、やたら辛辣になってしまったので公開しないことにします…)

(1) 開催時期は妥当であったか。他イベントやコミケなどとの競合の悪影響はなかったか。
(2) BOFから2イベント続けてチーム戦というのは問題なかったか。
(3) 今回のチーム点の計算式は運営のミスだと総評にあったが、
  仮にチーム点が本来の「チーム総得点 ÷ 登録作品数」であったとして、これは良い計算方法か。
(4) 評価期間延長などで、告知・アナウンスは十分になされていたか。
(5) チームメンバー数が最後まで発表されなかったのはなぜか。
  発表すれば有志の結果速報なども望めたし、イベントの透明性も増したのではないか。
(6) チーム戦なのにデフォルトのリスト表示がチーム形式でないのはなぜか。


今回のイベントでは、サーバ移転などで運営は非常に良い仕事をしたと思います。
しかしBBRAの時も思ったのですが、ルール設計や観衆への気配り等、細かい面では粗も目立ちました。
私の見る限り、もともとdj Extroseさんの長所は行動力と実行力と積極性なので、
イベント運営に際しては、足りない部分を補完してくれる優れたブレーンが必要なのかもしれません。

昨夏のBBRAでは、微粒子のwosdergeさんがブレーン役に相当しました(互いに認めたくないかもですが)。
BBRAが一定の成功を収めたのは、ルールの見直しを公然と訴えたwosdergeさんあってのものだと思います。
今回は誰もが「チーム点はおかしいのでは…?」と思いつつも、声高に異議を唱える人がいなかったので
ルールの訂正がなされぬまま、ずるずると後戻りができなくなった格好となってしまいました。

イベントの企画というのは、人並み以上の客観性が求められるもので、
界隈ナンバーワン実力者のマンボウさんですら、BOFの主催運営の際にはstaさんを参謀として招き、
独りよがりなルール設定にならないよう、過去のデータをもとに徹底的に話し合い、
より良いイベント運営のためあらゆる力を尽くしたと聞いています。

ここまで完璧にやれとは申しませんが、イベントの告知は界隈に属する全員を拘束するものなので、
周囲の意見を聞き入れ柔軟に対処できる態勢は、常に整えておくべきなのかもしれません。
今回は「イベントとはどうあるべきか」という命題を考える良い契機になりました。
これからもBMS界はイベント中心に動いていくと思われますが、
主催・参加者・観衆の三者が一体となり、よりよい形式を模索していきたいものです。

 
 
※ これからイベントを主催しようと考えている人にプレッシャーかけてしまったらごめんなさい。
私は基本的には応援しますので、思いっきりアイデアを炸裂させたイベントをどんどん発表してください。
ただ、周りの言葉に耳を貸す余裕だけは忘れないようにしましょう、ということで。

 
 
 
BMS Festival 09' Winter
http://stec.x0.com/sf_event/info.cgi?5



______________

 

 
 
mihoclapではブログの方針として、あまり厳しいことを書くつもりはなかったのですが、
今回ばかりはどうしても書いておくべきだと感じたので、あえて物申させていただきました。
お叱りやご批判などございましたらよろしくお願いします。

明日はフォルプラス回顧かKOBAKO2ndを書くつもりです。やること山積み。
もたもたしてたら深夜になっちゃたのでコメントへの返信は明日までお待ちください。すみません。

|

« 2009年ベストインプレイヤー賞 | トップページ | “フォルプラス” 回顧 »

event」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/32872876

この記事へのトラックバック一覧です: “BMS Festival 09' Winter” 回顧:

« 2009年ベストインプレイヤー賞 | トップページ | “フォルプラス” 回顧 »