« “東方音弾遊戯3” 展望 | トップページ | 場つなぎ更新 »

2010/01/17

“plugout4 PHASE-02” 公開

Plugout4_phase2_banner

5鍵盤パッケージ “plugout4” PHASE-02

公開:1月1日(金)
主催:Atomic Sphere

5keyパッケージの決定版プラグアウトの第2回配信分についての感想です。やっと書き上がりました。

-----------------------------

 
 

"plugout4" PHASE-02が2010年の元日に公開されました。
正月リリースという軍人さんからのお年玉、豪華福袋パッケージということもあって、
「今年のBMS初めはplugout4だった」という人も少なくないのではと思います。

BMS界では例年1、2月頃はあまり動きが見られない印象があるものの、
今年は様々な企画・イベントが目下進行中で、plugout4 PHASE-02はその先陣を切る形となりました。
受験・就活・卒論・その他諸々などで忙しい人も多いかも知れませんが、
今年のBMSシーンを占う意味でも、ぜひ空き時間を見つけてプレイして欲しいものです。

さて、本記事中ではPHASE-02の話題に絞って紹介します。
plugoutのあらましとか、その他の基本的な情報に関しましては
以前の“plugout4 PHASE-01” 公開にて述べましたので、そちらをご参照ください。

Plugout4_phase2_title

今回から公式画像上にplugout4のサブタイトル?らしき文言も書き加えられてますね。
「THE Ever-changing BEAT」、常に変わり続けるビートということで即ち「千変万化」ですが、
こうしてテーマを改めて掲げたことで、主催・クリエイター・プレイヤー間の意思統一が一歩前進し、
他のパッケージとはひと味違う、plugoutならではのコンセプトが再確認できたことでしょう。
 
 

◆ PHASE-02 楽曲紹介と感想

PHASE-02もPHASE-01と同様、☆1~☆9まで各一曲の全九曲となりました。
しかし収録曲の方向性は前回とは一転、非常に渋いラインナップが揃ったように思います。
"plugout4"の導入編として多くのユーザーを取り込む必要があったPHASE-01とは異なり
PHASE-02では運営側の「パッケージでやりたい音楽」がより色濃く出ているような感じで、
いよいよplugout4が本領発揮してきたと個人的には受け止めています。

制作には音楽シーンの最前線に近い場所で活動しているクリエイターたちも多く参加しています。
「とっつきにくい…」と思う作品もあるかもしれませんが、何度も聞けば必ず旨味が染み出てくるので、
皆さんの優れた耳と感性によって、各作品の良い部分をうまく抽出してみてください。
 

☆1 [DUBSTEP]   Ancient  /  morigasigeru

Plugout4_phase2_1

PHASE-02大将格のmorigaさんがなんと☆1で出陣。plugoutの低難度BMSへの意気込みを感じる作品です。
曲全体を覆う枯れた雰囲気のなか、残像が漂うように反復するベースはさながら太古から続く時の足音。
後半では乾いたギターが寂寥感を煽り、灰色の音世界を確固たるものにしています。
抽象的なジャンルながら聞きやすい楽曲なので、BMS初級者・ダブステップ入門者はぜひどうぞ。
 

☆2 [BREAKS]   Scourglass  /  mao sawatari

Plugout4_phase2_2

曲名の「スカーグラス」はMTG用語でScourge(災い)+hourglass(砂時計)の合成語です。
無音の宇宙空間を想起させる緊張感あるシンセと、その静寂を破って轟くブレイクビーツが曲を牽引し、
映像と一体となってスペクタクルを感じさせてくれる破格のスケール感が身上となっています。
作品発表ごとに著しい進化を見せるmao sawatariさんの、界隈の秘蔵っ子ぶりと併せてご体感ください。
 

☆3 [EXPERIMENTAL POP]   alignment you you  /  copyyyy

Plugout4_phase2_3

知る人ぞ知る名曲 “adjustment you you”、MAXBEATで脚光を浴びた “atonement  you you” に続き、
この曲は “you you” シリーズの第3作目となります。当時不詳だった作者はcopyyyyさんだった模様です。
9/8拍子や7/8拍子などリズム感は難解ですが、それは心地よい「揺らぎ」となって聴き手を包み込み、
ピアノやフルートの夢幻的な旋律と共鳴し、私たちの意識をまだ見ぬ楽園へと誘ってくれることでしょう。
 

☆4 [DIGI-ROCK]   Blink-Mute-Silence  /  Hate+

Plugout4_phase2_4

タイトルの「Blink(明滅)Mute(無言)Silence(沈黙)」は、それぞれ「BMS」の3字を頭文字にとった語です。
曲名のごとく目も口も耳も奪われてしまっては、本来なら音楽など到底楽しめるべくもありませんが、
本作のラフなギタープレイは魂に訴えるホンモノなので、その衝動は第六感を通じて全身を震わせます。
譜面には急停止や減速があり技巧的ですが、汚れたギターを弾ききって男の生き様を示してください。
 

☆5 [TECH HOUSE]   FIREWORKS  /  KARAKURUM

Plugout4_phase2_5

作者のKARAKURUMさんは、PHASE-01に楽曲提供したGotouSeiyaさんの別名義のようです。
現役クラブDJの作品だけあって、現場で培った最先端の音楽センスが存分に詰め込まれてる印象です。
曲は冒頭で提示されるメインモチーフをひたすら繰り返しつつ、様々な要素が集散していくというもので、
中盤では極彩色のハーモニーが加えられるなど、鋭い意匠と構成美が際立って感じられます。
 

☆6 [WORLD GROOVE]   hand to hand  /  N.I.R.R.

Plugout4_phase2_6

N.I.R.R.さんはかつてStudio Chieph名義やudonsover名義で活躍していたNirr(にるる)さんです。
03年のdb以来(?)の復帰作となりますが、その音楽観は衰えるどころか異境地に達してしまったほどで、
Identity 7さんによる仏像BGAとの相乗効果もあり、密教的で呪術的でトベる作品に仕上がっています。
ただし、信心のないプレイヤーには最後のラス殺しで容赦なく仏罰が下りますのでご注意あれ。
 

☆7 [EXPERIMENTAL TECHNO]   BEPEN  /  i am robot

Plugout4_phase2_7

i am robotの中の人は楽曲・映像ともにeicateveです。ロボットに人格が乗っ取られたのか、
氏本人がBOF2009の “Techno Robot” の後継機・べっぴんロボとなってしまったようです。
曲はジャンルのとおり実験的で、典型的な4つ打ちに縛られない変則キックやリードシンセに独創性があり、
「ロングノートのパイオニア」としてその使用法に定評があるeicaならではの譜面がやみつきになります。
 

☆8 [PSYTEC]   3.14  /  ルゼ

Plugout4_phase2_8

09年に「縦連打バカキング」を襲名したルゼさんが送る、腱鞘炎必至のクレイジートラックが本作です。
あたかも円周率が無限に続くように、数小節ぶち抜きの凶悪縦連打が延々と猛威を振るい、
その連打速度は秒速約11発を要求するほどで、指にもキーボードにも不健康なこと極まりません。
FALLさん作のBGAも必見。ルゼ&FALLコンビだから成し得た、世界最凶のスイカ割りにご挑戦ください。
 

☆9 [Nu Skool Breaks]   Ire  /  rife

Plugout4_phase2_9

曲名・アーティスト名ともに詳細不明のこの作品がPHASE-02のボス曲です。
鋭い低音フレーズとアーミーライクなBGAは、アクション映画やスパイ映画のようで理屈抜きに格好良く、
それでいて変拍子によるプログレッシヴ色も強くて、まさに「千変万化」を体現した作品となっています。
巧緻をきわめた密集譜面はあたかも難攻不落の要塞。見事クリアして無事帰還できるか、健闘を祈る。

 
 

 ・ 以下感想。

私の一番のお気に入りは☆4です。とても良いBMSだと思います。
ノイズ系ギターが轟音の柱を乱立させてて格好良いし、
低速地帯からラストの同時押しまで、譜面も表情豊かで面白かったです。
さらにムービーが技ありで素敵。過去作をオマージュしたシーンを挿入することで、
Hateさんのブランドイメージを上手く活用していると思いました。

それと☆6も、どこのカルト宗教だよ!ってくらい露骨に怪しさが出ていて好きです。
こちらは曲もさることながらBGAがとても素晴らしかったです。もうオーラが圧倒的。
千手観音は言わずもがな、鳥が舞うシーンなど細かいカットも見事なデザインでした。
まだ年が明けて半月しか経ってませんが、私の中で2010年ベストBGA10選に早くも当確です。

☆1のもりがさんを始めとした実力派クリエイター陣はきちんと期待に応えた出来で流石です。
唯一の誤算は☆2。誤算と言っても嬉しい誤算で、正直ここまで伸びてるとは思ってませんでした。
譜面が裏打ちや3連符などが中心なため、ブレイクスにしては少々ノリづらいのが勿体ない感じでしたが、
沢渡さんはリリースペースさえ上がれば、秋頃には普通にイベントを勝ってそうな予感を覚える良作でした。
激励。

☆7~☆9の高難度作品は三者三様の個性的譜面で面白かったです。相変わらず上手。

ただ、逆にPHASE-02を通して気になったのは「複音オブジェの音のまとめかた」でした。
典型的なのが☆1。終盤の3連符のギターは6/8拍子的リズムを刻んでいるのですが(3音で1単位)、
#50や#54などでは何故か2音ずつの複音となっているので、叩いていて非常に気持ち悪いです。
あと☆3も結構怪しくて、曲頭の9/8拍子=(3/4拍子+3/8拍子)とさも当然のように解釈していますが、
実際に音の強弱的には正解なのですけど、音形的には(6/8拍子+3/8拍子)と取るほうが自然なので、
無理に複音でリズムを固定させず、曖昧な拍子感にしておくほうが良さそうな箇所だと感じました。

あまり言うと「じゃあお前が作れ」とブーメランを喰らいそうだからこの辺で自重しますが、
plugoutは「この曲にはこの譜面しかない」という信念に基づいて制作されているのですから
やっぱり譜面には絶対的な説得力を持って欲しい…と贅沢な期待を抱いてしまいます。
複音オブジェはBMSでは意外と未開拓な領域なので、まだまだ考察の余地はありそうな印象でした。
 
 

◆ PHASE-03以降の展望

現時点ではまだPHASE-03についての情報はありません。
それどころかPHASEいくつまで続くかというのも全く分かりません。

しかし、軍人さんやfenさんなど首脳部のBMSはまだ出てきていませんし(偽名は知りません)、
plugout3組のAozunaさんやiceさんら有力者も多数控えているはずですので、
少なくともPHASE-04くらいまではエンジン全開でいけそうな予感がします。

ジャンルについても、plugout4では「1ジャンルにつき1曲」方式でやっているみたいですが、
House、Hiphop、Trance、Minimalなどの直球メジャーどころはいまも温存されてますから、
やはり制作側からすると「これからが本番だ」という感じかもしれません。

PHASE-01公開からPHASE-02公開までの所要期間はちょうど4週間。
それから類推すると、PHASE-03はだいたい今月末くらい、VERSUS前後のリリースが有力と推測されます。
今後もますますパワーアップしていくと思われますので、ぜひ首を長くして待ちましょう。
 
 
 
plugout4
http://atsp.bms.ms/

____________________________



 
今週は極度のスランプで更新が滞っていました。
その間も界隈は結構動きを見せているようなので欄外で何点か。

・ 東方音弾遊戯3登録・公開開始
登録数もなかなかで、まずは幸先の良いスタートを切った感じですね。
まだ1回ずつしかやってませんが、44teru-kさんとSANY-ONさんとiROHさんのが好きです。
44teru-kさんのは曲が綺麗で音に色気があって完成度抜群、
SANY-ONさんのは東方らしからぬ意欲的なアレンジが新鮮でムービーも良好、
iROHさんのは曲を完全に自分のものにしている、という感じがそれぞれ良いと思いました。
余力ができたら原曲をどこかで探して一聴した上でインプレしに伺います。

会場はなんだか縦長になりそうですね。多分あと倍くらいは登録きますよ?
今から会場の形式変更とかはさすがに無理でしょうけど、
縦に長いと見づらいので、何かユーザビリティ向上のための工夫は考えた方が良いかもしれません。
 
・ 新BMS系ブログ登場
インプレイヤーとして活躍中の瓜さんとj.pamiさんがBMSレビューブログを始めたようです。
瓜さん → 瓜がBMSをプレイして感想を書いたりするブログ
j.pamiさん → まあ適当に (こちらは開設自体は数年前ですが…)
両者とも更新力があるし内容もしっかりしてるしで非常に良い感じ。ブックマーク必須です。
私も負けないよう切磋琢磨し、「俺もブログをやりたい!」という人が今後も多く現れるよう、
BMSテキストサイトの魅力向上に努めていきたいと思います…。
modoribeさんのところは閉鎖なのでしょうか…切り口が面白くて楽しみにしてたのですが…
  
 
 
拍手レス更新しました。いつも元気をいただいています。

|

« “東方音弾遊戯3” 展望 | トップページ | 場つなぎ更新 »

event」カテゴリの記事

コメント

わあっ…まさか取り上げてくださったとは…。
光栄です。ありがとうございます。
いつも圧倒的な情報量と親しみやすさに溢れた文体に
舌を巻きながら拝見しています。

弊ブログはまだまだmihoclapさまの足元にも及びませんが、
細く長く楽しく続けていければと思っています。

今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: 瓜 | 2010/01/18 21:20

☆8 [PSYTEC] 3.14 / ルゼ の画像で不覚にも吹きました。縦連打あんなにながかったとは

投稿: | 2010/01/18 22:40

>瓜さん

いえいえ、私のほうこそ無断で取り上げさせて頂いたうえに、
わざわざコメントまで頂戴してしまって、親切の押し売りみたいですみませんm(_ _)m

瓜さんのブログはいま最もホットなので、いつも楽しみに拝見しています。
更新力が命のブログにおいて毎日記事が投稿されるというのは超魅力的ですし、
しかもレビュー内容が表現豊かとあっては、正直脱帽するほかない感じです。
mihoclapなんてあっという間に駆逐されそうです(;´д`)

同じBMSブロガー同士、これからも一緒に手を取り合って頑張りましょう。
こちらこそよろしくお願いします。コメントありがとうございました!

投稿: s_miho | 2010/01/23 00:08

>ななしさん

凄い譜面ですよね、あれ。悪夢にも程があるだろって感じで。
画像で改めて見てみると、ひたすら一画面縦連打とか壮絶過ぎますw

私の腕だとあの曲には全く歯が立たないのですけど、
クリアしている凄腕の人たちはどうやって越してるのでしょう?
1キーに2ボタンをアサインして交互連打とか?それとも普通に正面突破?
どちらにしろ、印象に焼き付く個性派譜面で面白いですよね。
コメントありがとうございました!

投稿: s_miho | 2010/01/23 00:09

>s_mihoさん

ニコニコにこんな動画がありました。ご存知でしたらすいません。

(BMS)3.14やってみた
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9378376

自分は交互連打ができないので正面突破ですw

投稿: | 2010/01/24 17:24

>ななしさん(2)

情報提供ありがとうございます。その動画は初めて拝見しました。
キーボードよりキーのバネの反発力が強い専コンを用い、
両手を駆使して連打するとは下準備からして神業すぎて圧巻でした…。
ニコ動のことは殆ど何も知らないので、今回みたく色々教えて頂けると助かります!
コメントありがとうございました!レスがバカみたいに遅れてすみません m(_ _)m

投稿: s_miho | 2010/02/02 03:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/32959337

この記事へのトラックバック一覧です: “plugout4 PHASE-02” 公開:

« “東方音弾遊戯3” 展望 | トップページ | 場つなぎ更新 »