« “EXTREMEBEAT” 展望 | トップページ | “EXTREMEBEAT” 開催 »

2010/02/19

“ChaosStage” 展望

カオスBMSイベント "ChaosStage"

Chaosstage_banner

― あなたの心に、あなたの未来に、あなたの耳に、もっとカオスを。―

登録 : 2月20日(土)~2月21日(日)
評価 : 2月22日(月)~2月28日(日)
主催 : scytheleg

-----------------------------

 
 
 

カオスBMSイベント "ChaosStage" の登録開始が近づいてきました。
このイベントは、「曲 or 譜面でカオスを表現したBMS」を競うというものです。

キーワードである「カオス」とは何か、主催のscythelegさんによると
「12分以上の譜面密度」「ストップシーケンス・ソフランなどの変則譜面」「ダークで混沌とした雰囲気」
などが告知ページで挙げられていますが、それはあくまで一例で、
今大会では「カオス」の定義については全面的に各人の解釈に委ねられています。
そのため制作の自由度はかなり高く、作品に説得力さえあれば何でもアリのフリーダムなイベントです。

イベントの方向性としては、07年開催の"Chaotic Field"(登録リストページ混沌イベント)をベースに、
"dark music BMS Event"(ダークなBMSイベント)、"experimentation"(既存ジャンル禁止BMSイベント)、
"BMS OF FOON"(foonなBMSイベント) などを混ぜたような感じになるでしょうか。
曲や映像は斬新で実験的なものが、譜面はギミック豊富なものが多く登録されそうです。

"VERSUS.03""EXTREMEBEAT"と同時開催という時点で既に十分カオスな気もしますが、
果たしてどれほどカオスなイベントになるか、じっくり検証していきたいと思います。

 
 

◆ BMS界のカオス王は?

一口に「カオス」と言っても、やはりイメージは湧きにくいと思います。
そこでBMS界において最も「カオスとクオリティを両立させているBMS作家」を調査してみました。

[調査方法]
・ "ChaosStage"が開催された2007年以降、インプレで何回「カオス」と書かれたかを集計する。
・ ただし、集計対象は優秀な成績を収めた作品に限る。
(イベント上位1/4以上入賞、BMGでVeryGood獲得、pupulyレート4.0以上、binで5インプレ以上のいずれか)

…という基準で腕利きのカオス作家を探し求めたところ、
クオリティ高いカオスBMSを作る名手は以下のようになりました!

Chaos_01

トップはtarolaboさん。その独自の楽曲観や革新的な映像センスは皆様の広く知るところでしょう。
カオス数は10回、計5つものBMSにてインプレイヤーにカオス宣告を受けていました。
次点のmuhnさんは、無国籍でジャンルの垣根を越えた作風がカオスと捉えられることが多いようです。
3位には個性派で知られるkurenaさんとλ口さんが、5位にはソフラン大魔王のYamajetさんが入りました。
ここにランクインを果たすような作者は意図してカオスなBMSを作れる能力者なので、
もし今大会に出場してくるようなら、俄然有力候補になり盛り上がることでしょう。

ところで、読者の皆様には 『3年分集計したのに、1位でも10回しか「カオス」と書かれてないのか』 と
この結果を意外と少なく感じられた方もいるのではないでしょうか。
実際のところ、現実にはインプレにて「カオス」という語が使われる頻度はもっと高いです。
しかし多くの場合、カオスBMSは万人の支持を得られず下位に低迷しがちなため、
今回の集計範囲(イベント上位1/4以上入賞など)から漏れ、集計対象外となりました。

つまり、カオスなだけのBMSを作るのは容易だけど、面白いカオスBMSを作るのは非常に難しいのです。
それだけに "ChaosStage" でどんな名作が誕生するか、私は大いに注目しています。
 
 
 

◆ カオス成分の検証

今大会で多く使われそうな「BMSにおけるカオス要素」を含んだ作品を思いつくまま列挙し、
ネーミング編・楽曲編・譜面編に分けたうえで私見・解説を加えてみました。本戦の予習になれば幸いです。
どれもこれも一歩間違えれば糞曲・糞譜面に成り果てそうな不穏なものばかりですが、
使用法を工夫・厳選すれば、新たなBMSの側面を開拓できるかもしれません。
(※ 縮小画像はクリックで拡大してご覧ください)
 

● ネーミング編

人間、何事においてもまずは見た目から入ります。
曲名などのネーミングでカオスを演出すれば、インプレイヤーに与える印象を誘導することも可能です。
ただし、あまりカオスな名前を付けると、誰も寄りつかなくなるので諸刃の剣ですが…。
 

 ・ カオスなタイトル  zxcvbnmasdfghjklqwertyuiop / 削除 (2008年、BMG)

Chaos_title_01

26文字ものアルファベットの羅列。読めません。覚えられません。
削除さん本人すら暗記してるかどうか怪しいくらいカオスな曲名です。

 ・ カオスジャンル(1)  dwllns / dust.c,iraxa,aon (2008年、BOF2008)

Chaos_genre_01_3

ジャンルは [Yes because he never did a thing like that before as ask to get his breakfast in bed with ...]
長いし意味不明でカオスです。BMSでは「ジャンルは飾り」とも言われるので、こういうのもありでしょう。

 ・ カオスジャンル(2)  sista)nightTrans / tarolabo (2008年、experimentation)

Chaos_genre_02

ジャンルは [morse codokinawa onkaichedelic transpeed corchestranovirby popinsewing]
トランス・ボサノバ・スピードコアなど10個のジャンルを混ぜ合わせた合成ジャンルです。
やはり文字列の長さは素直にカオスへと直結すると言えそうです。

 ・ カオス難易度  Vertical Roll / Team ZUMMER feat. ZR+unican (2009年、SUIKA CRASH)

Chaos_playlevel

☆69。69って中途半端だよ!しかも譜面はこれ一個。何がやりたいんだよ!
今大会では難易度の☆の数もカオスの指標として扱われるでしょう。ただし難しくしすぎは注意。

 ・ カオスコメント(1)  the video in white room / d__t (2007年、戦國)

Chaos_comment_01_2

登録コメントはインプレ執筆時に参考とされることも多く、うまく使えば武器になります。
これはd__t(wosderge)さん得意の手法。意味ありそうだけどわからない、そんな思わせぶりなコメントです。

 ・ カオスコメント(2)  venomoth of mosaic / dust.c (2008年、BMS同窓会)

Chaos_comment_02

上のd__tさんの発展系のようなコメントで、よりアートに、よりカオスに進化しました。
曲名の「モザイク」を活かし、雰囲気をしっかり演出しているのが技ありのポイントです。

 ・ カオスファイル名  傷と絆のブルース / the mlf (2006年、Renaisssance)

Chaos_filename

なんだこりゃー!ただひたすらカオス!べつにここまで凝る必要はないかもしれませんが、
インプレイヤーはreadmeなどを求めてフォルダ内も見るので、意外と点に結びつくかもしれません。
 

● 楽曲編

カオスな曲、というのは方向性が無数に考えられます。
同様にカオスな音、というのもあるでしょう。爆音ノイズ不協和音逆再生・早回しなどが一例ですが、
たとえ高尚なクラシックでも、ハードコアの中で鳴らせばカオスになります。
音ですらこれだけ応用がきくのですから、まして楽曲は工夫次第で何でもカオスにできそうですが、
ここでは代表的と思われるカオス曲のタイプを挙げてみます。
 

 ・ ネタ系カオス曲  Hitting repeatedly single-mindedly / dj Extrose (2009年、SUIKA CRASH)

Chaos_hitting

ネタBGA、とにかく激しいリズム、飛び交う声ネタなどが特徴の乱痴気騒ぎBMSです。
収拾が付かないほどの賑わいを見せますが、このタイプの曲は賛否両論が分かれやすいところです。

 ・ ジャンルフリー系カオス曲  Mona Lisa overdrive / czardas (2008年、MAXBEAT)

Chaos_monalisa

"experimentation"の時もそうでしたが、複数ジャンルが混ざるとカオスさが増す傾向が見られます。
本作はジャズ、ロック、クラシックなど、様々なジャンルの要素が取り入れられた混沌ハードコアです。

 ・ ハード系カオス曲  hallucinosis / SLT-Machine (2009年)

Chaos_hallucinosis

轟音ノイズと発狂シャウト。この世のものとは到底思えない叫びの音楽です。
激しく乱暴な曲はカオスのイメージにぴったり。今回も多く登録されるタイプではないでしょうか。

 ・ グロ・ホラー系カオス曲  smile for my child / Ikis (2007年、戦國)

Chaos_smile

人形をずたずたに切り裂くBGAが印象的な本作、その残酷さは制作者の良識と精神が疑われるほど。
グロテスク・ホラーものは最近は少なくなりましたが、存在感はカオス系楽曲のなかでもピカイチです。

 ・ パーソナル系カオス曲  甘雲 / tarolabo (2008年、BMG)

Chaos_amagumo

制作者独自の価値観・世界観。端から見ればカオスに映るものの、それこそこのタイプの魅力です。
確固としたアイデンティティを持っている人でないと作れませんが、大ヒットを生みやすい曲風でしょう。

 

● 譜面編

今イベントで、作者サイドが最も重視しているのはおそらく譜面だと思われます。
カオス=革新的な配置やギミック、と解釈する風潮は依然として強いからです。
ロングノート・ソフラン・ストップシーケンスの三種の神器は多くの登録作に採用されるでしょうが、
皆が考えることなので、それだけで他作品と大きな差を付けるのは難しいでしょう。
ここでは三種の神器以外のカオスな譜面ギミックについて、いくつか検証してみたいと思います。
 

 ・ 文字譜面  no namer / 削除 (2009年、SUIKA CRASH)

Chaos_nonamer

曲の終盤で「S K Z」の3文字をかたどった譜面が流れます。
この“no namer”は他にもストップやらラストの超加速やら、極めて前衛的なカオス譜面となっています。

 ・ 密集縦連打  銀の風 / wa. remixes celas (2009年、BMS   Battle Regulation A)

Chaos_silverwind

何連打なのか一見しただけではわからない音の固まりが降ってきます(ここではスクラッチですが)。
しかもラス殺し。こういう無茶な配置はカオス成分高いです。

 ・ 全押しロングノート  sevenscape / xarva (2007年、戦國)

Chaos_sevenscape

「キーボードがきかない」と敬遠されがちな全押しで、しかもロングノートという超荒技。
この曲では神聖なまでにコスモスな用法でしたが、使用法によっては鬼にも蛇にもなるカオス配置です。

 ・ 極短ロングノート  Feline, the Black... / Morrigan (2009年、BOF2009)

Chaos_feline

軍人さんやFALLさんが熱心に研究に取り組んでいる、比較的新しい配置手法です。
通常ノートとは見た目が微妙に違うため一瞬戸惑います。活用法はまだ模索段階。

 ・ ポリリズム  WRITER's HOUSE / wosderge (2009年、BOF2009)

Chaos_writershouse

ポリリズムとは曲中で複数の拍子が平行して存在することを言います。
本作では3キーと5キーの縦連打が未知なる謎リズムを刻んでおり、しかもVeryHard判定で超カオス。

 ・ 小節線ギミック  Jack-the-Ripper◆ / sasakure.UK (2009年、BOF2009)

Chaos_jacktheripper

近年頻繁に使われているのが視覚効果を狙ったこのギミックです。
大量の小節線を流して擬似的に曲の体感スピードなどを変化させますが、絵的にはかなりカオスです。

 ・ 裏階段  FIRE FIELD -REMIX- / Dj Saw-Low (2009年、BOF2009)

Chaos_firefield

本来ノートがある部分が空白で、無音の場所にノートがある、通常とは逆転したオブジェ配置です。
あたかもゴーストオブジェが並んでいるようなインパクトある譜面は壮観そのものです。

 

これらの他にも、ランダム定義とか不可視オブジェなどはカオス方面に用いやすいですし、
高速階段対象譜面急加速・急停止変拍子疑似バックスピンスクラッチなどを組み合わせれば
譜面でのカオス演出は無限にできることでしょう。こういうの凄く得意ですよね>作者の方々。
ただ、沢山の譜面要素を採用すれば良い、という単純な図式が成立するわけではなく、
曲・譜面の個性や方向性を打ち出しつつ、プレイ可能な範囲の難易度で制作しないと高評価は難しいです。
☆10以上の譜面は大量に登録され、プレイヤーに嫌がられる状況も十分予想されるので、
案外、低難度作品で攻めた方がよほど目立つ可能性もありますね。そこは戦略。

今大会は、"EXTREMEBEAT"と比べるとカオスという題材が抽象的でとっつきづらい部分はありますが、
BMSの果てなき潜在能力を引き出すには絶好のイベントなのかもしれません。
もし画期的な新ギミックを考案できたようなら、それはBMSの新しいスタンダードになるでしょう。
この譜面革命にぜひ奮ってご挑戦ください。
 
 
 

◆ 出場予定者

イベントに参加表明をしている人のまとめです。カッコ内はソース。漏れがあったらごめんなさい。
(Twitterの発言に関しては、Twitter検索から機械的に引用しただけで前後の文脈等は考慮していません)

○出場?
 scytheleg「よし!とりあえずカオスの曲完成!やった! >('-'*)」(2/3 Twitter)
 Symphonian「BGAきた!!!これでカオスステージは結構面白くなりそうだ」(2/12 Twitter)
 ルゼ「ChaosStageのBMSは完成しました、毎回音ゲーを放棄する帰ってこなくていい名義が帰ってきます!」(2/17 Twitter)
 
微妙?
 SIG2500「Chaos Stage出してみたいなあ・・・でも時間が取れるかうぎぎ。」(2/8 Twitter)
 Athame「むしろスピード落としてCHAOS STAGEにだすか」(2/17 Twitter)
 ZUMMER「さて、カオスの曲どうするか」(2/18 Twitter)

BGA出場
 石王マサト「[予告]CHAOS STAGEに出ます」(2/17 Twitter)

 
"EXTREMEBEAT"よりは参加表明は遙かに少なく、比較的手薄で勝ちやすいイベントかもしれません。
なので今からでもストックを放出して参戦すれば、予想以上の良い結果を生む可能性も大いにあります。
scythelegさん、Symphonianさん、石王マサトさん(BGA)は"EXTREMEBEAT"にも出場(予定)で、
"ChaosStage"とのまさかの2冠制覇も期待されます。そのあたりの勝敗にも注目です。
 
 
作品登録は20、21日の土日です。"EXTREMEBEAT"よりも一日早く締め切られますのでご注意ください。
投票は登録終了後の22日から開始されます。こちらも"EXTREMEBEAT"とは方式が違います。
評価期間は28日(日)まででちょうど一週間。かなり厳しい日程なのでインプレは計画的に。

"VERSUS""EXTREMEBEAT"と同時進行で、インプレイヤーはかなりのカオス状況にあるでしょうが、
今後4月末までの約2ヶ月間、しばらく登録型BMSイベントは開催されませんので、
この春の総決算だと思って、悔いのないようがんがんインプレに励みましょう。
 
 
 
 
ChaosStage
http://scytheleg.bms.ms/tempyou/event/chaos/
会場
http://manbow.nothing.sh/event/event.cgi?action=List_def&event=62
 
 
 
__________
 
 
 
 
職場更新。不良社員です。帰宅してから拍手レスを書きます。
(追記 : 更新しました。いつもありがとうございます。)

トリビーは想定の範囲内ではありますが、やはり色んな意味で凄い作品も出ていますね。
日数の経過にしたがいどんなジャッジが下されていくのか楽しみです。
MAXBEATの時のように、後出し登録で更なる超高速BMSが降臨したらウケるのですが、
さすがに今回ばかりは厳しいか…。

|

« “EXTREMEBEAT” 展望 | トップページ | “EXTREMEBEAT” 開催 »

event」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/33422993

この記事へのトラックバック一覧です: “ChaosStage” 展望:

« “EXTREMEBEAT” 展望 | トップページ | “EXTREMEBEAT” 開催 »