« “VERSUS.03” 公開 | トップページ | “ChaosStage” 展望 »

2010/02/16

“EXTREMEBEAT” 展望

"MAXBEAT"に続く、超高速BMSイベント第二弾 "EXTREMEBEAT"

Extreme_banner

― 最速の壁を、突き破れ。

登録 : 2月18日(木)~2月22日(月)
評価 : 2月18日(木)~2月28日(日)
主催 : scytheleg

無計画に書き進めていたらいつもより文字だらけの記事になってしまいました。お暇な時にお読みください。

-----------------------------

 
 
 

超高速イベント"EXTREMEBEAT"の登録・評価開始が目前となりました。
このイベントは、2008年に開催された"MAXBEAT"の後継イベントで、
作品の質だけでなく、BPMの速さが得点の大きなウェイトを占めるという一風変わった大会です。

最大の特徴は得点算出方法にあります。
インプレイヤーは各作品に「レコメンド」or「非レコメンド」のどちらかを投稿でき、
「作品のBPM」と「レコメンド数」を掛け合わせた値が、その作品の得点となります。
(eg. BPM100の作品に10個レコメが付けば、100×10=1000pts)

ただし、得点はただ増えるだけでなく、「非レコメンド数」の数に応じてマイナスされていきます。
具体的には次の計算式が適用されます。
BPM×レコメンドの数×(1-非レコメンドの数×2÷インプレ数)

式だけ見ても直感的にわかりづらいと思いますので、この計算法については後ほど詳しく検証します。

…以上のように、BPMの速さなどの戦略次第で誰でも優勝が狙えるイベントですが、
「非レコメンド」票で減点されることもあるため、単に速ければ良いというわけでないのが難しいところです。
本記事では、前回の"MAXBEAT"でのデータをもとに、
来たる"EXTREMEBEAT"がどういう展開を見せるか考察していきます。

 
 

◆ BMS界におけるBPM調査

"EXTREMEBEAT"開催に当たり、BMS界ではどの程度のBPMの作品が多いか知っておくべきだと思います。
そこで最近のイベント・パッケージ登録作のBPM平均を調べてみました。

Extreme_01

ご覧の通り、140~160程度のBPMが現在の主流となっているようです。
BPM200を越える作品などは結構ありそうな気もしますが、実はそんなに多くなくて、
昨年のヒット作では “あにまら / Est”(BPM255)、“Jack-the-Ripper◆ / sasakure.UK”(BPM210~240)、
“Her Majesty / naotyu-”(BPM222) くらいのほんの数作品しかありません。
意外と高速BMSは作られていないし、支持もされていないというのが実情のようです。

では、一昨年の"MAXBEAT"ではどうだったかというと、これが凄いことになっています。

Extreme_02

"MAXBEAT"全作品の平均はなんとBPM374、
平均を押し上げている一部の超高速作品を除外して計算してもBPM252と、
普段のBMSシーンより100から200以上もBPMが速い作品がごろごろ登場していました。

この傾向は"EXTREMEBEAT"ではよりいっそう激しくなると予想されますが、
あまり高速にしすぎて速度感覚が麻痺しないよう、皆様くれぐれもご用心ください。

 
 

◆ 得点計算式について

先述のように、今大会の得点計算式は 
BPM×レコメンドの数×(1-非レコメンドの数×2÷インプレ数)  となっています。

この式で直感的にわかりづらいのは、(1-非レコメンドの数×2÷インプレ数) の部分でしょう。
(1-非レコメンドの数×2÷インプレ数) は、非レコメンドの数に応じて0~1の間の何らかの数になります。
ここでは理解を容易にするため、「BPM100、レコメンド10獲得」という作品をモデルとし、
なるべく単純化して考えてみます。
 
 
仮に「BPM100、レコメンド10獲得」があるとすると、基本点は100×10=1000ptsです。
しかしこれに非レコメンド票が投じられていくと、得点は次のように減少していきます。

Extreme_03

「非レコメ票」が0票のときは基本点(BPM×レコメ数)総取りで、
「非レコメ票」の票数が増えるごとに対数的に得点は減少していき、
「レコメ票」と「非レコメ票」が同数になったとき、最終得点はゼロとなります。

ここで注目してほしいのは、「非レコメ票」が0票のときと1票のときの得点差です。
このモデルの場合、たった1票の「非レコメ票」が投じられただけで、得点は約2割もマイナスされています。
(実際には「レコメ票」が多いほど、「非レコメ票」による減少幅は少なくなりますが)

ここがイベントのツボで、たとえ1票でも「非レコメ」されると甚大なダメージを被ることになるため、
「とにかく非レコメ票が入らないようにする」ことが最も重要な戦略といえます。
得票状況にもよりますが、1票の「非レコメ票」によるマイナス分を挽回するには、
約2票の「レコメ票」が必要になります。「非レコメ票」はかなり重いです。

現在のBMS界のインプレ母数を考えると、だいたい5票程度の「非レコメ票」が入ったら、
残念ながらどんなに頑張ってもその作品は優勝争いから脱落、ということになってしまうでしょう。
下図は"MAXBEAT"のトップ5ですが、現に上位陣の「非レコメ票」は軒並み少なめとなっています。

Extreme_04

唯一、例外的に「非レコメ票」が目立つ4位の “Mona Lisa overdrive” は、
実は"MAXBEAT"中で最も多くの「レコメ票」を集めた作品です。
しかしながら6票もの「非レコメ票」によって無力化され、優勝から大きく遠のいてしまいました。
「非レコメ票」が順位の浮沈の鍵となることは、"EXTREMEBEAT"でも間違いなさそうです。

 
 

◆ 非レコメされないために

どういう曲に「非レコメ票」が多く投じられているかも検証してみます。
「今さら言われても遅ぇーよ!」などと突っ込まないように。
 

● BPMによる非レコメ率

下図は"MAXBEAT"における、BPMごとのレコメ・非レコメ票の得票割合です。

Extreme_05

BPM300を境に、レコメ票と非レコメ票の割合が逆転していて、
全体としては、高速になるほどレコメンドされにくい、という傾向が見られます。

BPM1000以上、BPM300~999が低迷している原因は色々考えられますが、
300を越えるBPMの作品は制作難易度が高いから、プレイヤーも聞き慣れてなくて鑑賞耐性がないから、
そして「速い曲を作って勝ちたい」という意図が投票者側に透けて見えるからであろうと推察されます。
制作者としては高速曲に憧れるかもしれませんが、プレイヤーの需要とは必ずしも一致しません。
この速度区分で勝つのは相当困難でしょう。

BPM250~299は花形です。ベスト10のうち6曲はこの速度から輩出されていて、
曲のクオリティと速さを両立させやすいBPMであると思われます。
今回もこのあたりのBPMが上位争いの中心になるでしょう。

BPM200~249も好成績です。ベスト10のうち3曲を輩出。
ただ若干BPMが不足していて、最終得点では上の区分に競り負けることが多いようです。
この速度の場合、非レコメが相当少なくないと優勝は難しいかもしれません。

BPM199以下はレコメ率は非常に高いものの、優勝争いするには完全に速度不足だと考えられます。
BPM150の曲が300の曲を順位で上回るには、単純に2倍のインプレを集めなくてはならなくて、
それは現実的に考えて不可能に近いでしょう。もっと火力が欲しいです。

 

● ジャンルによる非レコメ率

"MAXBEAT"では、登録31曲中16曲(半分以上!)が
ハードコア・スピードコア・ブレイクコアなどの「コア系」楽曲でした(大雑把なジャンル分けですが)。
やはり高速曲といえばこれらのジャンルが本命なのでしょう。

しかし登録数の半数以上を占めたのにもかかわらず、最高位は4位止まりで、
16曲中7曲がリタイア(非レコメがレコメを上回って最終得点がゼロ)となりました。

Extreme_06

同系ジャンルが多いことによる弊害と断ずるには早計ですが、
とかく似たジャンルの曲は比較されますし、同タイプが多いと埋没しやすいですし、
この手の曲は譜面が類似しやすい(1キーでひたすらキックとか)等の問題もありますし、
プレイヤーへのインパクトという点では決して有利に働くということはなさそうです。
コア系で挑むなら相応の対策が必要と思われます。

 

● 登録時期による非レコメ率 (掲載していいものか悩みましたが…)

"MAXBEAT""EXTREMEBEAT"は登録期間・評価期間が同時に始まるので、
初日登録と最終日登録とで最大5日間もインプレを貰える期間が違うということになります。

ただ、"EXTREMEBEAT"は通常のイベントとは異なり
「非レコメ票」によって点数を下げられることがあるため、
早期登録によるスタートダッシュの恩恵はあまりありません

Extreme_07

"MAXBEAT"の時は初日登録組が最も非レコメの割合が多く、苦しい戦いを強いられました。
開幕時は注目度も高いため、厳しいインプレイヤーも多数出現するのでしょう。

ただ、初日登録組はインプレ数自体も他と比べて少なかったので、
初日登録組が苦戦したのは、そもそもあまり良曲が集まらなかったから、という可能性もありますが…。

いずれにせよ、開幕と同時に登録するメリットは普段のイベントと比べて薄いですが、
それでも注目度やDL数では早期登録のほうが有利なのは間違いないでしょう。
作者さんは自分の目指す目標に応じ、最適のタイミングで登録するのも一つの戦略なのかもしれません。

 
 

◆ 出場予定者

イベントに参加表明をしている人のまとめです。カッコ内はソース。漏れがあったらごめんなさい。
(Twitterの発言に関しては、Twitter検索から機械的に引用しただけで前後の文脈等は考慮していません)
今回はイベントの略称がエビだとかトリビーだとか大量にあったみたいで捕捉が大変でした…。
 
○出場?

 dj Extrose「Extreme beatではMax beatよりExtremeにBeatします。」('09/11/10 MAXBEATコメント)
 ZUMMER「高速BMS用の曲は大体できたぞー 」(1/25 Twitter)
 xi 「今まで作曲した中で一番速い曲だなぁこれ。某イベント用^^ 」(1/26 Twitter)
 Bit Upper「「トリビー、もといEXTREMEBEATはBMSが完成できれば出ます」(mihoclapサン用)」(2/11 Twitter)
 P.E.「BGAをつけなければ明後日にはエビ曲はプレイアブルになります。 」(2/12 Twitter)
 Ym1024「エビ曲間に合うか非常に微妙 (~'ω')~」(2/13 Twitter)
 scytheleg「[速報]突発的な作曲バトルの末エビ曲がほぼ出来上がったでござる >('-'*)」(2/13 Twitter)
 桃山「BGAが来たらすぐ出れるように準備しなければにゃあ。 」(2/14 Twitter)
 FALL「配置おわた!出るぞー!EXTREMEBEAT出るぞー!」(2/14 Twitter)
 Symphonian「結局KBP2010、カオスステージ、トリビーどっちも本名義ではハードコアを出すという、仕方ないね」(2/15 Twitter)
 Nitirix「トリビ一本に絞る。」(2/16 Twitter)

微妙?
 LiTaNia「EXTREMEBEAT用曲コンセプト. 公衆(空中)富裕にそのまま行くかでなければ変えるか考え中.」(1/9 Twitter)
 Athame「EXTREMEBEAT間に合うかどうかですね」(2/1 Twitter)
 SANY-ON「EXTREME BEAT、CHAOS STAGE の中で一つでも参加したい... 時間が残れば早く作ろう...」(2/14 Twitter)
 jueL「EXTREMEBEAT参加しようか悩みだけしてもう登録期間が鼻先...」(2/15 Twitter)
 xenothium「MAXBEATのダイジェスト見て思ったこと。「EXTREMEBEAT出たい」」(2/15 Twitter)
 
※ 一部の海外勢については翻訳サイトを使って日本語に変換してあります。 
※ mihoclap用にわざわざわかりやすく宣言してくれた方、どうもありがとうございます。とても助かりました。
 
 
かなり強力なメンバーが揃うようです。
オリジナル系BMSのイベントが暫く予定されてないこともあり、この春で最激戦になるかもしれません。
参加予定の作者さんは乾坤一擲の覚悟で挑んでください。

前回の"MAXBEAT"では、主催の鎌足さんが総評にて
「高BPM=ネタのイメージはやっぱり払拭できなかった!無理だったよ!」
と叫んでおられましたが、今回こそ高BPM曲の地位向上はなるでしょうか。
高速BMSの新たな可能性を開拓する(かもしれない)"EXTREMEBEAT"、ぜひ期待しましょう。
 
 
作品登録は18日から22日までの5日間、登録順に順次公開・評価開始となります。
投票締切は28日までで、インプレ期間は最長で11日間、最短で6日間です。
期間の途中から"ChaosStage"も同時開催され、かなりのハードスケジュールが予想されますので、
楽曲のBPMに負けずに、プレイ・インプレも超高速でどんどんこなしていきましょう!
 
 
 
 
EXTREMEBEAT
http://scytheleg.bms.ms/tempyou/event/extremebeat/
 
登録開始から登録終了までにかなりタイムラグがあるため
イベント恒例の「“EXTREMEBEAT
” 開催」という記事は書かないかも知れませんし、
状況によっては初日に記事にして後発組はスルー、ということになるかもしれません。
要するに未定です。すみません。ご了承ください。

|

« “VERSUS.03” 公開 | トップページ | “ChaosStage” 展望 »

event」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/33395341

この記事へのトラックバック一覧です: “EXTREMEBEAT” 展望:

» 日本語変換ソフト、フリーのGoogle日本語入力が便利 [アフィリエイト、初心者ブログ]
日本語入力について [続きを読む]

受信: 2010/02/17 01:13

» Ultram pain reliever. [Ultram addiction.]
Ultram. Chronic pain treatment ultram er com. Ultram wont make you fail a drug test. [続きを読む]

受信: 2010/02/27 11:45

» Order percocet online. [How to extract acetaminophen from percocet.]
Percocet aspirin. Percocet. Generic percocet. Compare darvocet to percocet. [続きを読む]

受信: 2010/02/28 07:50

» Airfare tickets. [Airfare.]
Lowest airfare. Low airfare tickets. Low cost airfare. Lowest airfare available. Ireland tours with airfare. Cheap airfare. Discount airfare. [続きを読む]

受信: 2010/03/03 10:52

« “VERSUS.03” 公開 | トップページ | “ChaosStage” 展望 »