« Like an Orange / Est | トップページ | 初めだけ易しい / sa10 »

2010/05/24

“Over Velocity Arrangement” 回顧

DJMAXリミックス/アレンジイベント "Over Velocity Arrangement"

Ova_banner_sp

DJMAX LoverがDJMAX Loverに送るDJMAXリミックス、アレンジイベント

登録 : 4月29日(木)~5月02日(日)
評価 : 5月01日(土)~5月09日(日)
主催 : dj Extrose(主催)、celas(原案)、Symphonian(協力)

----------------------------- 

 
 
 

DJMAXイベント "Over Velocity Arrangement" が終了しました。

今大会は韓国PENTAVISION社の許諾を得て開催され、DJMAX楽曲のアレンジ・リミックスを競うものでした。
こういった特定ゲーム(など)を題材にしたイベントといえば  "東方音弾遊戯" 系列がまず思い浮かびますが、
それ以外では01年の "イトケンBMS祭り" や、この間の"BOF(ブレスオブファイア)2010" くらいのもので
原作のプレイ人口が限られてしまうせいか、BMSイベントではあまり成功を収めていない題材と言えます。

その影響もあって、登録作品数は12作品(うち、運営関係者によるものが5作品)と少なめでした。
しかしインプレのほうは比較的好調で、しかも原作プレイ経験のないインプレイヤーからの投稿にも恵まれ、
なかなか大きな盛り上がりを見せたイベントとなりました。

そんな熱戦 "Over Velocity Arrangement" の模様を、ここで改めて振り返ってみます。

 

◆ 総合結果

詳細は総評に出ていますが、まずは結果から。

Ova_result

というわけで、優勝したのはxenothiumさんの “The freak is thrilled by a rose.”です!
原曲の “FTR” が他作品と競合する不運(?)に見舞われながら、アベレージ満点の完全制覇を遂げました。
総評では主催さんが「アベレージが得点最大値というのは初では?」と述べていますが、
"K2DUEL"の “Harder, Billy, Faster, Herrington / hontanichan” や
"Hyper Remix 3"の “シェルターキッズ(YAMD Pogo Edition Remix) / YAMD” “シェルタービッツ / エレラビッツ” 等
実際には過去に数例、イベントでアベレージ最大値を獲得した作品は存在します。
とはいえ、狙って取れる成績ではなく、本作が万人に受け入れられたことの何よりの証明と言えるでしょう。

2位はcelasさんとwa.+さんによる “La notti bianche”。惜しくも僅か1インプレ差で優勝を逃しましたが、
作品数の不足を察知して3曲登録で場を盛り上げてくれたcelasさんは、イベントの最大の立役者の一人です。
3位はsa10さんの “初めだけ易しい”。今大会がDJMAX未プレイ者にも注目されたとすれば
この曲の驚異的インパクトによるところが大だと思います。いつ見てもすごいタイトルです(笑
なお、4位の “Extreme Z4 -aggressive HC mix-” まで、スコア・アベレージの順位はどちらも同じです。
優勝争いばかり白熱しましたが、実際には「4強対決」という図式でバトルが展開されていたようです。

さて、優勝したxenothium(きせのちうむ)さんは今回がBMSイベント初勝利でした。
xenothiumさんはもともとSTEPMANIA方面で活躍していた作家さんですが、
BOF2008でPanzerForceのExtroseさんから赤紙を突きつけられBMSに参戦、いきなりチームの稼ぎ頭となると
翌年のBOF2009では68/206位と大健闘、そして先日のEXTREMEBEATでは9/32位とベスト10に入賞し、
そして4戦目となる今大会でイベント初優勝。順調かつ迅速に出世の階段を上り詰めました。
今年のBOFではPanzerForceチームのエースとしての役割も期待されます(出るのか知りませんけど)。
この調子でどんどん名作を世に輩出してください。優勝おめでとうございました。
 
 
◆ 失格について

今大会では残念ながら “Far la TeRre / Sinnippolian feat. Anikitachi” が失格処分となりました。
卑猥な兄貴作品で「DJMAXのイメージを著しく損なった」と判断されたことによります。

Ova_sinnippoli

私個人の見解としては、このくらいはジョークで済む範囲だと考えていましたが、
批判する人が出てきても決して不思議ではない、非常に危うい作品だとも当初から思っていました。
ですので、できることなら「作者は本当にバカだなあwww」みたいなノリで流すべく
開催」の記事にて先手を打ってツッコミを入れたつもりだったのですが、結果として逆効果になってしまい、
Sinnippolianさんには悪いことをしてしまったなぁと責任の一端を感じています。どうもすみませんでしたm(_ _)m

ただ、PENTAVISION社に許可を取ってイベントを開催した手前、
こうして問題が表面化した以上、厳正に対処して自浄作用をアピールする必要があるのは明らかでした。
その点では、本件での主催さんは問題が拡大する前に、毅然とスピード決着を図ってくれたと思います。
今大会のExtroseさんはこの問題以外でもリーダーシップが抜群で、主催運営として頼りがいがありました。
鯖落ちの早期解決、一括DLの設置、新機能・一括インプレの導入など、あらゆる面で超人的な働きぶり。
"BMS Festival 09' Winter" での汚名は完全に返上できたと思います。今後のBIDCイベントが楽しみです。

 

◆ 得点と順位の推移

まずは得点状況から。

Ova_graph

上位2作品が抜けていて、他はやや混戦模様。
3位・4位あたりの形勢も終盤戦になるまで不透明だったようです。

続いて順位変動。

Ova_rank

2日目・3日目は同率首位ながら、“The freak is thrilled by a rose.”は一度もトップを譲らず激戦を制しました。
3位入賞した “初めだけ易しい” は実は超スロースターター。しかしラスト2日の伸びはまさに圧巻。
逆に初日に2位に付けた “Legend of Seeker” は、徐々に後続に飲み込まれる苦しい戦いとなりました。
ベスト5のうち4つは初日登録組で、全体的に登録Noが若い作品が好調だったみたいです。

上の表では失格作品は除外しましたが、集計に含めたバージョンも一応用意しました。

Ova_rank2

“Far la TeRre”、結構いい線を行ってました。失格でなかったら上位も狙えた気がします。

 

◆ インプレ状況

今大会の総インプレ数は311。1作品あたりのインプレ数は25.9でした。
このインプレ規模を今年行われた他イベントと比べてみると、

Ova_otherev

"EXTREMEBEAT"にはさすがに劣るものの、"東方音弾遊戯3"は圧倒していて、
一行インプレがないBIDCのイベント形式を考慮すれば、かなりの成功を収めた印象があります。
ちなみに、平均25.9という1作品あたりのインプレ数はなんと"BOF2006"とほぼ同値です。
かつてはBOFに出さないと得られなかった数のコメントが、今はこんな小規模イベントでも得られるなんて
作者さんにとっては非常に反応・反響を得られやすい環境が整いつつあるなあと実感します。

全曲インプレ達成者は22名でした。
総評で大々的に顕彰されているので私のほうからの達成者紹介は割愛いたしますが、本当にお疲れ様でした。
今大会では全インプレした人がとても多く、総インプレ数の82%が全インプレ達成者たちによるもので、
BMS界のDJMAXLoverたちの連帯感の強さを垣間見た感じがします…。

恒例(?)の全インプレ達成者票による順位はこちら。(集計の一部で推計点を用いています)

Ova_allimprerank

総合順位とそんなに大きな変動はありませんが、目立つところでは “初めだけ易しい” が同率2位に浮上。
また公式順位では9位と奮わなかった “Dusk Recapture” が、念願のベスト5まで躍進しています。
反対に順位を下げたのは “futurism -UPPERBRAZE MIX-” “Legend of Seeker” あたりで、
この2曲は全インプレ達成者よりも、むしろ単発インプレイヤーの支持が厚かったようです。

全インプレ達成者の詳しい投票情報はこちらにまとめました。必要に応じてご参照ください。

 

今大会、全てのインプレにレスをしてくれた作者さんは以下の2名でした。

No.4 The freak is thrilled by a rose.  / remixed by xenothium
No.10 初めだけ易しい / sa10

xenothiumさん、sa10さんはインプレイヤーをとても大事にしてくれる作家さんです。
次に見かけたらまたインプレしに駆けつけましょう!(xenothiumさんは無名戦に出てますが)

 

また、イベント期間後に修正ファイル・追加ファイルを配布している作品があります。

No.10 初めだけ易しい /  sa10 (音量調整版)
No.11 Dusk Recapture / keyc (追加差分)

閉幕後公開とあって見逃しやすい部分です。まだお持ちでない方は今からDLしてみてはいかがでしょう?

 

◆ DJMAXBEAT

"OVA"の得点方式は 1 or 2pts の二段階評価でした。
二段階評価といえば最近熱いイベントがありませんでしたか?そう、"MAXBEAT(EXTREMEBEAT)"です。
そこで今大会の得点を、2pts→可、1pt→否と置き換えて、MAXBEAT風の計算式で算出しなおしてみました。
・ BPM×レコメンドの数×(1-非レコメンドの数×2÷インプレ数) が"MAXBEAT"の得点式です。
・ BPMについては、曲中の最低値ではなく曲頭のBPMを採用しました。

速さとクオリティを兼ね備えた高速DJMAX曲は以下の通りです。

Ova_maxbeat

えー、順位はあまり変わっていません。7位まではアベレージ順そのままです。
ここでもトップは “The freak is thrilled by a rose.”。否(1pt)が1票もないのが強みとなりました。
“La notti bianche” は走行距離(BPM×可)では “The freak ~” を上回ったものの、最終得点ではまたも2位。
3位 “初めだけ易しい”、4位 “Extreme Z4” も指定席。高いBPMで追い上げましたが届かずじまいでした。
一方で、否(1pt)が可(2pts)を上回り、エンストを起こした作品は5作品。やや多めとなりました。

ちなみに、ここでの “The freak is thrilled by a rose.” の4340という得点は、
もし "EXTREMEBEAT" に出場していた場合、32曲中13位相当の微妙(?)な成績でした。
"EXTREMEBEAT" がどれだけぶっ飛んだ作品だらけだったか、改めて思い知らされた感じがします…。
 

   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆   
 
 
色々な騒ぎもありましたが、"OVA" はBMSシーンにとって非常に建設的なイベントだったと思います。

「版権元に許可を取ってアレンジイベント開催」はその最たるものでしょう。
今日のBMS界はコピアレ受難の時代で、東方以外のコピアレはいまや絶滅の危機に瀕していますが、
アレンジBMSが持つ「新規プレイヤーへの発信力・開拓能力」は、オリジナルBMSの比ではありません。
今大会に倣って類似の版権イベントが開催されれば、BMS界に新たな活力をもたらす可能性も高いです。
また「一括DL」「一括インプレ」など、プレイヤーのユーザビリティを向上する工夫も随所に見られ、
今後のイベントのリファレンスとなりうる良運営が行われた印象すらあります。

その一方で、「アレンジイベントなりの難しさ」は結局棚上げにされたままだというのもまた事実でした。
原曲を知らない人は興味が沸きづらい、この難題に対する方策は結局何一つ立てられず、
ハッキリ言ってしまえば「一部の原作ファンだけが楽しんでいる」に近い状態は否めない感じでした。
登録数の少なさ、単発インプレイヤーの少なさなどが、それを端的に象徴している気がします。
今大会に失点があるならば、プレイヤー間の温度差を解消できなかったことに尽きるでしょう。


とはいえ、"OVA" は作品数・インプレ数ともに体裁が整うだけの数は揃いましたし、
タイプの違う "P2DUEL" と同時期開催という相乗効果もあり、多くの人が楽しい期間を過ごせたはずです。
アレンジ系イベントは定期的に開催されて然るべきものですので、
また暫く経った後に、今度はより多くの人が能動的に参加できる企画を立ててもらえればと思います。

ということで、主催・参加者・投票者・観覧者の皆さん、お疲れ様でした!
 
 
 
 
  
Over Velocity Arrangement
http://stec.x0.com/sf_event/info.cgi?6

|

« Like an Orange / Est | トップページ | 初めだけ易しい / sa10 »

event」カテゴリの記事

コメント

s_miho様

単発インプレイヤー、超寡作ながら作る側もやっているFT 718と申します。
EXTREMEBEATで貴サイトを知って以来、細かい分析や1曲毎の紹介など丁寧なコンテンツを楽しく拝見しております。
(記事違いですがその節では大変お世話になりました。「インプレイヤーに優しい作者」として紹介されたのを大変嬉しく思っております。)

お気を悪くされたら大変申し訳ございませんが、
本記事に「ちょっとまずくないかコレ?」と感じられる記述がございますので御指摘致します。
確かに、失格の件はニコニコに投稿された時点で、
私も「元ネタ知らないし悪くないけど、チャレンジャーとはいえチャレンジする部分間違ってるよー!!」と感じました。
それについて本記事で触れられている部分に於いて、「作者は…」という記述の後半部分は、
冗談とはいえ誤解を招く恐れがございます。(私は道産子の血交じりの都民ですが)

特集を組んだり、何人かイベント出場を後押ししたりする等、貴サイトがBMS界隈に大きな影響力を持っている以上、
多くの方が参照されるので該当部分は消した方がよろしいかと思われます。
新参者の癖に大口を叩いてしまってすみません。

とはいえ、今後のイベントラッシュや派生イベントラッシュ等の記事も、御多忙とは存じますが楽しみにしております!

投稿: FT 718 | 2010/05/24 13:25

ご指摘ありがとうございます!
しかも私に気をつかっていただいたのか、非常に丁寧でソフトなお叱りの言葉をいただき恐縮であります…。
当該部分は確かに仰るとおり、余計な誤解を招きうる表現で、私の浅慮だったと思います。
他人の失格をどうこう書くより、まず私が失格になれよって感じですね。大変失礼いたしました。
ということで記事の一部を削除修正しました。

こういうブログなので危うい表現も多々あるかと思いますが、
また何か気になる部分がございましたら色々とご指導ください。
どうもありがとうございました!FT 718さんの今後の活躍も楽しみにしております!

投稿: s_miho | 2010/05/24 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/34828543

この記事へのトラックバック一覧です: “Over Velocity Arrangement” 回顧:

« Like an Orange / Est | トップページ | 初めだけ易しい / sa10 »