« “plugout4 FINAL-PHASE 第1弾” 公開 | トップページ | 2009年下半期マイベストBMS10選 »

2010/07/03

eccentric ghost channel as Poltergeist / cybermiso

Ghost_bana

[ELECTRO/BREAKS/DUB STEP] 
eccentric ghost channel as Poltergeist / cybermiso(sabamiso)

(from "第七回自称無名BMS作家が物申す!")

----------------------------- 

 
 
 

自称無名BMS作家限定イベント、"第七回自称無名BMS作家が物申す!" 登録作。
スコア 1/49位(偏差値83.7)、アベレージ 1/49位(偏差値67.2)。両部門で見事優勝を果たしました。
 
  

“エキセントリック・ゴースト・チャンネル・アズ・ポルターガイスト”。
非常に長い曲名ですが、要するにゴーストが主役の作品と考えて良さそうです。

『幽霊の正体見たり枯れ尾花』などと芭蕉が詠んでいるように、
私が子供の頃は幽霊の居場所なんて、柳やススキが不気味に繁るところと相場が決まっていました。
ところが今は21世紀。鬱蒼とした場所は開発し尽くされ、お化けの棲む場所なんてどこにもありません。
住み処を追われたゴーストが行き着いた先は、TVの中の片隅にあるゴースト・チャンネル。
現代をたくましく生きる(死んでるけど)お化けたちの姿を、本作を通してとくとご覧ください。

Ghost_bms

スイッチをゴースト・チャンネルに合わせた途端、モニターが明滅して画面からお化けが出てくるかのような、
恐怖感がどろどろ渦巻く、おどろおどろしくてショッキングな出だしから曲は始まります。
ここで不安を煽るのに効果的に使われているのがダブステップベースの縦連打。
太く歪んだ低音は幽霊出現のシーンにうってつけ。ピリピリとした緊張感が曲を支配します。

ところがゴースト・チャンネルから現れたのは、陽気でファンキーな「今どきの」幽霊でした。
場の緊張は一瞬でほぐれ、それに呼応してダブステップからエレクトロブレイクスへと曲調も早変わり。
ボーカルやらスクラッチ音やらが豪華に乱舞して、頭も身体もたちまち瞬間沸騰するような賑やかさです。
このノリに誘われたのか、ゴースト・チャンネル内で傍観していた幽霊たちも続々とフロアに駆けつけます。
以降、お化けが出てきそうに不穏なダブステップと、お化けも踊り出すエレクトロの2種のパートが交互に流れ、
恐怖/熱狂という対立する二要素を遠近法的に使い分けながら、メリハリのある展開を生み出していきます。

後半になってテンションが臨界点に達してくると、クールなダブステップベースもすっかり熱を帯びてきて、
アゲアゲなエレクトロサウンドで攻めて攻めて攻めまくる!そんなオフェンス精神が前面に出てきます。
数々の音ネタが繰り広げられる様子は、まるでポルターガイストで部屋中の家具が飛び回っているかのよう。
きっと幽霊は足がなくてステップを踏めない分、ポルターガイストで自身の興奮を表現しているのでしょう。
もはや宙を舞う物体たちも超常現象ではなく、あたかも感情を持って踊り出しているようにすら思えてきます。

曲はそのまま怒濤のクライマックスへ。最後にダメ押しのごとくメインフレーズが披露されると、
朝の訪れとともに幽霊たちが一斉にゴースト・チャンネルに戻っていき、一夜限りの宴はおひらきとなります。
他作品と同じ2分程度の作品ながら、プレイ時の熱中度・クリア後の満足感は並ぶものがないほどで、
21世紀を謳歌する"IT革命を果たした"ゴーストたちのエネルギーを、まざまざと見せつけられた気分です。


この作品は楽曲面での良さもさることながら、忘れてはならないのが譜面の面白さでしょう。
縦連打・ソフラン・ロングノート・疑似バックスピン・連皿など、一通りのギミックは網羅していて
バリエーション豊かで飽きさせず、難しいながらも繰り返しプレイしたくなる中毒性に満ちています。
「遊び心あるトリック譜面の名手」といえば、Yamajetさんやsasakure.UKさんらの名が思い浮かびますが、
彼らの系譜を継ぐ者として、cybermisoさんは2010年代の譜面分野の先導者になってくれそうな予感がします。


なお、本作の追加譜面・追加BGAが目下制作中であるとのことで(完成予定日は過ぎてますが)、
発表後には、再びBMS界に鯖味噌ブームが到来するのはほぼ確実と思われます。
掛け値なしに素晴らしいBMSですので、幽霊に化かされたと思ってぜひ一度遊んでみてください。

プレイしないこだれだ?もったいないお化けがでるぞ。

Ghost_nenaiko

 
 
 
 
 

DL : "第七回自称無名BMS作家が物申す!"会場より
http://manbow.nothing.sh/event/event.cgi?action=More_def&num=50&event=63
 
 
 
-------------------------



各所で上半期BMSの10選が活発に行われてますね。私も次回更新で書く予定です。
何人かの方からネタフリされてるようなのですが、今年も私がまとめちゃって良いのでしょうか?
「俺に任せろ!」という人がもしいらっしゃるのなら、その方に丸投げしますので挙手してください。
誰も何も反応がなければ私がやります…。

ちなみに去年書いた2009年上半期ベスト10の記事はこちらです。今読むと非常に恥ずかしい。

|

« “plugout4 FINAL-PHASE 第1弾” 公開 | トップページ | 2009年下半期マイベストBMS10選 »

bms」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。いつも楽しく拝見させて頂いてます!この度は拙BMS取り上げてくださりありがとうございます!
なんかいろいろもうなんか恐縮すぎてキュンキュンしてます。そして最後の絵が(笑)
BGAと譜面、予定より超大幅に遅れて申し訳ありませんが、頑張って製作中ですのでお待ち下されば…と思います!
(ただBGA製作は全く初めてなので手探りですが…)

あと無名戦のとき言おうと思って言い忘れていたのですが、これからcybermiso名義にマイナーチェンジして活動しようと思うので、これから名前が出るときもし宜しければこちらの名義で取り扱っていただけると嬉しいです!
(sabamisoって名前の人が予想外に多くネット上にいたため 読み方はそのままさばみそです)

あと遅くなりましたが一周年、おめでとうございます!

投稿: cybermiso/さばみそ | 2010/07/10 12:07

きゃー、わざわざご丁寧にすみません。
稀に見るスーパーBMSだったので私のほうこそ楽しんで書かせていただきました。

BGAとか何とか圧力かけまくってるのは毎度のことながら申し訳ない気持ちでいっぱいですが、
カオスのインドの映像を見るに、さばみそさんは画の取り合わせのセンスが抜群なので期待せざるを得ません…。
「6月というのは旧暦のつもりだったんだ」とか言い張れば予定超過なんて全然オッケーですし、
ゆっくりでも構わないので、投げ出さずに制作を進めてもらえれば…と思います。

名義の件は了解いたしました。実は私もどっちで書くべきか扱いに困ってたので助かります。
曖昧な情報を流布しないよう、無名戦開催以降の記事は全てcybermiso表記に修正・統一しました。

コメントありがとうございました!さばみそさんの今後の活躍を楽しみにしています!

投稿: s_miho | 2010/07/11 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/35511320

この記事へのトラックバック一覧です: eccentric ghost channel as Poltergeist / cybermiso:

« “plugout4 FINAL-PHASE 第1弾” 公開 | トップページ | 2009年下半期マイベストBMS10選 »