« “FIVE VS SEVEN” 開催(続) | トップページ | “FIVE VS SEVEN” 回顧 »

2010/08/22

場つなぎ更新(2010/08)

更新が滞っててすみません。5vs7のインプレに苦しんでました。
ブログ放置はまずいので、リハビリがてらに8月中のBMS界の話題をいくつかピックアップ。
話題の関係上、賞味期限が短い記事になりますが、皆さまの暇つぶし程度になれば幸いです…。

-----------------------------

 
 
 

◆ FIVE VS SEVEN

5鍵対7鍵のBMSガチンコバトルイベント・FIVE VS SEVEN、本日8月22日が投票最終日となっています。

57b

今回のルールでは、
5鍵盤と7鍵盤両方を含めた合計点ランキングで、
「上位50%までの楽曲で合計点が多いチーム」が勝者となる

とのことなので、会場を見ただけではどちらが優勢か読みかねている方も多いでしょう。

私がここで中間結果をバラしても良いのですが、主催さんはオープンにすることを望んでないようなので、
その意を汲み、公開しても大丈夫そうなデータだけ皆さまにこっそりご提供します。
5鍵と7鍵のどちらが勝っているか予想用としてお役立てください。データはすべて8/21終了時のものです。
 

 ・ インプレ数
5鍵軍と7鍵軍の獲得インプレ総数の推移。要はイベントページに表示されているImpre total です。

5vs7_821_imp

途中から均衡の法則が働き始めたこともあってか、現時点ではインプレ数はほぼ互角です。
5鍵より作品数が3つだけ多い7鍵軍は、インプレ数では確実に上回っておきたいところでしょう。
最終日のインプレラッシュに期待が集まります。

 ・ 総得点
上位50%とか関係なしに、5鍵軍・7鍵軍に登録された全作品の獲得PTSの合計です。

5vs7_821_soutokuten

5鍵のほうが総得点が高い、つまり精鋭揃いであるのは間違いないようです。
これは確かに有利な要素でありますが、勝敗で肝心なのは合計点ランキングで上位50%に入ること なので、
必ずしも5鍵軍のほうがリードしていると言えないのが今イベントの面白いところです。

事実、両軍の登録作品の得点を見ていましても、
5鍵は満遍なく得点が入っていて、平均レベルが圧倒的に高いという特徴があり、
7鍵は上位と下位に大きく分かれ、上位作が莫大な得点を叩き出している傾向が見られます。
果たしてどちらが優勢であるのか、それは皆さまの勘と分析にお任せします。

ちなみに、本来の延長前のイベント終了日(8月15日)時点の結果だけこっそり暴露しますと、
その時は5鍵軍のほうが若干上回っていました。リードはインプレイヤー1~2人分くらい(アバウト)。
それを踏まえて最終結果がどうなるか、ぜひその得点動向にご注目ください。
 

なお、5vs7ではインプレは現在も絶賛募集中です。
今から全インプレは厳しいかもしれませんが、お気に入りの作品に票を投じることくらいはできるはずです。
インプレをするだけで、イベントや作品に対する思い入れはガラリと変わります。
あまり怖がったり面倒がったりせず、騙されたと思ってインプレに挑戦してみてはいかがでしょうか?

ただし、今大会は匿名インプレや文面無し投稿は出来ません とルールに書かれていますので、
投稿の際にその点だけはご注意ください。せっかく書いても無効票になったりしたら浮かばれませんから。

 
 

◆ 第7回無名戦WebAlbum

8月頭に、第7回無名戦参加者によるWebAlbum"HEAR MY SOUND!!!"公開されました

Webalbum_bn

5vs7開幕と同時にリリースされたため、あまり話題になっていない感もありますが、
BMS版のロングバージョンありアレンジありの、バラエティ豊富な楽曲群が収録されています。
収録曲は全21+3曲とかなりのボリュームです。

(Original)
1. nmk - Alicia
2. Bbangsami - Grow sproutling
3. ETIA - Takeoff 2 NIKE (for seventh mix)
4. cybermiso - eccentric ghost channel as Poltergeist
5. 49 - repetition
6. unican from A-Little Lab - atmosphere
7. Yellowcat - 神人APEEAR
8. Gatia - ww
9. kireji - 新宿二丁目と歌舞伎町
10. kk_jo - carry out faith
11. RMHN - 花びら, 3032枚目
12. daisan - Deep Marine
13. CRUNCH - DORAGON TRANS (ce mix)
14. Jukjul - CGH Piano etuden Op.22 No.2
15. Beast Synthesizer - Out of Dimension -Hollow in Distorted Extended ReMiXX-
16. Lime - Shining☆Star
17. exci - Afterglow
18. DJ Majestic Period a.k.a. 8556 - Nullity Chord A#
19. DJ.ZEST - Crazie
20. LiTaNia - blue cheer (spiritual re-edit) *
21. U.P. - Turkey (turquoise mix)

(Arrange)
1. Beast Synthesizer - Alicia -B.S. Burnin' Sword House MiXX-
2. ETIA - Turkey(EERIE CRISIS PSY REMIX)
3. nmk - 織姫 -THE SEVENTH NIGHT REMIX-

 
無名戦の登録49作のうちの21曲ということになりますが、トップ3入賞作は漏れなく収録済。
イベントの熱気をそのまま詰め込んだような中身の濃いアルバムです。

先日の上半期ベストBMSでトップに輝いた “eccentric ghost channel as Poltergeist” などは
何気にロングバージョンになっており、BMS版にないフレーズも入ってたりするので超お得です。
まさに「ここでしか聴けない」プレミアム感あふれるウェブアルバムです。

5vs7もまもなく終了で区切りの良いことですし、ここで改めて本作に耳を傾けてはいかがでしょう。
いつまでアップローダに残っているかわかりませんので、ダウンロードはお早めにどうぞ。

 
 

◆ BOF2010 

BMS史上最大規模のイベント・BOF2010のチーム登録受付が今月末で終了となります。

Banner

登録期間は9月17日から、評価期間は9月25日からということで、
実質もう一ヶ月を切っているわけです。作者さんは順調に制作が進んでいるでしょうか。

本記事執筆時点で登録チーム数は115チーム、総計345作品。
チーム登録ラッシュは既に去った感もありますが、それにしても恐ろしい数に膨れあがっています。
一体どんな巨大イベントになるのか、もはや想像が付きません…。
 

さて、8月中に出現した有力チームと言えば、まずはSTRが挙げられます。

117teambanner

メンバーリスト : sweez(BMS), tigerlily(BMS), roop(BMS)
言わずと知れた、BMS界を牛耳る精鋭集団です。
BOF2008では中央値優勝(スコアでは3位)でしたが、今回は初の完全優勝なるでしょうか?
 

もう一つ大きなサプライズとして、溥儀軍人与作原子の力という怪物チームの登録がありました。
(なんかチームIDが設定されてないようなので、下のバナーからはチームページに飛べません)

Teambanner

メンバーリスト : 愛新覚羅溥儀(BMS) Atomic Sphere(BMS/映像) 与作(体が資本) 原子の力(映像)
BMS界とその周辺で一時代を築いた重鎮だらけ。
このメンバーたちで起業できるんじゃないか!?というくらいの重厚な威圧感を感じます。

 

これらのチームがどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょう?期待は高まるばかりですね。
BOF2010の決戦の幕開けは、刻一刻と近づいています…。
 

 
------------------------------



ということで久々の更新でした。8月23日以降に閲覧された方には申し訳ない内容でごめんなさい。
次回更新はたぶん5vs7回顧になります。それなりに間隔が空いてしまうかもしれません。
インプレをちまちま数える都合もありますので、どうかご理解を…。

|

« “FIVE VS SEVEN” 開催(続) | トップページ | “FIVE VS SEVEN” 回顧 »

misc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/36294523

この記事へのトラックバック一覧です: 場つなぎ更新(2010/08):

» 異常なかわいさの偽娘がブーム [このかわいさは異常!偽娘!]
ブームの偽娘とは?知らないとマジで損かも!! [続きを読む]

受信: 2010/08/25 03:14

« “FIVE VS SEVEN” 開催(続) | トップページ | “FIVE VS SEVEN” 回顧 »