« “FIVE VS SEVEN” 展望 | トップページ | “FIVE VS SEVEN” 開催(続) »

2010/08/02

“FIVE VS SEVEN” 開催

5鍵対7鍵BMSガチンコバトルイベント "FIVE VS SEVEN"

57b

登録 : 8月01日(日)~8月04日(水)
評価 : 8月05日(木)~8月15日(日)
主催 : ルゼ(主催・監督) scytheleg(サポート・雑用係)

-----------------------------

 
 
 

BMS界の天下分け目の決戦イベント、"FIVE VS SEVEN" の登録期間が始まりました。

5vs7title

初日からすでに30作品を越える登録に恵まれ、非常に好調な滑り出しとなりました
有名作家の参戦も相次ぎ、ハイレベルのイベントとなりそうな予感が早くも漂っています。

さて、初日終了時点での両軍の登録数は、5鍵:7鍵 = 10:22 となり、
7鍵軍がいきなり圧倒的な数の暴力を見せつけ、5鍵軍を一方的にリンチする展開となりました。
「7鍵は兵力優位」なのは前回触れた通りではありますが、容赦なくむごい現実が進行しつつあります…。
(一時はもっと悲惨な状況だったので、見方によっては5鍵が盛り返してきたような感じもありますが…)

今大会では、5鍵軍と7鍵軍の「上位50%までに入った作品の得点合計」を競うのは周知の通りです。
仮にこの兵力差(1対2)のままだったとすると、最終戦力で5鍵と7鍵が対等になるためには、
「5鍵軍の3/4が上位50%に入る」or「7鍵軍の4割弱が上位50%に入る」ことが必要で、
ベテランが多い5鍵軍の実力を考慮に入れても、やや厳しい展開となりそうな感じです。
ちなみに、兵力差が1対3に広がると、「5鍵軍の全作品が上位50%に入る」ことでやっと対等になります。つまり敗北必至です。
兵力差が1対1.5まで縮まると「5鍵軍の6割程度が上位50%に入る」ことで対等になるので、だいぶ現実味が出てきます。

本来なら、登録締切後に全作品を眺めながら情勢分析記事を書こうと考えていたのですが、
こういう事態になってしまったので、予定を前倒しして初日分の5vs7特集記事を掲載します。
拙記事によって、両軍とも改めて奮起してもらえるようなら幸いです。
 
 

◆ フライング登録?

DEEをチェックしてた人ならご存じかと思いますが、
鎌足さんが寝ぼけて(?)、主催権限で突然フライング登録を行うという暴挙に打って出ました(笑
Regist Timeにしっかりと証拠が残されています、こらー受付開始前だぞっ!)
これを見て大慌てのルゼさんが、負けてられるかと追随フライング登録に出たことで、
「リーダーは一番上」という感じに仕立て上げ、ひとまずは結果オーライみたいになったものの、
「登録No.1」は常に狙っている人も多い特等席ですから、それを主催権限で奪ってしまうのはアレですね。
問題にするほど大したことではないですけど、以後は公平にやりましょうということで記しておきます。

前回、『7鍵が負けたらルゼさんはXBOX没収』と書いたところ、
「5鍵敗北時には鎌足さんにもペナルティを与えましょう!」という鬼のような拍手コメが2通ほど寄せられたので(笑、
お言葉に甘えさせていただいて、鎌足さんに対しても敗戦懲罰を無断で設定しようかと思います
ひどい。
そもそも鎌足さんがフライングをしたのは、実生活でキャッキャウフフと女遊びに溺れて気が緩みまくっているせいです(mihoclap調べ)。
そこで気合いを入れ直すため、
5鍵が負けたらカノジョであるリンコと別れてもらい、ストイックな生活を取り戻してもらうことにします。
リンコの処遇についてはご心配なく、私がDSごと引き取って養女として大切に育てます。なので安心してくださいね鎌足さん。
ということでどうでしょう?>拍手の方々  

 
 

◆ 両軍の紹介

登録初日終了時点での、5鍵軍・7鍵軍の状況分析を行います。
ついでに両軍のリーダーと、最初にBMSを登録した特攻隊長の作品を簡単にご紹介します。

 ● 5鍵軍

・ 情勢

初日の登録では、全32作品中10作品とかなり劣勢の5鍵軍。
多少の数的不利は想定の範囲内でしたが、正直言ってやや厳しい船出となりました。
FALLさんやヨキココロクルーなど、5・7鍵の中立的な作家を引き込めたのは吉報ではあるものの、
彼らがどれだけ孤軍奮闘しようとも、今のままの兵力差では苦戦は免れようがなく、
イベント終了日の8月15日が、5鍵の終戦記念日となってしまう可能性は決して低くありません。

「負けているときこそ監督が動く」のはあらゆる競技に通じることで、
イベントを盛り上げるめにも、リーダー鎌足さんはここで万策を尽くして勢力回復する必要があります。

現状取り得る方針としては、

  1. 今から必死に勧誘(積極策)
  2. 初日の惨状で風向きが変わることに期待(消極策)
  3. morigaさんが大量登録してくれることをひたすら祈る(神頼み策)

くらいしかありませんが、できる限りのことは極力やりたいところ。
(「チーム内インプレは不可」というルールを利用して少数精鋭で挑むという下策も考えられますが、それは美しくないので却下です)
ここから逆転してBMS史に残るドラマを作れるか、屈強な5鍵勢力の底力が問われてきます。

・ 主な作品紹介

登録No.1  [Funky Hop] wakefulness / scytheleg

5vs7_5_kamatari

5鍵軍の総大将が「これぞ5鍵」と満を持して選んだ題材はヒップホップ。しかもファンキー!
思えば本家5鍵の最初の1曲目もヒップホップなので、まさに原点回帰といえる作品でしょう。
ラップやフルート、スクラッチや複音オブジェなどで、昔ながらの「5鍵らしさ」に浸ってください。
 

登録No.6  [TECHNO POP] FUTURE DRAWING / FALL feat. yufu_sekka

5vs7_5_horu

5鍵軍の切り込み隊長は、既にBMSイベント3勝をあげている大御所FALLさんが颯爽と登場。
鎌足さんとは対照的に、こちらは過去の栄光を掘り返さず「新しい5鍵」の発展を目指した未来志向の作品。
前作“Still Alive In Love”に続き、ボーカルには雪歌ユフを起用。韻を踏んだ歌詞は芸があるので必聴です。
 

 ● 7鍵軍

・ 情勢

初日の登録では、全32作品中22作品と圧倒的優勢の7鍵軍。
「兵力で優位に立つ」ことが基本戦略なので、今のところは理想的な展開といえるでしょう。
今後5鍵軍が復調することも予想されるため、それに対応することが次の戦略目標となります。

幸先よく5鍵軍を追い込んだわけですが、これは開戦前夜での2つの謀略が成功したのが大きいです。

  1. 7鍵作家の5鍵軍への流出阻止
  2. 5鍵軍の有力作家の引き抜き

1.については、『イベントが始まるとみんな5鍵に行くだろ』という流言を拡散することで、
へそ曲がりな7鍵作家が5鍵に行くのを防止し、陣営の引き締めを図るのに絶大な効果を発揮しました。
2.については、5鍵軍エース格のtigerlilyさんが7鍵側に寝返る大事件が発生。私も心底驚きました。
BGAを餌にmurotaniさんが暗躍したのかは知りませんが、敵のエースを引き抜いた影響は計り知れず、
5鍵軍は間違いなく動揺していますし、士気も大幅に低下していることでしょう。
関ヶ原では小早川氏の裏切り、東西冷戦では中国のロシアとの決別がターニングポイントとなったように、
有力者の離反は戦況を一変させる力があります。今大戦での命運を左右する出来事になるかもしれません。

・ 主な作品紹介

登録No.2  [WALLOP] WAKEFULNESS / ルゼ

5vs7_7_luze

7鍵軍の総大将として、ルゼさんは鎌足さんと同じタイトルで勝負!対決姿勢を鮮明にしました。
曲名は一緒でも内容は別物、声ネタやらシンセやらが暴れ回る様子は7鍵ならではの賑やかさ。
ちなみにアナザー譜面では公式サイトにあった「極端な7鍵盤譜面」を収録。小ネタも絶好調です。
 

登録No.3  [Uplifting Trance] Central Gray (Ym1024 Remix) / Ym1024

5vs7_7_ym1024

7鍵軍の先鋒はYm1024さん。フライング登録の両主催を除くとイベント一番乗り達成です。
P.E.さんのwebalbumに応募した“Central GRAY”リミで、原曲とは異なる綺麗なサウンドを聴かせてくれます。
Ymさんの弱点はBGAでしたが、なんと今回フリー素材を駆使して初制作。7鍵勝利への熱い想いを感じます。
 


◆ 参戦のススメ

のっけから極端な戦況になりつつある5vs7。
「格差是正したい」「セーフティーリードを付けたい」など、皆さま思うところは色々あることでしょう。
幸いにして、登録締切(8/4 23:59)まではまだ時間的余裕があるため、
曲のストックや構想さえあれば、今から制作を始めても間に合います(ちょうど夏休みですしね)。
音切りに1日、譜面とBGAに1日、readmeに1日でちょうど3日。作れと言わんばかりのナイス日程です。
しかも、登録後のアーカイブ改編可 というルールがあるので、最低限、曲と譜面さえ完成していれば良く、
BGAは後から追加公開するなどできるため、普段のイベントよりずっと安心して制作できるはずです。
しかも最終結果で運良く「上位50%」に入賞できれば、チームメイト全員から感謝されるというオマケ付き。
これほどの好条件、今からBMSを制作しないわけにはいかないでしょう。

5鍵軍は劣勢なので、参加すれば陣営内で厚遇されるのは目に見えています。
弱小勢力を勝利に導くこそ男!と意気に感じる作家さんは、ぜひ今から5鍵魂を発揮して、
「新たなる5鍵英雄」「5鍵の救世主」という称号を得られるよう、全力で頑張ってみてはいかがでしょうか。
もし兵力差を跳ね返して勝てたなら、これ以上ないほどに気持ちよい勝利感を味わえるはずです。

7鍵軍に今から参戦すると、弱いものイジメをするようで良心が痛むかもしれませんが、
とどめを刺すまで油断しないのが真の強者です。変な同情などせず、全力で勝負に徹してください。
それに、優勢な7鍵に味方すれば、労せずして戦勝国の仲間入りができる可能性が高いので、
利害が読めるクレバーな作家さんは、7鍵軍に属して戦後の発言力向上を狙うのも良いでしょう。

ただ、原則としては、「いつも作っている譜面」で出るほうが健全で美しいと私は思います。
BMS量産力のあるmorigaさんや、1イベント8作品登録経験のあるyujurieさんなど、BMS界にくせ者は多く、
登録締切を迎えるまで、この戦力差がどうなるかは誰にも予想が付きません。
5鍵に同情して味方したはずが、気づけば5鍵のほうが多くなってた」なんてことも起きかねないので、
様々な事態を想定した上で、後悔のない選択を行うようにしてください。

 

登録締切は8月4日、インプレ開始は翌5日からとなります。
全ての作品が出揃ったら、また改めて記事を書くつもりでいるので、
インプレの注意喚起などの詳しいことはその時に記載するようにします。

とりあえず今日は「今からでも制作頑張って!」と作者さんたちに全力でエールを送ります。
皆さまの5鍵愛・7鍵愛にあふれるBMSのご登録を心よりお待ちしています。

 
 


5鍵対7鍵BMSガチンコバトルイベント「FIVE VS SEVEN」
http://scytheleg.bms.ms/tempyou/event/5vs7/
会場
http://manbow.nothing.sh/event/event.cgi?action=List_def&event=64


---------------------------



前回の記事の参加表明欄で、nobさんのお名前をsgayaさんと誤って表記してしまいました。
sgaya”はpupulyに登録した作品名です。いつもスガヤと読んでるので人名と混同してしまったようです。
お詫びして訂正申し上げます。m(_ _)m
なお、nobさんは5鍵軍に“shooooooooooooooot”で絶賛参戦中です。ぜひご注目ください。

|

« “FIVE VS SEVEN” 展望 | トップページ | “FIVE VS SEVEN” 開催(続) »

event」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/35987689

この記事へのトラックバック一覧です: “FIVE VS SEVEN” 開催:

« “FIVE VS SEVEN” 展望 | トップページ | “FIVE VS SEVEN” 開催(続) »