« BOF2010チーム分析(番外編4) | トップページ | “BOF2010” 開催 »

2010/09/24

“BOF2010” 展望(後編)

チームを組み、作品3つを提出して競うイベント "BOF2010"

Bof2010_bn

THE BMS OF FIGHTERS 2010  - The Evolution of War -

登録 : 9月17日(金)~9月24日(金)
評価 : 9月25日(土)~10月30日(土)  
主催 : BOF2010実行委員会

※ 一斉公開時間の延長を検討中とのことです。登録期間は変わらないようです。

-----------------------------

 
 
 

待ちに待った"BOF2010"、ついに明日から公開・評価開始となります。
最大300作品以上の登録が見込まれるなか、会場にはいまだ130作品程度しか姿を見せていませんが、
怒濤の登録ラッシュはまもなく訪れるでしょう。なるべく辞退が少なくなることを願っています。

さて、この“BOF2010展望(後編)”では、もう大会開幕間近ということで、
各種直前情報や優勝者予想など、イベントを楽しむための小ネタを中心にお届けします。
BOFが開戦するまでの暇つぶし程度に読んで頂ければ幸いです。
 
 

 

◆ BOF2010最終情勢(チーム部門)

これまでmihoclapでは61チームを紹介(個別枠30、番外枠31)してきましたが、
それらを考慮した上で、今年のBOFのチーム部門の最終見解を述べてみます。

 ・ mihoclapチーム分析まとめ

今まで連載してきたチーム分析での能力値一覧です。
図のグラフの赤色のところが最も可能性が高く、オレンジ色のところまで変動の可能性があるという意です。

All_meter

[Irregular Amethyst(仮)] [7:3.14 Dancer] [STR] が3強を形成していて、
[下田商店] [カオス理論] [ヨキココロクルー] [Lyrical Signal] あたりが追う展開、という分析です。
ただし、[大人数チーム] [TEAM BOKKEN] のように能力値不明の強豪もありますし、
突然BOFで大ブレイクする作家の出現などによっては、まだまだどうなるかはわかりません。
 

 ・ mihoclap読者の注目チーム

30回+番外4回の「BOF2010チーム分析」記事のうち、
アクセス数が多かったところを(上位だけ)ランキングで発表します。
早めに記事が公開されたチームが有利そうですが、予想外の思わぬ結果に。

1位 BOF2010チーム分析(番外編1)
2位 BOF2010チーム分析(5) [カオス理論]
3位 BOF2010チーム分析(8) [大人数チーム]
4位 BOF2010チーム分析(3) [STR]
5位 BOF2010チーム分析(4) [下田商店]

1位は(番外編1)。[TEAM BOKKEN][TEAM-PAPERBOY] など偽名チームを特集した回でした。
偽名作家に強豪が紛れ込むのは毎度のことですが、今年は特に偽名が熱いのかもしれませんね。
2位は [カオス理論]。単独紹介記事ではトップです。会場の位置(上から4番目)も良いし、期待できそうです。
3位にはチートと名高い [大人数チーム]、以下 [STR] [下田商店] と続いています。
ちなみに、[7:3.14 Dancer] は7位、[Irregular Amethyst(仮)] は10位となっていました。
 

 ・ 公式ページ参照回数ランキング

チーム個別ページにある「参照回数」の多いチームを調査しました。
新たに情報を更新したチームが上に表示されるというリストの仕様上、
頻繁にメンバーや各情報を更新したチームが回数上位にランクインする傾向が見られますが、
どの程度プレイヤーから注目されていたかの一つの指標としてご覧ください。
調査は9月23日の夜頃に行いました。

Bof2010_sansyourank

全ランキングはこちら

1位は [Lyrical Signal] が圧勝でした。
それほど多くチーム情報を更新しているわけではないのですが、参照数では他をひとまわり突き放していて、
今年の注目度の高さ・期待度の大きさが窺える結果となりました。
2位は色々と話題を振りまいている [TEAM BOKKEN]
やっぱりみんな何気に気になっているようで、偽名チームながらその存在感はピカイチです。
3位には名門 [あわよくばリア充] が入賞。相変わらず人気抜群です。ちなみに去年のこの部門でも3位でした。
それ以下で面白いのは、4位のはてな軍団 [音ゲー以外の趣味] や、7位の [team : Colorful Channel]
詳細ページが日記帳状態の8位 [Team ZUMMER]、コメント欄がアレな9位 [あああ あ(略]
それに14位の [Team Synth1] あたりも大会の伏兵として見せ場を作ってくれそうです。
ちなみに参照数平均は725回でした。
 

 ・ チーム部門まとめ

今年は昨年の [Black Jacks] のような超チートチームは見当たりません。
しかしその分、[Irregular Amethyst(仮)] [7:3.14 Dancer] [STR] など強豪の層が厚いため、
どのチームが勝つか予想しづらく、イベントとしては非常に見応えのあるものになりそうです。
優勝争い以外にも、常連の [Maple brit'S] [あわよくばリア充] [temptempStr] や、
復活リバイバルチームの [菊田研究所] [作る!造る!創る!僕らの秘密基地] も注目ですし、
はたまた [ヨキココロクルー] のように直前のイベントで話題を振りまいてくれたチームもあれば、
[TEAM BOKKEN] のように、偽名ながら情報発信戦略に努めている好チームもあります。
BOFの注目チームは人それぞれ、楽しみ方は無限大です。ぜひ皆さまの思い思いにBOFを満喫してください。

 
 

◆ BOF2010最終情勢(個人部門)

BOF2010には素晴らしいメンバーが揃いました。
過去の優勝経験者であるNankumoさん(09年、07年)、SHIKIさん(08年)、tarolaboさん(06年)の3人をはじめ
今年のイベント覇者(xiさん、cybermisoさん、xenothiumさん、Grand Thawさん)は全員出場、
また、-45さんやsyattenさんのような復活組、溥儀さんや軍人さんのような大重鎮、
SoundHolicKさんやS.inさんら韓国の英雄、木刀とか新聞配達とかの強そうな偽名組など、
非常にバラエティに富んだ豪華メンバーが一堂に会することになります。

これから始まる激戦を勝ち抜いて今年の頂点に立つのは誰なのでしょう。
過去のBOFの傾向やジンクスなどからmihoclap式に優勝者を占ってみます。

 (1) 偽名・変名義の優勝者はなし

BOFの優勝者はすべて本名義。偽名・変名義の作家は準優勝止まりです。
偽名では、“Bird Sprite -D.K.R. mix-” が05年の準優勝、
変名義では、06年の“VIP~飛べない俺はただのクマー~” 08年の“AVALON”が準優勝しましたが、
BOFを勝ち抜くためには、やはり本名義のネームバリューを駆使しないと難しいようです。

 (2) イベントでの優勝経験必須

過去のBOFスコア王者は、いずれもそれまでに何らかのタイトル獲得経験があります。
04年AKITOさん(B.J.cup 5th stage優勝)、05年sasakure.UKさん(Be Happy!優勝)、
06年tarolaboさん(東方音弾遊戯優勝)、07/09年knot/Nankumoさん(dark music BMS Event優勝)、
08年のSHIKIさんはちょっと異質ですが、club Stubborn THE FINALの映像部門を優勝しています。
BOFという最大のイベントを制するには、中小イベントの一つや二つは制していて当然なのかもしれません。
(1)(2)の条件でふるいにかけると、357人→以下の24人にまで優勝候補者が絞られます。

atomic sphere BACO celas copyyyy cybermiso DOT96 Est Grand Thaw 
HOUJIROU morigasigeru Nankumo O-SE roop SHIKI S.in SWEEZ
syatten tarolabo xarva xenothium xi Yamajet ルゼ 削除

 (3) 最終日までに登録した作家が優勢

BMSイベントでは、たいてい登録最終日に登録ラッシュが訪れ、半数以上の作品が最終日登録となります。
しかし大イベントにおいては、ギリギリに登録した作家よりも、余裕をもって登録した作家が圧倒的優勢です。
BOFが発足した04年以降、登録数50以上の大型イベントは10回ありましたが、
そのうち最終日登録で優勝したのはBOF2006の“路上のギリジン-Shou+rt Mix-”だけでした。
計画的に自己管理できる人はやはり強い、ということなのでしょう。

celas copyyyy DOT96 HOUJIROU morigasigeru 
Nankumo tarolabo xarva xenothium 削除

(3)でふるいをかけると、以上の10人が有資格者として残ります。

 (4) チームリーダーは不振

だんだん条件が苦しくなってきましたが(汗、
08年SHIKIさんのような1人チームの場合を除き、チームリーダーの優勝者は出ていません。
雑務に気を取られず、作品制作に没頭できる作家が強いということでしょうか。

DOT96 HOUJIROU Nankumo tarolabo xarva xenothium

以上6人、これ以上は絞り込めませんでしたが、この中から今年の優勝者が出ると予言します。
6人中、[7:3.14 Dancer] と [カオス理論] から2人ずつ。強者が集中していてなんだか不気味です。
なお、予言が外れても一切責任を負いませんので、JAROなどに通報するのは絶対に控えましょう。

 
 
 

◆ 参加予定者の方へ

冒頭でも書きましたが、登録期間は9月24日(金)締切です。金曜締切です。
普段のイベント(日曜締切)とは日程が異なりますので、勘違いしないようにしてください。

さて、現在会場には下のような警告文が掲載されています。

Bof2010_keikoku

わざわざこんなことを掲載しなくてはならないなんて残念な限りですが、
先日の"5vs7"で一騒動あったことで、今年は例年以上に先行登録には厳しい対応が取られるはずです。

ルールには、楽曲登録後のデータ修正が原則として可能 とあるので、100%完成させなくても登録は可能です。
が、一方では、演奏不可(キー音無しBMS)は発覚次第即時失格 とも規定されています。
つまり、最低限、『作曲+音切り+譜面』は必須条件と言えます。
間に合わないから一本wavでオブジェなし譜面だけ…なんてのは即失格です。ご注意ください。

また、公開当日は、ダウンロードが集中してサーバーが落ちたりする危険も高いです。
それでダウンロードできずに「こいつ先行公開してるぞ!」などと濡れ衣をかけられたら不本意でしょうから、
初日だけでも良いので、適当なアップローダーへのミラーを用意することを強くお勧めします。
プレイヤー側もありがたいし、作者側も安全です。互いの利益なので余力がある方はぜひ。


それからもう一点、LR2開発者のlavalseさんがtwitterで以下のようなつぶやきをしています。

今週~来週中に、zipから解凍不要で直接再生可能なbmsプレイヤーを出します。
可能であれば、bof曲の圧縮はrarではなくzipにして頂けると嬉しいです。

ということなので、協力しても良いという方は、zip形式での配布をお願いします。
解凍不要とは夢がありますね!BMSの長年の煩わしさの一つが間もなく解決されるのかもしれません。

 
 

◆ インプレのススメ

作品数だけ増えても、インプレが増えないことにはイベントは盛り上がりません。
ここまで読んで頂けるような熱狂的BMSファンの方には、ぜひインプレにお力添えをお願いしたく思います。

 ・ インプレの価値

昨年も書きましたが、BMS界はこれだけ小さいコミュニティであるため
1インプレの価値は絶大で、1票差で優勝が決まったなんて例は枚挙に暇がないほどです。
その一番典型的な例は、一昨年の"BOF2008"でしょう。(1インプレの持ち点100pts)

Bof2010_impbof2008

優勝争い、6位争いが熾烈で、いずれもインプレ1票でひっくり返る大激戦になりました。
インプレ総計4000以上を集める巨大イベントにおいても、たった1票はこれほど価値のあるものなのです。
同じような例は、今年も"EXTREMEBEAT"で見られました。

Bof2010_impexbeat

点数形式が特殊なのでわかりにくいですが、これも1インプレで逆転が起こる点差でした。

莫大な価値があるインプレを行使せず、ただイベントを眺めているだけというのは非常に勿体ないです。
「音楽知識がなくて…」なんて方もご心配なく。BOFなら大量のインプレに紛れてこっそり投票できるはずです。
素晴らしい作品を作ってくれた作者さんへのお礼として、BOFをリアルタイムで体験した記念として、
ぜひ今年は1票でもインプレに励んでみてください。
 

 ・ ベストインプレイヤー賞

mihoclapではインプレ奨励運動の一環として、ベストインプレイヤー賞というのを集計しています。
毎年「最も多くインプレした人物を表彰する」ことで、少しでもモチベーションを保ってもらおうという趣旨です。
ちなみに昨年はこちらの記事のように、Ym1024さんがベストインプレイヤー賞に輝いています。

もちろん今年もこっそり集計していまして、BOF直前の中間発表として、
上半期終了時点でのイベントでのインプレ数ランキングを掲載してみます(黄塗りは全インプレ)。

Bof2010_imprerank_kami

上半期1位のMoaiさんは、理論値194インプレのうち193インプレを達成で、インプレ率は驚異の99.5%。
以下、TrioStaRさんとSymphonianさんが差がなく続き、12位のcybermisoさんまでが100オーバーです。
来たるBOFは約300インプレの大票田。たとえ現時点で0インプレでも、巻き返しはいくらでも可能です。

ちなみに、昨年のベストインプレイヤーYm1024さんは、上半期終了時点で暫定8位に苦戦中。
もし、万が一にも前年の優勝者がベスト10から漏れるようなことがあったら、それは一大事なわけでして、
『twitterのアイコンをトラッキーからジャビットに強制変更の刑』くらいは受けねばならないでしょう。

Ym_twitter_oldbnYm_twitter_newbn

新しいアイコンも用意しておきましたので、ベスト10陥落の際にはぜひお使いください。
刑期は半年間です。異論は認めません。Ymさんのこれからの奮闘を楽しみにしております。
 

   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 
 

史上最大のBMSイベント・BOF2010開幕まで残り24時間を切りました。
今年はどんな名作が生まれるか、どんなドラマが誕生するか、興味が尽きることはありません。
素晴らしいイベントに立ち会える幸運に感謝し、BMS史が生まれ変わる瞬間の証人としてBOFを楽しみましょう。
 
 
 
 
THE BMS OF FIGHTERS 2010  - The Evolution of War -
http://www.bmsoffighters.net/bof2010/index.html (公式ページ)
http://manbow.nothing.sh/event/event.cgi?action=List_def&event=65 (会場)

 
 
----------------------------- 

 

一日で構想・執筆をするには重い記事だったので、ミス・誤字・事実誤認などがあったらごめんなさい。
日刊みほくらっぷはこれにて廃刊します。1ヶ月間のご愛顧ありがとうございました。
頂いたコメントは(だいぶ溜めてしまいましたが)明日返信いたします。今日はもう倒れ込みます…ばたり。

|

« BOF2010チーム分析(番外編4) | トップページ | “BOF2010” 開催 »

bof」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/36880165

この記事へのトラックバック一覧です: “BOF2010” 展望(後編):

« BOF2010チーム分析(番外編4) | トップページ | “BOF2010” 開催 »