« BOF2010チーム分析(番外編1) | トップページ | BOF2010チーム分析(12) [DISCO HIGHBALL] »

2010/09/11

BOF2010チーム分析(11) [シロキ屋再び -闇鍋始めました-]

Sirokiya_bn

[シロキ屋再び -闇鍋始めました-]

Loki-mitsu,  Mentalstock
siromaru,  iimo
kokoro,  おらじぇ,  Yu

-----------------------------

 
 
 

Sirokiya__2

◆ チーム概要

シロマルさんとロキミツさんが営む居酒屋・シロキ屋。(白木屋の㈱モンテローザとは一切関係ありません)
BOF2005で大繁盛した名物店が、熱い要望に応え、今年のBOFで再び開店する運びとなりました。
メンバーは店長Loki-mitsuさんにマスコットのsiromaruさん、そして新入社員のkokoroさんという顔ぶれで、
闇鍋というこの秋の新メニューをひっさげて、BMS界No.1シェア居酒屋の座を目指します。
全国展開の夢に向け、破ったチームは問答無用で傘下に組み込みます。そのブラック企業ぶりにご注目あれ。

 
 

◆ 過去の戦歴

Sirokiya_senreki

前身となるのは05年の [シロキ屋 尾久店 -マンボウ鍋はじめました- ] です。
当時はまだLOKIさんなどはそれほど有名でもなく(たしか)、挑戦者としての性格が濃いチームでしたが、
“ゲルニカの壁”のアベレージ3位という好成績にも恵まれ、平均値部門では1桁順位を獲得しています。
LOKIさんとシロマルさんに加え、この時はマンボウさんとOguさんを招いていたものの、
マンボウ鍋として食べ尽くされてしまったせいか、今年はメンバーから外れることとなりました。南無。
 
 

◆ メンバー分析

 (1) Loki-mitsu

Sirokiya_loki

Loki-mitsuさんは旧LOKIさん。昨年末あたりに心機一転、名義を変更しています。
得意のブレイクビーツに、オーケストラや和・エスニック・恐怖要素を織り交ぜる作風は壮大さと色彩感に溢れ
自身最大のヒット作となった“ゲルニカの壁”や、BMGでVeryGoodを獲った“Solomon72”など、
独自の世界観でプレイヤーを圧倒させるような、存在感に秀でた作品で名を馳せてきました。
これまでのBOFでは偽名参加が多いですが、それを全く感じさせない安定した好成績を収めており、
06年 [ハナミズキ・シティ] でのチーム準優勝を上回るべく、看板メニューの闇鍋作りに精を出すことでしょう。
 

 (2) siromaru

Sirokiya_siromaru

BMS界に実在するリアルアイドルとしても知られるsiromaruさん。
●▼●の顔文字はあまりにも有名で、「シロマル本」なんて同人誌が出るくらいの圧倒的人気を誇ります。
そんな弄られマスコットキャラとは一転、氏の音楽スタイルはシュランツ・ハードテクノという超ガチ路線で、
脳を揺さぶる熱い轟音ビートは界隈随一、作品リリースのたびにBMSシーンを熱気で包み込みます。
代表作“Absurd Gaff”はBOF2008で第6位でしたが、実はBGAなしというハンデを乗り越えての好順位。
iimoさんのハイクオリティ映像が確約済みの今回は、当然それ以上の成績へ視界良好なことでしょう。
 

 (3) kokoro

Sirokiya_kokoro

kokoroさんはこころんさんという方のようですが、情報が少なくて詳細不明です。
が、このチームの一員になるくらいですから、中の人は結構な実力者だと思います。勘ですけど。
能力値は付けようがないですが、前メンバーのマンボウさん・Oguさんを参考に46.1(48.6~43.4)で。
 

 (4) サポートメンバー

Loki-mitsuさんのBGAを担当するMentalstockさん(旧MiRAさん)は、当代最高の映像作家の一人で、
今年も"plugout4"や、pupuly最大のヒット作となった“Silver Connection”などのBGAで大活躍をしています。
昨年のBOF2009では、BGA担当作品のスコア合計が参加者中一位で、大会のベストBGA作家に選ばれたほど。
Loki-mitsuさんとは“モノリスの園”など数作品のコラボ経験があり、コンビネーションは完璧です。

siromaruさんのBGA担当のiimo(iimode-do)さんも歴代屈指の映像作家で、
史上最大のBGAイベントとなった08年"BGA BATTLE"で優勝し、一時はBGA界を平定したほどの実力者です。
クラシック・ファンタジー・アニメ系などに強みを見せますが、迫力溢れるテクノ系の映像にも定評があります。
siromaruさんとはBOF2008後夜祭の“Absurd Gaff”でコンビを組んでおり、息のあったBGAが見られそうです。

kokoroさんのBGA担当のYuさんは情報不足でよくわかりません。
おらじぇさんことORANGENTLEさんは「主婦・46歳」担当ですが、何を考えてるのか私にはよくわかりません。

 

◆ 順位予想

(能力値)55.3+59.1+46.1=160.5 (MAX)65.1+71.1+48.6=184.8 (MIN)47.6+46.9+43.4=137.9

Sirokiya_meter

能力値的には20位前後の争い、というのが有力視されますが、
展開によってはMax値近い成績、つまりベスト10入りも大いにあるのではないかと思っています。

[シロキ屋再び -闇鍋始めました-] は、しっかりとチームメンバーを固めていて、
Loki-mitsuさん・siromaruさんの2トップを中心に、極めて高いスコアを獲得できそうなことが強みです。
特にsiromaruさんは近年の超人気作家の一人でもあり、
そのハードなサウンドは界隈でもオンリーワン。BOFの大舞台でも確実に脚光を浴びられることでしょう。
また、BGA陣の豪華さは大会屈指。泣く子も見入ってしまう美麗ムービーの達人揃いです。
ニコニコなどにプレイ動画が転載されたとき、大きな話題や反響を呼ぶ可能性は十分にあります。
リバイバルチームということで、BOF2005を知っている人は強く関心を持つチームでしょうし、
詳細不明なkokoroさん次第では、あっと驚く高順位の獲得もあり得ると思います。

エースは実績的にsiromaruさんが適任でしょう。
シュランツが得意というのは凄く輝かしい個性。チームの稼ぎ頭になってくれるはずです。

不安点はあまり見当たりません。有力BGA作家も確保でき、臨戦態勢は整っています。
ただし、本気で上位を目指すのならば、kokoroさんが戦力的に未知数すぎるのが気になるところで、
チームの隠し球として意外性ある働きができるかどうかが注目されます。
知名度のあるLoki-mitsuさん・siromaruさんが序盤戦からチームを引っ張り、
後半戦になって「kokoroすごいぞ!」という流れを起こし、2段ロケットとして加速できれば理想的。
05年のチームスコア11位・アベレージ8位という成績を上回ることもきっと可能でしょう。

 

今年はなぜかお酒関連のチームの登録が目立ち、
同じ居酒屋店名チームでライバル的存在ともいえる [下田商店] のほか、
[DISCO HIGHBALL] や [VIOLET FIZZ] など、アルコール系チームは数多いです。
まずはそれらを打ち破り、「BMS界No.1飲んだくれ泥酔千鳥足チーム」の称号を獲得できるか、
[シロキ屋再び -闇鍋始めました-] たちの巻き起こす居酒屋大戦争にもご注目下さい。

|

« BOF2010チーム分析(番外編1) | トップページ | BOF2010チーム分析(12) [DISCO HIGHBALL] »

bof」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/36626219

この記事へのトラックバック一覧です: BOF2010チーム分析(11) [シロキ屋再び -闇鍋始めました-]:

« BOF2010チーム分析(番外編1) | トップページ | BOF2010チーム分析(12) [DISCO HIGHBALL] »