« BOF2010チーム分析(15) [魔界ウォーズ(仮)] | トップページ | BOF2010チーム分析(17) [おやおや!なにかおかしい。] »

2010/09/13

BOF2010チーム分析(16) [CREATION RECORDS]

Creation_bn

[CREATION RECORDS]

celas,  44teru-k,  wa.,  かっこう。

-----------------------------

 
 
 

Creation__2

◆ チーム概要

[CREATION RECORDS] は同人BMSサークルの雄ともいえるエリート集団。
オリジナル曲や東方・アニソンなどを、トランスやハードコアで聴かせる「カッコイイ」作風をウリにします。
チームメンバーには、celasさん、44teru-kさん、wa.さんというサークルの主要人物を惜しみなく配し、
2010年代の新しいBMSのカタチをクリエイトすべく、サークルの総力を挙げてBOFに殴り込みを掛けました。
今年は [CREATION RECORDS -Zwei-] チームと同時出場。この二重奏には誰もが聴き惚れることでしょう。

 

◆ 過去の戦歴

Creation_senreki

[CREATION RECORDS] のサークル活動自体はずっと以前から続けていましたが、
BOFに初登場したのは昨年のBOF2009、[Creation] チームとしてでした。
wa.さんや44teru-kさんがあまりBMS制作に慣れていないなど、多少の不安はあったものの、
数多くのインプレを集め、チームスコアで14位、wa.さんの“モリオンの姫”は個人16位と大健闘しました。
今年も昨年と同じメンバーを擁しています。この1年でレベルアップした分、更なる高みも目指せるでしょう。

 

◆ メンバー分析

 (1) celas

Creation_celas

[CREATION RECORDS] の大黒柱・celasさんは、チーム中でもBMS作者歴の長さは抜きんでていて、
02年頃からコンスタントに活躍、09年の"BMS Battle Regulation A"で待望のイベント制覇も成し遂げました。
ハードコアやドラムンベースなど、疾走感に溢れる高速トラックで特に高い人気を得ています。
一部のスキンやボーカルなどでゴシップは尽きませんが、それでも多くの支持を受け続けるのは実力の証。
黒い噂を吹き飛ばす快作をリリースし、“アズール”を越えるヒット曲で界隈を席巻したいところでしょう。
なお、いまや毎年恒例の感もある、上杉うた名義でのソロチームは今年は見送るようです。
 

 (2) 44teru-k

Creation_44teru

44teru-kさんは世界観の素晴らしさではサークル随一。発想力豊かなアーティスト肌のコンポーザーです。
"東方音弾遊戯3"出展作“感情の摩天楼~PandoraBox”は、イベントの性格から順位は付きませんでしたが、
IRでダントツの人気を獲得し、事実上の優勝作といって過言ではないほどの支持を得ています。
昨年のBOFでは耽美的な和の世界を表現するなど、その個性と作風はサークルの中でも突出しており、
[CREATION RECORDS] に絶対欠かせないアクセント役として、今年も大車輪の活躍が期待されます。
 

 (3) wa.

Creation_wa

精鋭揃いの [CREATION RECORDS] のなかでも、ひときわ輝きを放っているのがwa.さんで、
メロディセンスや音のクオリティなど、そのDTMerとしての実力は群を抜いています。
“銀の風” “La notti bianche”といったcelasさんのヒット曲も、全てwa.さんとの合作・協力あってのものでした。
その音楽性はBOFでも大いに賞賛され、昨年の“モリオンの姫”はチームナンバー1の好成績を収めており、
BMS作者としての経験値も大幅に増した今年は、当然さらなる飛躍を期待して良いことでしょう。
 

 (4) サポートメンバー

ヴィジュアル担当のかっこう。さんは、一枚絵でのイラストを描くものと思われます。
“NO, Thank You!” “GO! GO! MANIAC” などサークルの過去BMSでも静止画を担当したように、
丁寧なキャラ系の絵を得意としており、プレイヤーに期待を持たせる上でチームに不可欠な存在です。

 
 

◆ 順位予想

(能力値)48.9+52.3+62.1=163.3 (MAX)55.3+52.3+62.1=169.7 (MIN)42.0+52.3+62.1=156.4

Creation_meter

celasさん以外のデータが少なく、あまり信憑性のある予想とは言えませんが、
昨年よりチーム数が増える分、前年順位よりやや後退して20位手前くらいという可能性が最も高そうです。

[CREATION RECORDS] はチームブランド力が素晴らしいと思います。
東方アレンジやアニソンアレンジなど、若いプレイヤーにとって魅力的な曲を多数書いていますし、
サークルが得意とする音楽スタイルも、今日のBMS界の主流といえるジャンルが中心です。
そのため相当数の固定ファンも抱えていて、巨大なBOFでも存在感が発揮できるのは確実です。
音ゲー的な「格好良さ」に関しては全チーム中でも屈指ですし、
昨年同様、着実にインプレを集めていけたなら、今年はベスト10入りだって見えてくるはずです。

エースは昨年の実績からwa.さんが最適任だと思いますが、
今年絶好調の44teru-kさん、知名度で上を行くcelasさんに任せるのも選択肢の一つでしょう。

ただし、このチームは極端な「スコア型」なのが気になるところです。
昨年はチームスコア14位、チーム中央値は倍の28位で、ここまで差が付いているのはちょっと異常です。
勿論これは原因があってのことですが、「なぜスコアで躍進できたか」の総括や分析が済んでいないようだと
まさかの大転落の危険性もあり、際どい立場に片足を踏み込んでいることは間違いありません。
自分たちの成功の要因と、不足しているものをちゃんと理解しているか、そこが浮沈の鍵となるでしょう。
 
 
 
なお冒頭でも書きましたが、CREATIONレーベルは [CREATION RECORDS] チームのほか、
[CREATION RECORDS -Zwei-] チームでもエントリーを済ませています。

Creation2_bn

[CREATION RECORDS -Zwei-]
celas(bms) 44teru-k(sound) wa.(sound) nora2r(bms) Levia(bms) exemoss(bga)
 

Zwei(ツヴァイ)はドイツ語で「2」という意味で、文字通り第2チーム的な位置づけだと思われます。
44teru-kさんとwa.さんがサポートに回るので、第1チームと比べてやや手薄といった感もありますが、
こちらの特徴としては、nora2rさんが加わっていること、そしてexemossさんのBGAがつくことに期待できます。

nora2rさんは生粋のハードコア作家で、“Awake from dream” “starlight” などで知られています。
まだブレイクには至ってませんが、めきめき力をつけている作家さんなのでぜひご注目ください。
exemossさんは主にニコニコで活動している動画師で、ボカロ方面の映像で好評を博しています。
今回はnora2rさんとコンビを組むようで、(たぶん)初BGAながら大いに楽しみな存在です。
なお、もう一人のBMS担当のLeviaさんは情報不足でよくわかりませんでした。

もし [CREATION RECORDS -Zwei-] が [CREATION RECORDS] を上回るようなことがあれば、
Creationレーベルのメンバー総入れ替えも含めた大変な事態に発展しかねません(?)。
第1チームと第2チームの内部抗争という一面も大きな見どころの一つになりそうです。乞うご期待。

|

« BOF2010チーム分析(15) [魔界ウォーズ(仮)] | トップページ | BOF2010チーム分析(17) [おやおや!なにかおかしい。] »

bof」カテゴリの記事

コメント

今年もカッコいい中二病サウンドが聴けるのかと思うと楽しみですね。


ただ、visual担当がかっこう。氏だけだとするなら
前回同様、一枚絵になっちゃう可能性も高かったり
二軍ぽい印象のtweiからexemoss氏引っ張って
戦力を惜しみ無く一軍(?)に投入した方が良いんじゃねえの?
とか思ったりはするんですが。
まあ弱点克服して、自炊美麗BGAで、しかもインパクトや個性のある作品を出してくれることを、いちプレイヤとして願ってやみません。


ここからちょっと殺伐とした話になるんですが
DJMAXのスキンでしたっけ?とか物故音源やら物故アニメとか本気でやめて欲しいですよね。
やるなら本家オマージュとか自炊アニソンアレンジまでにしてもらいたい。

なんかステマニやらDTXやらニコニコ動画界隈のような幼稚な物故無法地帯に
bms界隈もなっていくようで、結構不快だと思いませんか?
自分が気持ち良ければ他はどうなろうが構わないのかよっていう。
特定のインプレの返信もなんか無礼な感じが…


とまあ記事お疲れ様です。
それにしてもバイタリティー凄いですよねs_mihoさんって。

投稿: たかし | 2010/09/14 16:31

ああっごめんなさい、記事本文が言葉足らずだったかもしれないです。
一軍(?)はサークル所属者、二軍(?)はcelasさん+外部者公募という棲み分けになっていまして、
BGAのexemossさんはnora2rさん個人のツテ、という側面が大きいみたいです。
だから戦力集中とはいかない反面、その分カラーの違いが出てきて面白いと個人的には思っています。

物故の件は、私も言えるほど偉くないですけど、やっぱり褒められたものではないですよね。
幸いにして、今のBMS界隈にはモラルのある人が多く、その手の作品が出るたびに断固とした抗議が行われてますが、
一番望ましいのは、リリースする側の作者さん自身がしっかり身を律することに決まってます。
そもそも、最近の風潮からすると物故したところで叩かれるだけのような気もしますし…。
いずれにせよ、BMSが少しでも長く存続するためにも、作者もプレイヤーも意識して行動する必要はありますね。

連日更新は生命力を削って大変ですが、なんとかBOFまで続けられるよう頑張ります…。
コメントありがとうございました!

投稿: s_miho | 2010/09/15 01:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/36666733

この記事へのトラックバック一覧です: BOF2010チーム分析(16) [CREATION RECORDS]:

« BOF2010チーム分析(15) [魔界ウォーズ(仮)] | トップページ | BOF2010チーム分析(17) [おやおや!なにかおかしい。] »