« BOF2010チーム分析(23) [秋はBMSで!!ねこみみフォギーりすぺっくルーツすたいる] | トップページ | BOF2010チーム分析(25) [Tribullets Plus] »

2010/09/19

BOF2010チーム分析(24) [temptempStr]

Bof2010_nobn

[temptempStr]

MilkT,  kameT,  LemonT,   + α(未定)

-----------------------------

 
 
 

Temptempstr_

◆ チーム概要

一風変わったボーカルBMSなどで脚光を浴びるBMS制作集団・こんすとらくたぁ~が
今年は [temptempStr] チームとしてBOF2010の決戦の舞台へ舞い戻ってきました。
MilkTさん、kameTさん、LemonTさんの3人は、ユニットを組んで7年を迎えようという盟友たちで、
その奇抜な発想・個性的ユーモア・安定した実力は、トリオならではの成熟した技の冴えを誇ります。
こんすとらくたぁ~(建設者)の名の如く、今年は自分たちの栄光を築き上げることが絶対目標となります。

 
 

◆ 過去の戦歴

Temptempstr_senreki

これまでBOFには05年・06年・09年の3回参加。
チーム名をたびたび変更していますが、いまや [Maple brit'S] に次ぐ風物詩チームとなりつつあります。
が、キワモノ系・ネタ系と見られやすいせいか、チーム成績では苦戦が目立っています。

初出場の05年は、“レジェンドオブカレー”が奮闘してスコア32/43位。
翌06年では大いに飛躍を遂げ、3作品ともしっかりまとめて24位にまで上り詰めましたが、
久々の出場となった09年では存在感を発揮できず56位、また振り出しにもどってしまいました。
とはいえ“変人店”が一部で人気爆発するなど、翌年につながる収穫があったのは確かです。
今年は連続出場ということで、昨年以上の成績が最低限のノルマとなるでしょう。
 
 
 

◆ メンバー紹介

 (1) こんすとらくたぁ~

Temptempstr_const

MilkTさん・kameTさん・LemonTさんの3人から成る音楽ユニットがこんすとらくたぁ~で、
リーダー(?)のMilkTさんとLemonTさんが主に作曲を担当、kameTさんがボーカルを務めています。
歌モノポップ・ハピコアや、なんとも形容しがたい電波曲など、幅広い作風で根強い人気を集めていて、
「もっと評価されるべきアーティスト」では必ず名前が挙がるほどの陰の実力派グループです。
BOFには毎回欠かさず参加中(07年の戦國を除く)というほどで、大イベントの戦い方は熟知しています。
"Groungbreaking"にも収録された昨年の“変人店”以上のヒットを出し、長年のファンに報いたいところです。

 
 

◆ 順位予想

(能力値)44.9×3=134.7 (MAX)48.8×3=146.4 (MIN)40.7×3=122.1

Temptempstr_meter

これまであまり特筆すべき結果を残せていないため、順位予想は厳しめとなっています。
しかし前途は決して暗くはありません。いまや追い風が吹きつつあり、Max値近くも目指せる勢いがあります。

[temptempStr] はBMSマニアなら間違いなく注目している好チームです。
昨年の“変人店”がじわじわロングヒットを収め、ついには"Groungbreaking"収録の座まで掴み取ったことで、
「こんすとらくたぁ~はやってくれる!」という期待感が濃いファン層で広がりを見せています。
BOF以外でのBMSリリースがないため、界隈を上げて注目というまでには至ってないものの、
これも大ブレイクの前の静けさといった感じで、密かな視線を浴びていることに変わりありません。
“変人店”クラスの作品を3つ揃えられたなら、今大会最大のダークホースに躍り出ることも可能ですし、
BOFの常連・定番チームとして、[Maple brit'S] 級の名声を得ることも現実味を帯びてきます。

ただし、チームが乗り越えなくてはいけない課題は多いです。
特にビジュアル面での不安は深刻で、BGAはおろか、チームバナーすら用意できていない有様です。
BGAが付いてなくて減点されることはあっても、加点されることはまずありえません。
映像を評価対象として点数を割り振るインプレイヤーが増えてくると、追い風が一転して逆風にさらされるので
いかにBGA問題を克服するか、という点がこんすとらくたぁ~さんの最大の課題であると思います。
また、得意のネタ・キワモノ要素は魅力の一つとはいえ、度が過ぎるとプレイヤーは逃げていきます。
タイトルや題材で損をしないよう、かといって長年応援してきたファンをガッカリさせることのないよう、
絶妙なバランス感覚をもって作品制作に当たる必要が出てくるでしょう。
 
 
 
不安点もありますが、今年は飛躍する千載一遇のチャンスであることは疑いないです。
ここで期待に応える働きができるかが運命の分かれ目、うまくいけば大ブレイクも可能なはずです。
1人(?)チームとして4度目のBOF、願わくば強豪常連チームとして定着してもらいたいものです。

|

« BOF2010チーム分析(23) [秋はBMSで!!ねこみみフォギーりすぺっくルーツすたいる] | トップページ | BOF2010チーム分析(25) [Tribullets Plus] »

bof」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/36765630

この記事へのトラックバック一覧です: BOF2010チーム分析(24) [temptempStr]:

« BOF2010チーム分析(23) [秋はBMSで!!ねこみみフォギーりすぺっくルーツすたいる] | トップページ | BOF2010チーム分析(25) [Tribullets Plus] »