« BOF2010チーム分析(27) [代打三兄弟] | トップページ | BOF2010チーム分析(29) [サディスティック北海道] »

2010/09/21

BOF2010チーム分析(28) [Saint goes marching]

Bof2010_nobn

[Saint goes marching]

CHAN,  NEKI←T,  Est

-----------------------------

 
 
 

Saint_

◆ チーム概要

「待たせたな…」
SUPER STAR 健人ことCHANさんが、NEKI←Tさん・Estさんの従者2名を従えてBOFに再登場しました!
[Saint goes marching] というチーム名は、民謡でお馴染みの『聖者の行進』という意味ですが、
このチームにとっては『聖者』と書いて『スーパースター』と読むのでしょう。まさに『スターの歩む道』です。
昨年の栄光が国民的人気として定着するか、一発屋に終わるのか、芸能人生を賭けた戦いが幕を開けます。
「また一歩、優勝に近づいたな…」
 
 
 

◆ メンバー紹介

 (1) CHAN

Saint_chan

CHANさんはEstさんの作曲仲間。「chan + Lul」名義でEstさんに自作曲をBMS化してもらっていましたが、
昨年のBOF2009に一人チームで出場、晴れてBMS作家デビューを果たしました。
そんな氏が一躍その名を轟かせたのが“Violet-また一歩、海に近づいたな-”(声:SUPER STAR 健人)です。
本家のSUPER STAR 満をオマージュした、持ち前の美声を響かせるONLY ONEな楽曲が大評判となり、
デビューからわずか3ヶ月の身で"Groundbreaking"収録を勝ち取るなど、堂々たる初陣を飾りました。
あれから1年、スーパースターたるカリスマはいまだ健在なのか、本当の力が問われる戦いになるでしょう。
 

 (2) NEKI←T

Saint_nekit

NEKI←Tさんは、どちらかといえば作曲よりイラスト(東方)をメインに活動されている方で、
そのためBMSのリリース数はあまり多くないものの、主にトランス・ユーロ方面で印象的な作品を残しています。
特に有名なのがEstさんとの合作“上海紅茶館”で、東方BMSの初期の大ヒット作として人気を集めました。
楽曲もさることながらBGAには定評があり、手描き感のあるイラストBGAは映像作家も顔負けの完成度です。
万人に愛される親しみやすい作風を活かして、今年は05年以来の上位進出が目標となります。
 

 (3) Est

Makai_est

Estさんは [魔界ウォーズ(仮)] [大都会岡山同盟] の2チームと掛け持ちですが、
昨年には開催された全イベントに出場を果たすなど制作力は抜群。3作品ともぬかりなく仕上げてくるはずです。
(紹介文は [魔界ウォーズ(仮)] の分析記事にて書いたので割愛します。)

 
 

◆ 順位予想

(能力値)46.0+46.2+50.7=142.9 (MAX)50.7+51.4+58.6=160.7 (MIN)42.4+44.2+45.0=131.6

Saint_meter

30~50位クラスの中堅チームの一つですが、
メンバー3人とも地力があるので、うまく立ち回れば高順位獲得も可能でしょう。

[Saint goes marching] チームの強みといえば、まずはCHANさんの話題性が挙げられます。
“また一歩、海に近づいたな”は昨年のBMS界流行語大賞に選ばれた(?)ほどの爆発的人気作で、
もし今年も「SUPER STAR 健人」路線で攻めてくるようなら、再び大きな注目を集めるのは確実です。
本家のように、CHANさんがNEKI←Tさん&Estさんを引き連れて踊っているムービーでも付いていた日には、
BOF史上最大のフィーバーが訪れかねないくらいの、底なしのポテンシャルを秘めています。
しかもメンバー3人は実力十分。作風が明快で、あらゆる層から受け入れられる王道曲を得意とします。
話題性に加え、曲・映像の両面で高クオリティを維持できれば、おのずと好順位は付いてくることでしょう。

エースは実力的にはEstさんが適任ですが、ここはCHANさんに任せてみたい感じもします。
映像面はどうか、スーパースターの再登板はあるか等、諸条件を考慮しつつ柔軟に判断すれば良さそうです。

不安点としては、このメンバーはサポートがいないとやや苦しそうな印象があります。
CHANさんはBGAが不得手だったり、NEKI←Tさんは制作ペースが遅かったりするので
映像担当や譜面担当、あるいは細部を補佐する雑務担当など、もう数人ほど戦力が欲しいところです。
また、チームバナーが用意できなかったのは深手で、会場でのアピール度で見劣りするのは決定的です。
この出遅れをどう挽回するか、マイナスからのスタートを乗り越えなければ勝機はありません。
楽曲の質・個性ある映像・チームの話題性などを駆使し、プレイヤーを集めることが最大の課題となるでしょう。
 
 
 
 
[Saint goes marching] チームは、実は昨年の"BMS Festival 09' Winter"に出場していた
[雪とおもちゃとクリスマス] の没チームだったりします。

Saint_bfw09

この時はCHANさんが期限内に完成できませんでした。スーパースターにあるまじき失態です。
が、そのぶん今回は汚名返上に燃えているでしょう。チームを引っ張るくらいの気炎を吐いているはずです。
"BMS Festival 09' Winter"発のチームがBOFでどう躍動するか、イベント戦線の一環としてもご注目ください。

|

« BOF2010チーム分析(27) [代打三兄弟] | トップページ | BOF2010チーム分析(29) [サディスティック北海道] »

bof」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/36799534

この記事へのトラックバック一覧です: BOF2010チーム分析(28) [Saint goes marching]:

« BOF2010チーム分析(27) [代打三兄弟] | トップページ | BOF2010チーム分析(29) [サディスティック北海道] »