« BOF2010チーム分析(28) [Saint goes marching] | トップページ | BOF2010チーム分析(30) [鋭利な鈍器] »

2010/09/21

BOF2010チーム分析(29) [サディスティック北海道]

Sadist_bn

[サディスティック北海道]

cittan*,  YUNA,  XIO,  GEMA,  6666

-----------------------------

 
 
 

Sadist_

◆ チーム概要

福島や岡山に並ぶBMS大国・北海道。はるか北の国から道産子チームがBOFに殴り込みをかけてきました。
そのチーム名たるや [サディスティック北海道]。サドの極北という名のとおり、界隈きっての苛め屋集団です。
cittan*さんをリーダーに、古豪GEMAさん、新人XIOさんという老・荘・青のバランスの取れたメンバーが、
有名作家も無名作家も構わず打ち破り、足下に這わせて屈辱を味わわせようという腹づもりで参戦します。
ドSだなんて私には到底理解できないキケンな趣味ですが、M属性の人たちには絶対注目のチームでしょう。

 
 

◆ 過去の戦歴

Sadist_senreki_

前身となるのは昨年の [Blu-ray D!sco] です。
往年の名作家・6666(マスコサン)さんの復活が話題を呼んだチームで、
初BMSのcittan*さんら不安要素を抱えながらも、スコア20位・中央値17位と大健闘しました。
6666さんがサポートに退いた今回は試練の年。その真価が問われることでしょう。 
 
 
 

◆ メンバー紹介

 (1) cittan*

Sadist_cittan

cittan*さんは昨年のBOF2009で作者デビュー、今回が2作目のBMS制作となります。
新人作家といえば新人作家ではありますが、氏はトランス・ハードコアのコンポーザーとして長く活動中で、
またクラブイベントのDJなどでも好評を得ており、その実力は既に一線級に達しています。
とりわけアッパーでブチアゲるサウンドは神業の域。大会屈指のハイテンションさを見せつけるでしょう。
今年は“Midnight Tears”を越えるヒット作を送り出し、その名を界隈中に広く知らしめたいところです。
 

 (2) XIO

Sadist_xio

XIOさんは北海道で活躍中の若手ハードコアアーティストです。
wintさんのレーベル「Roar Records」で名を馳せ、各方面から将来を嘱望されている北のプリンスです。
今回がBMS初制作となりますがポテンシャルは十分。処女作から大いに期待できることでしょう。
能力値は完全に付けようがありませんが、中間くらいの順位を期待して46.9(47.5~46.1)で。
 

 (3) GEMA

Sadist_gema

GEMAさんはBMSシーンでは比較的地味(失礼)に活動されている作家さんですが、
キャリアは長く、手堅い実力があり、ジャンル開拓心にも溢れていて、決して侮ってはいけないダークホースです。
氏が脚光を浴びたのはBOF2005。GYAON(G-Y)さんとの合作“dance in the dark”が大ヒットし、
同僚・6666さん以上の圧巻のスコアを叩き出して、チームをアベレージ5位に引き上げる働きを見せました。
その後の活動が少ないため知名度はイマイチながら、伏兵中の伏兵としてBMSマニア必見の逸材です。
 

 (4) サポートメンバー

ボーカルにYUNAさん、アートディレクションに6666(マスコサン)さんが参加しています。

YUNA(小森ゆな)さんはcittan*さんのボーカルを務めます。
歌い手・声優として同人音楽・商業作品問わず活躍中で、ライブ・イベント等も精力的に行っています。
cittan*さんとレーベル「LC:AZE」の作品で共演しており、その縁から起用されたのだと思われます。

6666(マスコサン)さんはBMSシーン初期を代表する伝説的人気作家で、
ディスコテクノ・ハードミニマル系の作品では、今なお6666さんに匹敵する者は出てきてないとすら噂されます。
楽曲はもちろんBGAも素晴らしく、“PUSH-UP”の腕立て伏せなどは後々まで語り草となりました。
その卓越した映像制作力を活かし、今回は裏方としてチームのビジュアル面の充実に尽力するようです。

 
 

◆ 順位予想

(能力値)49.7+46.9+54.1=150.7 (MAX)49.7+47.5+61.3=158.5 (MIN)49.7+46.1+48.3=144.1

Sadist_meter

30位前後が有力です。順位的には中堅チームの一つという位置づけ。
昨年の地位(スコア20位・中央値17位)を守り抜くのはやや難しいかもしれません。

[サディスティック北海道] は非常にレベルの高いチームだと思います。
メンバー全員が音楽レーベル/DJ経験豊富な、シーンの最前線に近い位置で活躍している精鋭揃いで、
注目度こそ高くないものの、その力量は優勝候補の上位陣とも何ら遜色はありません。
チームジャンルは「ⅡDXっぽい曲」とのことですが、単なるオマージュにとどまらず、
本家らしさとクラブらしさを融合させて、彼らの解釈による新しい「ⅡDXっぽさ」を生み出してくれるような
そんな淡い期待感すら抱かせてくれる好チームと言えましょう。
これまでは映像面に弱点を抱えていましたが、今年は6666さんがBGAサポートを務めることで、
唯一の懸念材料も一掃され、勝つための体勢は十分に整ったバランスの良いチームです。

エースはリーダーであるcittan*さんが担当するようです。
昨年の実績もありますし、ボーカルYUNAさんとのコラボも豪華ですし、妥当な人選だと思います。

ただ、チームにとっては、6666さんが控えに回ってしまうのは大打撃で、
「マスコサンチーム」という前年の看板が使えなくなってしまったため、セールス面でのマイナス影響は必至です。
cittan*さんもGEMAさんもBOFでしか活動しない作家なので、BMS界での知名度が高くはなく、
1つでも多くのインプレを集めるためどうアピールしていくかが、最大の課題として立ちはだかることでしょう。
ネームバリューの不利を補うべく、クールなアニメーションバナーなどの工夫を既に打ってはありますが、
やはりあともう1歩、何か起爆剤となりうるものが欲しい感じがします。
 
 
 
[サディスティック北海道] はチームジャンルでは「ゲーム系」に分類されていますが
『北海道』と名乗っていることで「地域密着系」の印象が強いチームです。
ライバルは [大都会岡山同盟] (岡山)、[zhyming-zhyming] (福井)、[代打三兄弟] (福岡&千葉?)、
それから [Team GJ] (韓国の光州)あたりでしょうか。BMS最強地域決定戦の幕開けです。
また、[tempest] はチーム共通点が「ドM」ということで、非常に相性の良さそうなチームです。
サドチームとマゾチームによるBOFという、割とどうでもいい争いにもぜひご注目ください。

|

« BOF2010チーム分析(28) [Saint goes marching] | トップページ | BOF2010チーム分析(30) [鋭利な鈍器] »

bof」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/36828751

この記事へのトラックバック一覧です: BOF2010チーム分析(29) [サディスティック北海道]:

« BOF2010チーム分析(28) [Saint goes marching] | トップページ | BOF2010チーム分析(30) [鋭利な鈍器] »