« BOF2010チーム分析(2) [Irregular Amethyst(仮)] | トップページ | BOF2010チーム分析(4) [下田商店] »

2010/09/05

BOF2010チーム分析(3) [STR]

Str_bn

[STR]

sweez,  tigerlily,  roop,  Febreze,  Eleven,  photonskyto

-----------------------------

 
 
 

Str_

◆ チーム概要

BMS界に君臨する最強レーベル [STR] が、2年ぶりにBOFで再結集を果たしました。
昨年は内部分裂(?)が勃発し、3人が別々のチームに分かれる悲劇に見舞われましたが、
分断の歴史を乗り越えてSTRがここに復活。各自がソロ活動で得た経験を糧に、今年は頂点を狙います。
sweezさん、tigerlilyさん、roopさんというチームメンバーは、BMS界では誰もが認める実力派揃い。
STRは設立時からBOF制覇が宿命づけられた集団です。原点回帰して完全優勝を果たせるでしょうか。

 
 

◆ 過去の戦歴

Str_senreki

[STR] は2008年春に結成、挨拶代わりにBMGにパワレコ作品を2つ投下した後、
満を持してBOF2008でBOFデビューとなりました。
このときは、“ニライカナイ”の原曲+リミックス2曲という大がかりなチーム企画を行い、
中央値では期待通り優勝したものの、スコアでは [友達なんか要りません] [7.3 Dancer] の後塵を拝しました。
あれから2年、[STR] がどれだけパワーアップして帰ってきたかが注目されます。

 
 

◆ メンバー分析

 (1) sweez

Str_sweez

STRのSことリーダーであるsweezは、siratamaさんとkatokitiさんの2人から成るユニットで、
無国籍ジャズロックバンド・Meine Meinungとのコラボで人気を博し、"第6回無名戦"を制しています。
近年はBMS制作よりも、むしろ裏方や黒幕として暗躍する姿が目立ち、
タイマンイベント"VERSUS"の主催、BOF2009コンピレーションアルバム「Groundbreaking」の企画立案、
cubesatoさん・hsgnさんとの合作“Le Petit Prince (from Adansonia)”による"plugout4"乗っ取り(笑)など、
BMS界を裏から操る陰の宰相としての地位を固めつつあります。今日の界隈の最重要人物の一人でしょう。
 

 (2) tigerlily

Str_tigerlily

STRのTことtigerlilyさんは、キーボーディストとして全国各地を飛び回る生粋のバンドマンです。
生の演奏やバンド交流で培った音楽性は、氏の手掛けるBMSにも惜しみなく発揮され、
BMGでは投稿した3曲全てがVeryGoodを獲得、“steps”“NEW SOUND PARADISE”をパワレコさせたほか
タイマンイベント"B2DUEL"では、Nankumoさんら強豪を次々破っての王座3期防衛を成し遂げました。
近年はLilyというボーカロイドを名前買いしてPデビューを果たすなど、活動の幅を着々と拡大中で、
寅年開催のBOF2010でチャンピオンベルトを捕らえるべく、虎視眈々と勝機をうかがいます。
 

 (3) roop

Str_roop

STRのRことroopさんは、現役最強との呼び声も高い超有力作家です。
"GOT TO BE REAL"で作家デビューと同時にイベント優勝を果たし、その華々しいキャリアをスタートさせると、
“Colorful”でBMG史上初の満場一致のパワレコを獲得したり、"VERSUS"王者として未踏のV3を達成したり、
これまでBMS界のありとあらゆるタイトルを総ナメにしてきました。特にアベレージにおいては無敵に近いです。
匠のサンプリング技術と、豊富な引き出しから繰り出されるユーモアや大ネタには並ぶ者がないほどで、
残る最後の一つの大目標であるBOFチーム&個人優勝に向け、STRの命運を背負って戦います。
 

 (4) サポートメンバー

譜面担当としてFebrezeさん、Elevenさんが参加しています。
両名ともSTRの準メンバーとして、長年tigerlilyさんやroopさんの譜面サポートに携わってきた腹心で、
STRの覇業を陰で支えてきた王佐の才の持ち主たちといえましょう。
主にDP譜面の制作を担当してきましたが、近年は7key譜面を担当する姿もしばしば目撃されています。
"5vs7"でtigerlilyさんは7鍵軍所属でしたし、今年は大々的な7鍵での参戦もあるかもしれませんね。

また、BGAにphotonskytoさんが参加しています。
photonskytoさんは“ZENITHALIZE”や“The Question”など、voidさんとコンビを組むことが多かったですが、
今回はSTRにヘッドハンティングされてBGA制作の大役を任されました。
ビジュアル面に若干の不安を抱えているSTRにとっては、とても的確で良い補強と言えるでしょう。

 
 

◆ 順位予想

(能力値)76.2+60.7+71.8=208.7 (MAX)81.7+69.8+75.2=226.7 (MIN)71.0+53.7+67.0=191.7

Str_meter

ベスト3以内は濃厚、ベスト5程度ならやるまでもなく確実で、
あとはどれだけ順位を伸ばしていけるか、という戦いになりそうです。

[STR] の長所は、「STRの曲なら間違いはない」と、プレイヤーから別格の信頼感を寄せられていることです。
彼らが生み出すホンモノの音楽は、もはや既存BMSの域を越え、憧憬と尊敬の対象にすらなっています。
イベントでの圧倒的なアベレージが、それらの作品の素晴らしさを何より能弁に物語っていると言えましょう。
今大会では譜面サポート・BGAサポートをしっかり確保し、盤石の臨戦態勢を整えたことで、
スコア3位・中央値1位だったBOF2008からの躍進も大いに期待して良さそうです。
ちなみに、sweezさんがリーダーを務めたチームは、これまでBOFタイトル獲得率100%です。
 (08年 [STR] 中央値優勝、09年 [Black Jacks] スコア優勝)
このジンクスを信じる限り、今年も何らかの賞を獲得する可能性は相当高いと思われます。

エースは誰にでも務まります。完成した楽曲を聴いた上で判断するのがベストでしょう。
強いて言うなら、取りこぼしが少なくて安心感があるroopさんが最適任と考えられますが、
爆発力のあるsweezさん、今期絶好調のtigerlilyさんのどちらに任せても全く問題ありません。
メンバー間の仲が良いため、○○をエースにすべきだ!とハッキリ言い合える関係なのも強みです。

[STR] の課題としては、アベレージだけでなくスコアをどう獲得していくかが問われてきます。
卓越した音楽力のみに頼りきらず、セールスやマーケティングにも力を入れる必要も出てきますが、
こういったアピールはsweezさんの得意分野なので、その手腕に期待が寄せられます。
また、もう一つ気がかりなのは、メンバー欄にMeine Meinungの名前がないことです。
マイマイを失ったsweezさんがどういう作品で出てくるかは、今回の戦況を分ける肝と考えられ、
いずれにしてもチームの鍵を握るのは、リーダーであるsweezさんであると言えそうです。
 

今大会には、2年前に敗れた  [友達なんか要りません] [7.3 Dancer] の2チーム(の後身)が出場しており、
当時のリベンジを果たし、[STR] が天下統一を成し遂げるにはまたとないチャンスです。
これらの因縁めいたチームたちの、2年越しの宿命の対決にもぜひご注目ください。

|

« BOF2010チーム分析(2) [Irregular Amethyst(仮)] | トップページ | BOF2010チーム分析(4) [下田商店] »

bof」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/36535585

この記事へのトラックバック一覧です: BOF2010チーム分析(3) [STR]:

« BOF2010チーム分析(2) [Irregular Amethyst(仮)] | トップページ | BOF2010チーム分析(4) [下田商店] »