« BOF2010チーム分析(12) [DISCO HIGHBALL] | トップページ | BOF2010チーム分析(14) [Lyrical Signal] »

2010/09/12

BOF2010チーム分析(13) [Maple brit'S]

Maple_bn

[Maple brit'S]

yassu,  one goat,  小宮真央
Ym1024,  lamie*
HOUJIROU,  yonelu,  mikiyu

-----------------------------

 
 
 

Maple_

◆ チーム概要

いまやBMS界の秋の風物詩、BOF名物 [Maple brit'S] が今年も颯爽と姿を見せました。
2005年からBOFに4回連続出場中(世界新記録)、人気と知名度は年を追うごとに爆発的拡大中で、
使い捨てコンテンツが氾濫するこの世相において、継続することの素晴らしさを身をもって証明しています。
メンバーはお馴染みyassuさん、Ym1024さん、HOUJIROUさん。チーム発足以来の鉄の絆を誇ります。
今年は「ボーカルBMS」という未知のテーマでBOFに挑戦。[Maple brit'S] の進化はまだ始まったばかりです。

 

◆ 過去の戦歴

Maple_senreki_2

[Maple brit'S] はBOF2005で初登場。
このときは、直前の無名戦で準優勝を収めたyassuさん中心のチームでした。
連続出場となったBOF2006あたりから段々とその名前が浸透してきて、
BOFの代わりに"戦國"が開催された07年を飛ばし、3度目の挑戦となるBOF2008で一気に大躍進。
順位を大幅に伸ばして、スコア・アベレージともに念願のベスト10入りを果たしました。
yassuさんのみならず、Ym1024さんとHOUJIROUさんが急成長したことが好結果につながったようです。
BOF2009では完全に「常連チーム」と認知され、下馬評どおりの高順位を獲得。
4年連続で順位を上げることは叶いませんでしたが、チーム偏差値は年々上昇中(下図)なので、
BOFに出るたびに確実に力を付けていく、向上心と雑草魂を併せ持った有力チームと言えましょう。

Maple_senrekihen

なお、不変のチームと思える [Maple brit'S] ですが、実はチーム名が一度変更されていて、
05年、06年は [Maple Brit's]、08年以降は [Maple brit'S] という表記になっています。
チームが飛躍的な成長を遂げたのは名称変更後の08年。改名による開運効果があったのかもしれません。

 

◆ メンバー分析

 (1) yassu

Maple_yassu

yassu(やっす~)さんは"第5回無名戦"で準優勝して以来のBMS界の実力者です。
コピアレ・インスト・トランスなど様々な楽曲を操りますが、とりわけジャズには定評があり、
“Typica” “Habe'n Aria”は近年のジャズBMSを語る上で欠かせない傑作として知られています。
チーム中では歌モノ経験が最も豊富で、"BEAT VOCALOIDs"でアベレージ準優勝を獲得したほか、
今回ボーカルを努める小宮真央さんとは、06年の“Midnight Driving”で既に共演を済ませています。
この4年でyassuさんも小宮真央さんもビッグになりました。きっと素晴らしい歌を聴かせてくれるはずです。
 

 (2) Ym1024

Maple_ym1024

Ym1024さんはキャッチーでスタンダードな作品を得意とし、老若男女問わず幅広く支持される人気作家です。
"Airy Trance(空気トランス)"などの自虐ネタもありますが、それは王道でツボを押さえていることの裏返し。
覚えやすく口ずさみやすいメロディセンスは素晴らしく、BMS界の「クサメロの帝王」の異名を持つほどです。
また、界隈を盛り上げるためのインプレにも熱心で、昨年度はベストインプレイヤーを受賞しました。
歌モノBMSは(合作以外では)初めてですが、大イベントには滅法強いので、きっと克服することでしょう。
今までの地道な努力の実を結ばせ、大作家として羽ばたくべく、不退転の覚悟でBOFに挑みます。
 

 (3) HOUJIROU

Maple_houjirou

高速テクノ、高速ドラムンなど疾走感あるトラックに人気作を抱えるHOUJIROUさんは、
07年の"第6回無名戦(ビジネスクラス)"を優勝した、チーム唯一のタイトルホルダーです。
ここ数年はBMS活動は縮小ぎみですが、[Maple brit'S] のためBOFには欠かさず参戦し、
毎回40位前後をキープする優れた安定感を発揮。チーム躍進の陰の立役者として貢献しています。
今年のテーマである歌モノBMSは初挑戦で、どういう作品になるかは予想も付きませんが、
持ち前のスピード感や世界観を武器に、目が覚めるようなBMSを発表してくれることでしょう。
 

 (4) サポートメンバー

yassuさんのBGAを担当するone goatさんは雛鍔 葵さんの別名義です。
"BGA BATTLE"出品作の“午後の喫茶”がアベレージ準優勝するなど、BGA界では最有力者の一人です。
雰囲気やストーリー性を大事にする映像が得意で、[Maple brit'S] との相性は抜群だと私は感じています。
そしてyassuさんのボーカル小宮真央さんは、言わずと知れたBMS史上最高の歌姫です。
ここ数年は活動縮小ぎみでBMSに関わることもありませんでしたが、今大会にて久々の復活解禁となりました。
BOF2006を制したtarolaboさんの“路上のギリジン”を筆頭に、数々のヒット作のボーカルを担当。
歌唱力だけでなく演技力にも優れ、ネット声優としてもひとかどの名声を築いています。

Ym1024さんのボーカルを担当するlamie*さんは、主にニコニコ生放送で歌っている人気同人シンガーです。
ボカロ曲やアニソンなどポップ方面に強く、メロディ型のYmさんと波長が合うことは想像に難くありません。

HOUJIROUさんのボーカルyoneluさん、作詞のmikiyuさんについてはデータ不足につきわかりません。
yoneluさんはニコニコで活動している方のような感じですが、あまり情報がないので断言はできないです…。

 
 

◆ 順位予想

(能力値)52.7+50.9+50.2=153.8 (MAX)57.8+60.0+54.6=172.4 (MIN)48.1+44.0+41.4=133.5

Maple_meter

基礎能力としては20位台後半、それほど強力というわけでもありませんが、
ここのチームメンバーは皆、BOFになると常に自己ベストをマークする大型イベント巧者揃いなので、
現実には、Max値近くの15位前後を狙っての争いということになりそうです。

[Maple brit'S] の強さの秘密は、今年で5回連続出場という継続性にあります。
常連層からは『BOFの必需品』とまで思われている風物詩チームなので注目度は段違いに大きく、
「このチームにインプレしないとBOFをやった気がしない」という酔狂なプレイヤーも数多くいることでしょう。
個々のメンバーはそこまで大作家というわけではないですが、そんな3人が一つに結集し、
長年こつこつ積み重ねてきたブランドイメージこそ、このチームの真骨頂であり無形の力であると思います。
また、今年の「歌モノ」というテーマも敷居が低くて面白い題材で
ジャンルや音楽の難しい知識がなくともインプレできるため、いつも以上に票を集めやすいはずです。
人気ボーカルさんも首尾良く登用できたので、メガヒット作品を放てる下地は十分に整っています。

エースを誰にするかは非常に難しいですね。
バランス型チームの [Maple brit'S] にとって、1人をプッシュするエース制度は逆風以外の何物でもないです。
能力値的にはyassuさん、近年の成績と露出度的にはYmさん、イベント優勝実績はHOUJIROUさんと、
3人の長所が見事なまでに分かれているのも、エース選択を一層難しいものにしています。
サポートにone goatさん・小宮真央さんを擁するyassuさんが一歩リードという感じもしますが、
こればかりは実際に作品を聴いて判断するほかないでしょう。

チームの不安点は、yassuさん以外の2人がボーカルBMS初挑戦ということです。
歌モノというのは通常のBMSと構造が違うため、ある程度の制作経験が欲しい分野で、
BOFでぶっつけ本番というのは、いくらYmさんやHOUJIROUさんといえども簡単なことではありません。
しかも、この2人は専属の映像作家を確保していないため、BGAを自炊する必要も生じています。
作らなければならないものが山積しているなか、どこまでBMSの完成度を高められるかが課題となります。
また、エース制度がチームに全く向いておらず、順位にして1~2位程度は損する可能性があるので、
昨年までの地位を守り抜くには、例年以上に高いハードルを課せられることになるでしょう。
 
 
 
ただでさえチーム数が多くて激戦必至なのに、歌モノという未知数な題材で勝負…。
いくらBOF名物 [Maple brit'S] といえども、今年は安穏としていられない戦いになりそうです。
しかし、彼らは毎年毎年ミラクルを起こし、BOFで成功の歴史を切り開いてきた奇跡の作家たちです。
不安点や不確定要素があっても、それをプラスに転じさせる能力と天運に恵まれている気がしてなりません。
BOF2010終了後には、案外「歌モノBMSのMaple brit'S」なんて評判になっているかもしれませんね。

|

« BOF2010チーム分析(12) [DISCO HIGHBALL] | トップページ | BOF2010チーム分析(14) [Lyrical Signal] »

bof」カテゴリの記事

コメント

安心しますよねこのチームが出てると。


が、ゲームとしての面白さも問われる界隈において、全員が(大ゴケしやすい)歌モノやるようで何だか不安なんですが
割りと多ジャンル制作で臨機応変、器用なチームなんで今年も安心してDL出来るでしょうね。
エースとしては大きな大会になぜか強いYm1024氏かなーとか思うんですが
ミッドナイトドライビングが今でもプレイされてる人気曲な点と、あの小宮真央氏だという点を見ると
多分yassu氏がエースになると思いますね


記事お疲れ様です^^

投稿: たかし | 2010/09/14 16:51

そうですね、歌モノは大ヒットも大ゴケもありますね…。
大胆なテーマを採用したものですが、そこはMaple brit'S、きっと勝算あってのことでしょう。
大イベントでウケる曲を本能的に知り尽くしたようなチームなので、これは期待せざるを得ませんね。
エースは私も似たような見解です。小宮真央さんが歌うBMSが久々に聴けそうで楽しみです。
コメントありがとうございました!

投稿: s_miho | 2010/09/15 01:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/36618793

この記事へのトラックバック一覧です: BOF2010チーム分析(13) [Maple brit'S]:

« BOF2010チーム分析(12) [DISCO HIGHBALL] | トップページ | BOF2010チーム分析(14) [Lyrical Signal] »