« BOF2010 速報 | トップページ | “BOF2010 場外乱闘編” 開催 »

2010/11/01

“BOF2010” 回顧(前編)

Bof2010_bnsp

THE BMS OF FIGHTERS 2010  - The Evolution of War -

登録 : 9月17日(金)~9月24日(金)
評価 : 9月25日(土)~10月30日(土)  
主催 : BOF2010実行委員会

-----------------------------

 
 
 

"BOF2010"が終了しました。関係者の皆さん本当にお疲れ様でした。
とりわけこれだけ大きなイベントを取り仕切った主催のマンボウさんには労いの言葉もございません。
集計・総評などまだ若干の仕事が残っていますが、最後まで管理運営のほうをよろしくお願いいたします。

さて、現在はまだイベント終了直後のため公式結果すら発表されていませんが、
祭りの余韻が冷めやらぬうちに…ということで、BOF2010の模様について幾つかまとめてみました。
最終結果が発表されるまでの場つなぎとしてお読みいただければ幸いです。

(結果速報をお求めの方は先日の記事からどうぞ)

 
 

◆ インプレ数

BOF2010の最終的なインプレ数は15712
これはもちろんBMSイベント史上最多の爆発的数値です。
(ただし、重複インプレなどがちらほら見受けられるため、実際には多少の変動が確実に起こります)

昨年度とのインプレ数の比較は下図のとおりです。

Bof2010_kaikoa_graph1

序盤戦はインプレが全く集まらず、どうしようかと心配していましたが、
結果的にはBOF2009の1.5倍ほどの票を集めて、その凄さを見せつける格好となりました。

とはいえ、作品数・投票期間ともに昨年より大きいので、票数で上回るのは当然といえば当然です。
では、1作品あたりの獲得インプレ数はといいますと、

Bof2010_kaikoa_graph2

ラストのインプレラッシュにより、1作品あたりのインプレ数も昨年を上回りました。
平均して56.5インプレ。多くの作者さんにとって満足のいく量のレスポンスを得られたかと思います。

インプレの偏り・インプレが集まる遅さ等の問題はひとまず置いといて、
インプレ票数という観点から見れば、BOF2010は過去最高の成功を収めたイベントと言うことができます。

 
 

◆ エース曲の明暗

BOF2010の目玉企画の一つに「エース曲制度」というのがありました。
チームから事前に指定されたエース作品は獲得Ptsが1.25倍になる、というシステムで、
「最も得点を稼げる作品をちゃんとエースに指名できるか」は戦局を決する大きなポイントでした。

では、各チームはベストなエース曲選択をすることができたのでしょうか?
成功(チーム内で1番スコアが高い曲を指定できた)・失敗(チーム内で2番目の曲を指定した)・
大失敗(チーム内で最下位の曲を指定してしまった) の3パターンに分けて集計してみました。

Bof2010_kaikoa_ace

正しくエースを選べたのは62チーム。
実に3分の2以上のチームがエース曲制度を最大限に活用したことになります。
チーム優勝した [Lyrical Signal] も勿論このカテゴリに属しています。

一方で、チーム内で最下位だった作品をエースに指定した大失敗チームも5チームありました。
最下位の曲を選ぶなんてどれだけ耳が腐ってるんだm9(^Д^)プギャー と考える方もいるかもしれませんが、
大失敗チームには [STR] や [7:3.14 Dancer] といった超名門が含まれるほか、
失敗チームにも [カオス理論] [TEAM BOKKEN] [下田商店] [ラブプラス+] など強豪がずらりと並びます。

この結果を見るに、今年は技術と経験豊富なBMS作者・音楽家たちの判断よりも
ゲーム性を重視するプレイヤー側の感性のほうが結果に大きな影響を及ぼした、とも考えられそうです。
「どんなBMS作品がヒットするか」を正確に見抜くのは、想像以上に難しいことなのだと思い知らされました…。

 
 

◆ 偽名公開

イベント終了時のお楽しみの一つ、偽名作品の中の人発表。
「ええー○○さんだったのー!?」などと、今年も各地で驚きの悲鳴が上がっているようです。
10/31時点で会場に公開されている偽名の中の人をまとめてみました。
(※ 期間中にインプレレスURLなどで自己告白した人は除外。集計ミスがあったらごめんなさい)

Bof2010_r_fakename1

中の人が公開され、特に反響が大きかった偽名といえば、
“eth剣”のtarolaboさんや、“Bの悲劇”のRitsuさん(Hateさんは自明)、
“LOVE...I LOVE HOUSE MUSIC!!!!!”のユズ売りさん、“melody*line”のSymphonianさん、
それからModulation Spinがtakdriveさんとeollさんのユニットだった、というあたりでしょうか。

個人的にはkokoro名義のユズ売りさんに騙されたのが一番悔しかったです。完全に無警戒でした。
りつさんひろうさんきせのさんかりぱーさんなども全くの予想外。白旗をあげるしかなかったです…。

BGAなどサポートメンバーの偽名一覧はこちら。漏れがあったらごめんなさい。

Bof2010_r_fakename2

サポート陣も恐るべき実力派作家たちが参加していたようです。これだから偽名作品は怖い…。

 
 

◆ 各種統計

 ● 偏差値一覧

要望があったので作成してみました。
いずれも速報基準に則っています。最終的な公式数値と異なる場合がありますのでご注意ください。

  ☆ チームスコア・アベレージ偏差値

  ☆ 個人スコア・アベレージ偏差値

 

 ● 最終週ウィークリーランキング

イベント4週目の第4回中間発表後(10月23日)から投票期間終了(10月30日)まで
インプレラッシュも含めた8日間の獲得スコアランキングです。
[4週目時点の順位]→[結果速報の順位] という順位変動も合わせて記載しました。

この間の有効投票数は7486インプレ。総投票数のおよそ48%です。
BOFの最終局面に強い作者・チームは一体どこなのでしょうか…!?
(いずれも速報基準のデータです)

  • チーム週間スコア部門

Bof2010_kaikoa_weekly5_team20

これまでの週間ランキングは会場の位置等の影響が大きかったですが、
今回はラストとあって、やはり総合力に秀でたチームが上位に名を連ねたようです。
全順位はこちら

  • 個人週間スコア部門

Bof2010_kaikoa_weekly5_kojin20

こちらもチームランキング同様、プレイヤーから深く愛されている名作たちが上位を独占しています。
とはいえ、さすがにスタートダッシュ組は苦戦を強いられた傾向が見られますが…。
全順位はこちら

 
 

◆ 場外乱闘編

BOF2010本戦終了に伴って、待ちに待った(?)場外乱闘編が間もなく開幕するようです。

Banner_jyogai

THE BMS OF FIGHTERS 場外乱闘編

登録 : 11月3日(水)~
 
ルールに関しては告知ページを読んでいただきたいですが、
BOF本戦ルールを基準としながらも、参加・乱入自由の比較的フリーダムなイベントとなるようです。
この期に及んでイベント終了期間が定まってないことからも、そのアバウトさが感じ取れます…。

登録できるのはBOFルールに則ったBMS作品はもちろんのこと、
かつての"BOF後夜祭"のように、BOF2010出場曲のBGA差分も可ということです。
普段日の目を見ないBGA作家さんたちにとっても、主役として脚光を浴びるチャンスです。
半月後にはOz'Beatsも控えてますが、余力のある作家さんは参加してみてはいかがでしょう?

ちなみにmihoclapとしては「展望」等の記事を書く予定は今のところ全くありません。
状況次第では「回顧」のみ執筆するかもしれませんが、現時点では未定です。悪しからず。
 
 
 

◆ 次回予告

次回、“BOF2010” 回顧(後編)は、どんなに早くともイベント総評公開後になります。
実際にはこれから私はBOFのインプレを数えたりせねばならず(言語に絶する苦行…)、
総評公開後どころか、多くの方からBOFの記憶が風化する頃にまで遅れるかもしれません。

ちなみに昨年は、BOF回顧(前編)→回顧(後編)に38日かかりました。私とろい><
なるべく早く書き上げるよう努力しますが、去年並に遅れてしまったらごめんなさい。

また、それと平行してBOF参加曲から4,5曲ほどレビュー記事を書くつもりでいます。
が、やはり相当遅くなってしまいそうなので、その際はごめんなさい。

"Oz'Beats"関連の記事については、イベントが近づいてきたら最優先で書き上げます。
スルーすることは絶対ないのでご安心(?)ください…。
 
 
 
 
 
 
THE BMS OF FIGHTERS 2010  - The Evolution of War -
http://www.bmsoffighters.net/bof2010/index.html (公式ページ)
http://manbow.nothing.sh/event/event.cgi?action=List_def&event=65 (会場)
 
 
 
------------------------------




以下BOF個人雑感。

今大会では、たぶん私は全インプレできてると思うのですが、
(例えば)700~1000ptsの間で点を入れる、とかの下限を作ると全然差がつかなくなるので
100pts台から満点まで、かなり採点幅を広く設定してインプレしました。
そのため、他のインプレイヤーさんと比べて点が低く見えるケースも多々ありますが
全曲同じ基準でインプレしましたので、そういうものとしてご理解いただけると助かります。

Anon*さんが似たような採点基準だったのが個人的に大変勇気づけられました。お礼を言うのも変な気がしますがありがとうございます。

そんななか、私が1000ptsを付けたのは以下の11曲。11とは我ながら中途半端な数ですね…。

傾向としては、個性的な作品・歌モノ作品に心動かされることが多かったように思います。
上記の作品は、癖が強いものばかりで必ずしも万人ウケはしない気がしますが、
どれも作者さんの感性が光っていて物凄い作品です。
未プレイの方・1回やってそれっきりの方がおられましたら、ぜひこの機にプレイしてみてください。
ちなみに、eollさんの歌モノ3曲に満点を付けたように、私のベストチームは [LUMINOUS] でした。

 
それから、(速報ベースで)スコア100位以下に沈んでしまった作品のなかで
「これは埋もれるには惜しい」という曲を数曲選抜してプッシュしておきますと、

このあたりは、なんでこんな下位なのか私には分からないほどの隠れた名曲たちです。
期間中にチェック出来なかったという方は、騙されたと思ってぜひプレイしてみてください。
絶対損はさせないと思います。オススメです。

|

« BOF2010 速報 | トップページ | “BOF2010 場外乱闘編” 開催 »

bof」カテゴリの記事

コメント

FISHやL.S.D.はあれだけインパクトのある作品なのに埋もれていて自分も悲しかったです><
でもこういう作品を自分で発掘するのもBOFみたいに大きなイベントならではの楽しみ方なのかなーと思いました。


記事お疲れ様でした!
「これからが本当の地獄だ……(AA略)」みたいな雰囲気ですが無理なさらない程度に頑張ってください!
気長にお待ちしております(*´ω`*)

投稿: Kona | 2010/11/01 22:55

KonaさんもBOFお疲れ様でしたー。
会場ではインプレも沢山拝見させていただきましたが、Konaさんは文章巧みで素敵ですね。
「とんでもないペンタブインプレ」とかは大笑いしながら頷いてました。

BOFでは埋もれた名作が多発するのはもはや宿命になりつつありますね。
プレイヤー側は良作の発掘に明け暮れ、作者側は埋もれないための努力に尽くし…と
次第に何のイベントなんだか分からなくなってる気もしますが、そういうのも含めた大会がBOFなのでしょう…。

BOFのまとめはなるべく早く、そして正確に書けるよう頑張ります。
なかなか更新されないからと見放したりせず、のんびりお待ちいただければ幸いです。
コメントありがとうございました!

投稿: s_miho | 2010/11/04 02:19

今大会で初めて全インプレ達成しました。1000譜面以上プレイしたのでイベント期間中すべての生活がBOF中心に回ったような気もしますww

点数のつけ方については自分は600~900を範囲に両端に飛びぬけた作品にはそれ以上・以下の点数をつけましたが、イベント期間中にも曲に対するイメージが何度も変わった作品が多くて後で後悔したのも結構ありました。自分の中できっちりチェックすれば済む話でもありますが、性格上あんまりそういうことはできなかったので。
別の角度から考えてみたら、年々BOFの規模が大きくなるにつれて運営側やプレイヤ側が感じる負担が半端じゃないと思います(そういう意味でmihoさんも本当にご苦労さまです)。規模が大きくなったことで出てくる問題点もあると思いますので、来年度どうなるか分かりませんが、なにかしら対策が必要じゃないかと個人的には思いました。

記事はいつも楽しみながら読んでします!!お疲れ様でした!!

投稿: MIRV | 2010/11/04 14:55

MIRVさんもBOFお疲れ様でした。全インプレおめでとうございます(v^ー゜)
1000譜面以上ということは、同梱の全譜面をプレイされたということでしょうか…凄いです…。
その上でしかも全曲インプレ達成するなんて、今大会のベストプレイヤー賞を差し上げたいくらいです。

BOFの規模の問題に関しましては貴重なご意見ありがとうございます。私も同じような見解です。
「全作品プレイせず、好きな作品だけ遊べばいいじゃん」という(予想される)反論も真ではありますが、
「会場の位置取りによって極端に埋もれたりせず、良い作品が良い評価を得られるようにする」ことが
BMS界の長期的発展にとっては大事なことではないかという認識を持っています。
でもひとまずはイベント総評待ちですね。主催運営側の率直な意見を聞いてから私も案をまとめてみます。

コメントありがとうございました!

投稿: s_miho | 2010/11/09 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/37480204

この記事へのトラックバック一覧です: “BOF2010” 回顧(前編):

« BOF2010 速報 | トップページ | “BOF2010 場外乱闘編” 開催 »