« “BOF2010” 回顧(前編) | トップページ | “Oz'Beats ~温故知新~” 展望 »

2010/11/04

“BOF2010 場外乱闘編” 開催

Banner_jyogai

THE BMS OF FIGHTERS 2010 場外乱闘編

登録 : 11月3日(水)~11月20日(土) (気が向いたら延長)
評価 : 11月3日(水)~11月20日(土) (気が向いたら延長)
主催 : BOF2010実行委員会

「場外乱闘編は書かない(キリッ」とか言いつつ楽しそうだったので結局書きました…。気まぐれでごめんなさい。

-----------------------------

 
 
 

"BOF2010 場外乱闘編"がスタートしました。

このイベントは、BOF2010に出場できなかった人への救済イベントという名目でありますが、
実際は救済とかはあまり関係なく、その場のノリと勢いに任せたお祭りイベントという性格が強いです。

かつて05年~08年に開催された"BOF(戦国)後夜"シリーズの後継イベントであり、
一昨年企画されたものの没になった"BOF2008 場外乱闘編"の2年越しの開催、というところでしょう。

登録期間が非常に長く、またルールの縛りも非常に緩いので、
これからどういう方向に進んでしまうのか全く分からないイベントではありますが、
ひとまずの登録状況や、大会の見どころなどについて概観していきたいと思います。


◆ 場外乱闘編の特徴

場外乱闘編の基本的なルールはBOF2010に準拠ということで
つまり、キー音なしBMS・BMSA・コピーBMSなどは不可となっていますが、
それ以外の点で、「BOF2010本戦とここが違う!」という見どころを幾つか挙げてみます。
 

1. チーム作品数は不問

ここが最大の特徴。
メンバー1人&1作品のみのロンリーチームで参加することも可能ですし、
09年のセクシャルテクノショー会場制圧事件(画像消失につきご存じない方はすみません)のように
1チームで大量の作品を投下してイベント会場を席巻することも可能です。
友達がいなくて寂しい方にも、組むメンバーが沢山いすぎて困っている方にも親切設計なシステムです。

ちなみに、BMS史上最大のチームは、
09年"BMS Festival 09' Winter"のyujurieさんによる、新ジャンル「1人」チームの1チーム8作品です。
これを越えるモンスターチームが登場するかも、今大会の注目ポイントの一つでしょう。
 

2. (BOF2010に参加したBMSの)BGAでの出場が可

場外乱闘編の最初の告知時点では「参加できるのはBMSのみ」と規定されていましたが
開催直前になって、BGA作品(BOF登録作品のBGA差分に限る)も登録可となりました。

BGAイベントは、09年春の"BGA BATTLE 2"以来、長らくご無沙汰となっています。
普段、インプレで「BGAは採点対象外」などと言われたりして切ない気持ちになっているBGA作者の皆さん、
その技術と実力を知らしめる絶好のチャンスです。今からでも映像制作に取りかかってみては?

ちなみに、BOF2010参加曲では、
一枚絵のスコア最上位曲は “LOVE HIGHBALL / Yamajet” (44位)、
BGAなしでのスコア最上位曲は “ASTRO / ラスとルーク” (49位)です。
人気・集票面でいえば、このあたりの曲を確保できれば強いかもしれませんね。
変わったところでは、“Brain Surviving Magic / Speed Magician” の新クイズBGA差分とかも面白いかも?

いずれにせよ、素晴らしい映像が新たに付くことで、
BOF参加曲の魅力が再発見できるようなことになればとても素敵だと思います。
 

3. 裏切りが可

3つ目の見どころは半分ネタっぽいですが、
今回の場外乱闘編では裏切りが可能、つまり登録後のチーム変更が可能、ということだと思われます。

5vs7では、登録情報変更のたびに5鍵軍・7鍵軍の所属設定を間違えた、なんてことが頻発しましたが、
今回はこれが公式に認められたということになります。とんでもない外道ルールですね。

終盤になって有力曲が他チームに移籍して点数情勢がガラリと変わった…という事態も起こりうるわけで
良くも悪くも、最後の最後までどうなるか目の離せないイベントになるはずです。

そういうことなら私も [team mihoclap] を結成して、調略だけで優勝を狙うことにします!嘘ですやりません。
(※ 皆さんお分かりでしょうが、裏切りまくって会場を荒らすようなスタンドプレーは程々に自重しましょう)
 

4. 気が向いたらマンボウさんが直々に参加してくれる

Bof2010_jougai_syouko

ということで、BMS界のヒエラルキーの頂点に君臨するAOiRO_Manbow(hapi⇒)さんが
気が向いたら出場してくださるそうです。気が向いたらの話ではありますけど。
マンボウさんと戦えるチャンスなんて滅多にありません。皆さんこぞってマンボウ狩りに出陣してみては?
 

その他、細かい決まり等に関しては、公式ページのルール、及び会場のInformation欄を参照してください。
非常に緩いイベントではありますが、何でもアリというわけでは決してありません。
こんな大会で失格を喰らったりしないよう、登録前には必ずルールの熟読をオススメします。

 
 

◆ 出場チーム紹介

あまりにも情報が少ないチームばかりではありますが、
初日(11月3日)時点での登録チームを簡単に紹介させていただきます。

Bofjogai_team_synth1

[Team Synth1 場外乱闘編 ]
メンバー : ETIA MM Sequence ETIA.のオカン nmk Floatage(Lime)

BOF本戦にも出場した [Team Synth] (チームスコア50位/中央値54位)が場外乱闘編にも出場!
国産フリーシンセSynth1を愛好する作家たちが、フリーとは到底思えない音の魅力を引き出します。
メンバー構成は現時点では他チームを圧倒するほどの有力者揃い。特にETIA.さんのお母様にはご注目を。

 

Bofjogai_team_animationpo

[Animation PO]
メンバー : PO

待望のBGAチームの登場!本戦で映像に恵まれなかった作品に、片っ端からBGAを付けています。
低容量bmpを武器に戦う姿はベテランの貫禄たっぷり。果たしてPOさんの正体は…?

 

Bofjogai_team_akagami

[赤紙]
メンバー : PMPRS

赤紙とは戦時中の召集令状のことです。BOF本戦でも “手招 / ルゼ” が曲題材にしていました。
場外乱闘戦にふさわしい戦争スピコアでハードな世界を見せつけます。
ちなみに乱入歓迎とのことですので、チームが決まってない方はぜひこちらに。

 

Bofjogai_team_kojima

[KOJIMA CRISIS]
メンバー : DJ Saw-Low

KOJIMAといってもコジマ電機のコジマではなく、岡山県児島郡のコジマを指す [KOJIMA CRISIS] は、
岡山の県下一の早漏男・DJ Saw-Lowことscythelegさん率いるローカルチームです。

BOFoonを思わせる無茶ランダム譜面は壮絶の一言。大都会岡山からの援軍があれば上位は確実です。

 

Bofjogai_team_hundosi

[チーム他人のふんどし]
メンバー : TAKEMITSU GRAY

他人のBOF楽曲のリミックスで一旗揚げようという [チーム他人のふんどし] 。
「eth剣のおねいさんにBOKKENでしばかれたい」と願うTAKEMITSU GRAYさんが中心となって設立しました。
なお、リミックスBMSなら乱入歓迎のようで、近々FALLさんが参戦予定とのことです。これは強豪の予感。


Bofjogai_team_breakdown

[break-damn]
メンバー : dj wiz ファントム

[break-damn] は場外乱闘ならではの問題児チームです。声ネタやら何やらかなりおバカ。
ニコ動で「妹に罵倒されてたら曲ができた」と公言していますが、私は妹さんに共感できる気がします(コラ


Bofjogai_team_mumei

[自称無名作家]
メンバー : 月華狼

今大会の無名作家枠。本戦出場は自粛したものの、場外乱闘なら遠慮はいりません。
無名作家の方はここにご一緒すると良いでしょう。このチームから明日のスターが誕生するかもしれません。

 

Bofjogai_team_animalcrew

[ANIMAL CREW Part.1]
メンバー : Yellowcat

BOFに出場した韓流軍団 [ANIMAL CREW Part.1] (チームスコア40位/中央値57位)が再び参戦。
同胞の [ANIMAL CREW Part.2] が本戦で3作品揃えられない失態を演じただけに、汚名返上が期待されます。
現在登録済みのチームではBOF2010での成績はNo.1。地力の高さを見せつけられるでしょうか。

 
 

初日時点では以上8チームが登録しています。
登録・乱入等は自由ですので、いくらでもチーム数を増やすことは可能ですが、
小チームをやたら乱立させるよりも、なるべく類似のチームに合流したほうがベターだと思います。
「チーム作品数は不問」というルールを、なるべくポジティブに解釈したチームの登場を期待しています。

 

公式では結果集計等はしないとのことですが、
例によって私のほうで代わりに得点集計・順位変動などを発表していくつもりでいます。
(ただしチーム数・作品数が増えすぎた場合は必ずしもその限りではありません)
BOFに参加できなかった方・BOFの結果に悔いが残った方・ただ単に発表の場が欲しい方などは
一般リリースやpupulyよりも注目度が高いことが予想されますので、ぜひ場外乱闘編をご活用ください。

BOF2010の熱気そのままに、大盛り上がりのアフターイベントにできるよう頑張りましょう!


 
 
 

THE BMS OF FIGHTERS 2010 場外乱闘編
http://www.bmsoffighters.net/bof2010/jyogai.html(公式ページ)
http://manbow.nothing.sh/event/event.cgi?action=List_def&event=66(会場)



--------------------
 
 
先日の記事の「偽名の中の人まとめ」を追記・修正しました。
色々ご指摘下さった方、ありがとうございました。そしてご迷惑をおかけした方には申し訳ありません。
ただ掲載基準として、「正体を会場で明かしていること」「初出の偽名であること(既使用名義は変名義扱い)」
の2点を要求していますので、一部ご指摘部分の掲載は見送らせていただきました。
まだミスが残っているようでしたらご教示いただけると助かります。よろしくお願いしますm(_ _)m

|

« “BOF2010” 回顧(前編) | トップページ | “Oz'Beats ~温故知新~” 展望 »

bof」カテゴリの記事

コメント

「そんなリミックスで大丈夫か?」 「一番いいのを頼む」
そんなわけでチーム他人のフンドシをよろしくお願いします。
ちなみに、単純に私の登録が早かっただけで、発案者は掘るゲフンゲフンFALL先生です。

eth剣のおねいさんにBOKKENでしばかれ隊 隊長 TAKEMITSU GRAY

投稿: TAKEMITSU GRAY | 2010/11/04 03:33

mihoさん、初めまして。アムドラあかりというBMSは始めて半年は経過していないプレイヤーです。

今回のBOF2010は5VS7に続くBMSイベントのインプレ参戦でしたが、かなりの大規模曲数になって全部はインプレできなかったという結果になりました。それでもインプレ曲数は70曲近くに。
(別のフリーゲームでのプレイ感想のノウハウを生かせたのかどうかは、まだ未知数ですが)

場外乱闘編はまさかのサプライズを期待しつつ、これからの流れを見守っていこうかと思います。

投稿: アムドラあかり | 2010/11/04 15:41

お返事遅れてしまってすみません…。

>TAKEMITSU GRAYさん

タケミツさんどうもですー。
BOFでの発言を見てどうされてるか心配してたんですが、お変わりないようで安心しました。
フンドシチームは「これぞBOF場外乱闘」という感じのコンセプトが面白いですね。
メインディッシュに本戦の原曲、デザートとして後夜祭でのリミックスを味わえるなんて最高の贅沢だと思います。
現在多忙でBMSが手に付かない状況ですが、期間中には必ずインプレしに伺いますのでもう少々お待ちを。
フンドシフェチとして名高い黒幕の掘先生にもよろしくお伝えくださいませ。コメントありがとうございました!

>アムドラあかりさん

こちらこそはじめましてー。
BMS系ワードでブログ検索するといつも引っかかるのでご活躍は一方的に存じております…。
BOFでは大量のインプレお疲れ様でした。しかもほぼ全てが通常インプレという力の入りよう!
点数だけでなくコメントまで貰えるというのは、BMS作者さんにとってはまた格別なことでしょう。
アムドラあかりさんにインプレしてもらえた約70人の作者さんは本当に幸せ者ですね。
ぜひこれからのイベント戦線・レビューサイト戦線でも文才を奮っていただければ…と願ってやみません。
今後とも一緒に界隈を盛り立てていきましょう!コメントありがとうございました!

投稿: s_miho | 2010/11/09 00:11

コメントレスありがとうございます。

一行インプレだった所も改めて曲をプレイしてみると、通常インプレにしておけば…という後悔も若干あったりしますが、出来る限りのはしたので悔いはないと思っています。今度はもう少しBMSに時間を取ってインプレをしたい所ですが、別のフリーゲーム(SRC)の方もあるので両立が難しい所です。

そして、ここのブログを自所メインブログのリンクに加えようかと思っていますのでご検討をいただければ…と思います。

最後になりましたが、お互いにBMSを盛り上げる為に頑張っていきましょう。

投稿: アムドラあかり | 2010/11/09 11:24

『作者にとって一番辛いのは、作品を出しても何の反応もないこと』がBMS界の通説ですので
一行だろうが通常だろうがインプレに貴賤なし、反応を返すという行為自体が意義深いことだと思いますよ。
ただ、「わざわざ低得点や指摘のインプレはするな」みたいな考えの作者さんも稀にいるので
インプレイヤー側もなかなか身の振り方に難儀するのが現実ではあるのですが…。

リンクの件は大変光栄です。貼るのも剥がすのもご自由にやっちゃってください。

これからもお互い頑張りましょう!コメントありがとうございました!

投稿: s_miho | 2010/11/12 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/37520391

この記事へのトラックバック一覧です: “BOF2010 場外乱闘編” 開催:

« “BOF2010” 回顧(前編) | トップページ | “Oz'Beats ~温故知新~” 展望 »