« クリスマスBMS特集2010 | トップページ | 賀正(遅) »

2010/12/31

BMS AWARD 2010

今年最後の更新は「BMSアワード2010」をお送りします。
2010年にBMSシーンで大きく活躍した人物を、mihoclapが勝手に選出し無断で表彰するという
何様企画によって1年を締めくくりたいと思います。

-----------------------------

 
 

2010年もBMSシーンには数多くの名曲が誕生し、そして様々なドラマが生まれました。
こうして素晴らしい名作と出逢えたのも、多くの関係者の努力と献身の結果に違いありません。

そこで年末最後のスペシャルとして、2010年にBMS界隈で目覚ましい活躍をした人物を、
私の独断と偏見によって盛大に表彰したいと思います。

顕彰対象は以下の9部門です。

MVP … BMS界隈に関わる全ての中で、'10年総合ナンバーワンの人物。
優秀作家賞 … 年間通して優秀な成績を収めたBMS作家。3名選出
新人王 … 受賞資格は「'10年にデビューもしくはイベントデビュー」。
カムバック賞 … 2年以上の充電期間から復帰し、再び優秀な成績を収めた作家。
BGA作家賞 … 年間通して優れたBGAを多数発表してきた作家。
ベストインプレイヤー賞 … '10年に最も多くの作品にインプレした人物。この賞だけ後日発表
主催・運営賞 … イベントの企画・主催・運営などで、シーンを盛り上げた人物。
Webサイト賞 … BMSシーンを活性化させたサイト(管理人)。
特別賞 … その他の分野において、BMS界隈に貢献した人物。

なお、各賞はなるべく「1年間を通した活躍」を高く評価するように努めています。
「1作品凄いやつを出してそれっきり」タイプの方々の選出には積極的ではありません。ご了承ください。

それではMVPから順に発表していきます。
 
 
 
 
   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 
 
 
 

Gold

 MVP : xi

 2010年の主な実績

Award2010_xi

発表した作品数こそ少ないですが、2010年のxiさんは本当に圧倒的な強さを見せました。
2月の"EXTREMEBEAT"でイベント初優勝を飾ると、秋の"BOF2010"では他を寄せ付けない力を発揮。
出場作“Halcyon”が個人スコア・チームスコア・チーム中央値の3部門で優勝、個人中央値で準優勝となり、
いまだかつて誰も成し遂げていない『BOF主要部門4冠』にあと一歩のところまで迫りました。
なお、“Halcyon”が獲得したインプレ数(213Imp)は、"BJcup5th"の“桜華月”(217Imp)に次いで歴代2位。
記憶にも記録にも残る素晴らしい成績で、BMS界を代表する作家の座を揺るぎないものにしました。
来年は界隈を背負うべき旗手としての活躍が期待されます。2011年もxiさんにぜひご注目ください。

 
 

   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 

 
 

Silver

 優秀作家賞 : cybermiso

 2010年の主な実績

Award2010_cybermiso

09年末にデビューしたcybermisoさんにとって、今年はまさに大ブレイクの一年でした。
春の"ChaosStage"で3位入賞し、気鋭の作家として大いに注目を集めると、
"第7回無名戦"では激戦を制して初優勝。しかも無名戦史上最高インプレ数を獲得しての戴冠でした。
優勝作“eccentric ghost channel as Poltergeist”は上半期ベストBMSの第1位にも選出され、
まさに今年上半期はcybermisoさんの時代、といって過言ではない圧巻のパフォーマンスを見せました。
夏以降は大イベントに精力的に挑戦。その実力は無名レベルをとうに卒業済みであることを証明しています。
特徴的な「さばみそ譜面」を武器に、2011年もきっとBMS界の中心となって活躍してくれることでしょう。

 
 

   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 

 
 

Silver_2

 優秀作家賞 : Grand Thaw

 2010年の主な実績

Award2010_grandthaw

Grand Thawさんはcarelessさんと井上Δさんのユニットです。
叙情派の実力作家として以前から活躍していましたが、大きな転機となったのが夏の"FIVE VS SEVEN"。
出場作“Flesvelka”が絶大な支持を集め、デビュー7年弱にして念願の初タイトル獲得となりました。
"BOF2010"では更に大きな仕事を成し遂げます。リーダーとして [Lyrical Signal] チームを結成すると、
イベントではメンバー3人揃って超ヒットを飛ばし、2位以下に大差を付けてチーム優勝の栄冠を手にしました。
決して本命視されていなかった [Lyrical Signal] メンバーを発掘した先見性は、まさに慧眼と呼べるでしょう。
自己成績でもチーム成績でも大飛躍の2010年。11年には一層明るい未来が待っているはずです。

 
 

   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 

 
 

Silver_3

 優秀作家賞 : tarolabo

 2010年の主な実績

Award2010_tarolabo

新鋭作家が台頭して世代交代が進んだ2010年ですが、ベテラン勢で気を吐いたのがtarolaboさんです。
上半期にカオス王決定戦"ChaosStage"を制し、イベント3勝目(Ave優勝等を含めれば6勝目)をあげたほか
“The Lady Is A Trump”(日記で中の人を事実上ばらしてました)や“κανων”がベストBMS上位を獲得。
下半期には"BOF2010"に2チームで参戦。“性的猟奇的無意味” “eth剣” の両作とも赤ゲージに達し、
所属チームの [カオス理論] を95チーム中3位、[TEAM BOKKEN] を4位に導く原動力となるなど
上半期・下半期を通して安定した成績を残し、天才と呼ばれた実力を遺憾なく発揮しました。
tarolaboさんにかかれば明るい曲も暗い曲も自由自在。トップアーティストとしての地位は2011年も不動です。

 
 

   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 

 
 

Medal

 新人王 : カラフル・サウンズ・ポート

 2010年の主な実績  (※ pupulyの成績は12/31 12:00まで獲得の☆を掲載

Award2010_csp

今年は"第7回無名戦"が開催されたこともあり、超有望新人が綺羅星のごとく誕生した一年でした。
pupuly史上初の☆100越えを達成したTrioStaRさんや、"BOF2010"でいきなり7位入賞したyukitaniさん、
"BOF2010"BGAなし部門第一位のRasさん、多作さとクオリティで目下急上昇中のETIA.さんなど、
本当に将来楽しみな人材が集まりましたが、彼ら以上に印象的なのがカラフル・サウンズ・ポートさんでした。

デビュー作の"Close the Lights"から規格外で、pupulyで☆50クラスの快作を連発し、
初イベントの"BOF2010"ではなんと278人中9位、しかもアベレージ(参考記録)では1位というおまけつき。
返す刀で出場した"Oz'Beats"では、さも当然のようにイベント初優勝まで成し遂げました。
音楽・映像・譜面・歌・作詞(英語/独語)など、何でもこなすポテンシャルはいまだ底が見えず、
今後どんなミラクルを起こしてくれるか本当に楽しみです。2011年はBMS界の起爆剤となってくれるでしょう。

 
 

   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 

 
 

Medal_2

 カムバック賞 : 愛新覚羅溥儀

 2010年の主な実績

Award2010_hugi

今年は数年ぶりに復活した作家が非常に多かった一年でした。
ざっと思いついたところを挙げてみると、
syattenさん、908さん、-45さん、paraokaさん、チトセさん、Bts-Factoryさん、Nirr.さん、
Y.Wさん、umeさん、Kei Izumiさん、S.inさん、Shaman Cure-Allさん、Timaさん、wataさん、
lactateさん、ポポスさん、天音さん、えふさん、D11Xさん…など、枚挙に暇がありません。

そのなかでも一際輝いていたのが、愛新覚羅溥儀さんなのではないかと思います。
"plugout4 FINAL-PHASE"で突然現役復帰すると、"BOF2010"ではチート軍団 [大人数チーム] を結成し、
自身も“Caterpillar Song”をメガヒットさせ、古参のみならず若いプレイヤーにもその実力を見せつけました。
溥儀さんには2011年以降も、BMS界のレベルを引き上げていって欲しい…と願ってやみません。

 
 

   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 

 
 

Medal_3

 BGA作家賞 : Identity 7

 2010年の主な実績

Award2010_identity7

上の作品一覧をご覧いただければ、もはや選出に異論を挟む余地はないでしょう。
驚異的な制作数とクオリティにより、2010年のBGAシーンを席巻したのがIdentity 7さんでした。
とりわけplugout4での活躍は圧巻で、PHASE-03では9作品中7作品を担当するという鉄人ぶりを発揮して
多忙な軍人さんを映像面でサポート、plugout4の成功の最大の立役者となりました。
また夏の"5vs7"の“Flesvelka”では、過去名義時代も含めて初のイベント優勝も経験しています。
2011年も引き続きヒットメーカーとして活躍するのか、その手腕に期待がかかるばかりです。

 
 

   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 

 
 

Medal_4

 ベストインプレイヤー賞 : ????


※ 12月31日23:59までの全インプレを集計し、万全を期した上で後日改めて別記事にて発表します。
2011年1月中の公開を目指します。もうしばらくお待ちください。お楽しみに。

 
 

   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 

 
 

Medal_5

 主催・運営賞 : scytheleg

Award2010_scytheleg

今年、個性派のイベントを次々企画し、BMS界を盛り上げてくれたのはやはりscythelegさんでしょう。
2月に"EXTREMEBEAT"と"ChaosStage"という両極端なイベントを同時開催(!)したのは印象的で、
特に"EXTREMEBEAT"は上半期のイベント戦線の大一番として大きな注目を集めました。
そして夏にはルゼさんとともに、5鍵対7鍵のガチバトル"FIVE VS SEVEN"を開催。
90作品近くの登録に恵まれ、BOF一極集中の現状に風穴を開けることに成功しています。
鎌足さんにはイベントを実行する行動力があるし、面白い企画を練る発想力もあるしでリーダーの資質は満点。
ぜひ来年以降もBMS界の大将格として様々なイベントを主導してもらいたい…!と思います。

なお、2011年の鎌足イベント第一弾として、"Wire Puller 2"の告知が早くもなされています。

Award2010_wp2

久しぶりの偽名・仮装イベントということで、どうなるかが楽しみな大会です。
同時開催の"第一回”なんちゃって”無名BMS作家が物申す!"ともどもご期待ください。

  
 

   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 

 
 

Medal_6

 Webサイト賞 : 瓜がBMSをプレイして感想を書いたりするブログ
           (管理人


Award2010_uri

365日休まず更新を続けたメモメモさんとどちらを選出するか大変迷ったのですが、
1月の開設以来300更新以上を記録し、しかもほぼ全てがBMS関係の記事という点を重視し、
瓜さんの瓜がBMSをプレイして感想を書いたりするブログをサイト賞に選出させていただきました。

このブログは、何と言っても記事(BMSレビュー)の中身が濃いのが本当に凄いと思います。
洒脱な文章、巧緻な比喩、豊富な音楽・BMS知識、そして驚異的な更新力。少し私にも分けてください(コラ
BMS界の問題点として、「作品を発表しても、それに対するレスポンスが少ない」というのがありますが、
世に出たBMS作品は欠かさず記事に取り上げて、瓜さんが濃厚なレビューを付けてくれるというのは
BMS界のクリエイターたちにとって、これほどモチベーションに繋がることはないのではという気がします。
連日更新で疲弊しているとは思いますが、今後への激励を込めて賞を授与させていただきます。

 
 
 
   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 
 
 
 

Medal_7

 特別賞 : Symphonian

 
今年BMS界を側面から支えた英雄の1人として、Symphonianさんは絶対に外すことはできないでしょう。
2010年のSymphonianさんの主な業績(BMS発表以外)には以下のようなものがあります。

  • 多くの作品のDP譜面制作
  • イベントや登録サイトでの精力的なインプレ
  • "KBP2010"の日本での宣伝
  • "KBP2010"のパッケージ制作
  • "第7回無名戦"webアルバム制作
  • "Over Velocity Arrangement"開催に伴い、PENTAVISION社と二次創作に関して交渉
  • "Over Velocity Arrangement"のパッケージ制作
  • BMSブログ「uhocrab」の開設
  • いわゆる「symphonian譜面」の確立
  • BMS界の♂アッー!!の地位向上(これはどうでもいい)

日本と韓国の橋渡し役や、DP譜面の普及などに尽力したほか、
webアルバムやブログまで主導するなど、その行動力は界隈ナンバーワンと言わざるをえません。
韓国人ということで、日本のBMS界で活動するには言語や習慣の面でハンデがあるにもかかわらず、
失敗を恐れず次々にアクションを起こしていく姿勢は、私たちも見習わねばならないでしょう。
2011年は徴兵に招集されるとのことですが、無事に帰ってきてくれるのを心待ちにしています。
 
 
 
   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 
 
 

 
以上9部門をmihoclapが独断と偏見で選出しました。異論反論とかがある方はごめんなさい。
皆さん今年1年本当にお疲れ様でした。2011年も素晴らしいBMSと出逢えますように。

それでは良いお年を。

|

« クリスマスBMS特集2010 | トップページ | 賀正(遅) »

column」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/38278097

この記事へのトラックバック一覧です: BMS AWARD 2010:

« クリスマスBMS特集2010 | トップページ | 賀正(遅) »