« “Oz'Beats ~温故知新~” 開催 | トップページ | クリスマスBMS特集2010 »

2010/12/28

“BOF2010 場外乱闘編” 回顧

Banner_jyogai_sp

THE BMS OF FIGHTERS 2010 場外乱闘編

登録 : 11月3日(水)~11月20日(土) 
評価 : 11月3日(水)~11月20日(土) 
主催 : BOF2010実行委員会

-----------------------------

 
 
 

だいぶ昔のことになりますが、"BOF2010 場外乱闘編" が終了しました。

登録数は総計21チーム・53作品(スパム含む)と大きく膨れあがり、
BOFのアフターイベントとしては過去最大の規模のイベントとなりました。

お祭りイベントという性質上、公式ページでの集計・総評等は行われないようですので
そういった結果発表的なものも含めて、ここで場外乱闘編のおさらいをしてみたいと思います。
1ヶ月前の薄れゆく記憶を全力で掘り起こしながらどうぞご覧ください(遅れてホントーにごめんなさい…)
 
 
◆ 結果発表

 ● チームスコア部門 

Bof2010_jogai_tscore10

                                                   全順位はこちら
 ● チーム中央値部門 

Bof2010_jogai_tcenter10

                                                   全順位はこちら

ということで、見事スコア優勝を果たしたのは [チーム他人のふんどし] でした。
「他人のふんどし」という名のとおり、他作家のBOF参加曲のリミックスBMSで統一した本チームは、
『BOFアフターイベント』の趣旨に適合したチームカラーも支持され、文句なしの優勝を飾りました。
2位にはBOF本戦にも出場した [Team Synth1 場外乱闘編] がランクイン。
優勝チームとは多少の点差が開いたとはいえ、序盤戦の主役は間違いなくこのチームでした。
3位はxenothiumさん率いる [(・x・`)] が、4位 [赤紙] との激戦を僅差で制して銅メダル獲得となりました。

中央値部門では、「1作品のみ提出」のチームが無類の強さを発揮しました。
優勝はTAKさんの [忘れ去られた傭兵部隊] 。一時は [Team Synth1] への合流も噂されたものの、
流れの傭兵らしく結局1人で最後まで戦い抜き、見事にチーム優勝を勝ち取りました。
準優勝はルナ・ヴィオーラさんの [G1] チーム。こちらもやはり1作品チームです。
3位にはチームスコア部門優勝の [チーム他人のふんどし] が底力を見せつけています。

なお、[忘れ去られた傭兵部隊] のTAKさんはRelief*名義での偽名参戦となりましたが、
偽名チームがチーム戦形式のイベントを制したのはこれが史上初の快挙です。
お祭りイベントとはいえ、BMSの歴史に大きな一歩を踏み出したことになるのかもしれません。
 

 ● 個人スコア部門 

Bof2010_jogai_kscore10

                                                                   全順位はこちら
 ● 個人中央値部門

Bof2010_jogai_kcenter10

                                                                    全順位はこちら

個人スコア優勝は削除さんの “- [none] [8 progress remix]” でした。
原曲はBOF2010最大の問題作 “-” ですが、それをまさかの形でリミックスした意外性は圧巻の一言。
アイデアもさることながら技術面も高く評価され、堂々の個人スコア優勝獲得となりました。
準優勝は “unholic”。近年のTAKさんはLilyca*名義でTrioStaRさんのサポートに回っていましたが、
久々(06年"Renaissane"以来?)の単独作となる本作で、往年の実力の一端を見せつけてくれました。
3位はETIA.さんとMM Sequenceさんの “DISCHARGE RUSH”。2位まであと75ptsという惜しい成績。
ETIA.さんは今年の無名戦デビューながら、現在の充実度・上昇度は恐るべきものがあります。

中央値部門でも削除さんの “- [none] [8 progress remix]” が第1位。スコアとの2冠制覇達成です。
その中央値は驚きの993pts。ほぼ満点。素晴らしい好成績で優勝に花を添えました。
準優勝はTAKさんの “unholic” 。中央値部門・スコア部門ともに1位2位は同じ作品となっています。
3位はFALLさんの “Unexpected rain (likeside remix)” 。
登録が遅かった(7日目登録)ためスコアは伸び悩みましたが、中央値ではさすがの存在感を発揮しました。
 

さて、スコア・中央値の2部門で優勝した削除さんですが、
08年11月開催の"experimentation"を “Death mail Ⅳ” でアベレージ優勝して以来、
ちょうど2年ぶり・2度目のイベントタイトル獲得となりました。
スコアでは今回が初優勝ということで、非常に大きな自信になったことかと思います。

ちなみに削除さんは、場外乱闘編の出場者のなかで
BOF2010本戦の順位でナンバーワン(“Warlords of Atlantis”、6/278位)ですので、
まさに順当勝ち・実力通りの結果を収めたということができるでしょう。
これでまだ若干高校生作家というのですから、ますます将来が嘱望されてきますね。
優勝、おめでとうございました。

 
 

◆ スコア推移

期間中のチームスコアの点数・順位推移は以下のような感じでした。

Bof2010_jogai_graph90000_2

構図としては、[チーム他人のふんどし] VS  [Team Synth1 場外乱闘編]
[(・x・`)] VS [赤紙] という形で戦いが展開されていきました。
上図だと中位グループが密集していて極度に見づらいので、拡大版も下に掲載しておきます。

Bof2010_jogai_graph40000_2

インプレラッシュに偏りすぎていてやっぱり見づらいですね。頑張って解読してください。

個人スコアにつきましては、全作品掲載するとごちゃごちゃして見られたものではなくなるので
ここでは最終順位で上位15作品に入ったものだけ掲載することにします。
なお、約3作品ほどグラフを突き抜けてしまいましたが、圧勝税としてご了承くださいませ。

Bof2010_jogai_graph20000

その他、全チーム・全作品の得点推移や詳細データ等はこちらからご覧ください。

 
 

◆ インプレ状況

今大会のインプレ総数は718インプレです。1作品あたりに換算すると13.5インプレ。
53作品もの登録が集まった割には、やや寂しい数値と言えるでしょう。
(参考までに、同規模〔49作品〕のイベントだった"第7回無名戦"は約1600インプレでした。今大会は半分以下ですね。)

登録期間=評価期間という日程も影響したのか、全インプレ達成者も非常に少ないです。
全曲インプレを達成した猛者は以下の2名でした。

Symphonian  TrioStaR

インプレの集まりが低調ななか、積極的にイベントを盛り上げてくれた貢献度は計り知れないと思います。
BOF明けにもかかわらず50作品以上もの大量のインプレ、本当にお疲れ様でした""ハ(^▽^*) パチパチ♪

恒例の「全インプレ達成者の点数によるランキング」は、わずか2名と少ないため今回は割愛しますが、
達成者お二人、及びインプレ全体のデータを代わりとして載せておきます。

Bof2010_jogai_impdata

 
 
 

◆ 場外乱闘編アラカルト

 ● 裏切りシステム

今大会では、登録後のチーム変更が可能という「裏切りシステム」が設けられていました。

離反のタイミングによっては一発逆転が起こるだけに、どのくらい裏切りが多発するかも見どころでしたが、
現実にはわずか2回しか発生しませんでした。以下の2件が今大会の裏切り作品です。

  • 11/06  “RUSSIAN NIGHT FEVER / U.P.”
     [(・x・`)] → [赤紙]  (11/05までのスコア : 2430pts)
  • 11/20  “asdfsong ("mix your own sytrus" mix) / kireji”
     [Team Synth1 場外乱闘編] → [赤紙]  (11/19までのスコア : 6372pts)

両作品とも [赤紙] チームですね。他チームにスパイとして潜入する恐ろしい策謀チームでした。
ただし、裏切りの効果はそれほど大きくはならず、決して一発逆転とまではいかなかったようです。
上のほうに掲載した点数推移でご確認ください。「えっ、裏切り?どこ?」って感じですから…。

裏切りが少なかった理由としては、自チームへのインプレは禁止、というルールが影響したように思います。
他チームのメンバーから既にインプレが付けられていた場合、裏切りは実質不可能になってしまいます。
(皮肉にも、傭兵部隊の“unholic”を自チームに勧誘するインプレがまさにそれでした。)
お祭りイベントなので運営側も認めてくれるだろう、とは誰もが思いつつも、
叩かれる可能性のある行為は自粛し、フェアに戦った作者さんが多いという印象でした。
 
 ● スパム参戦

DEEのイベントページには、前々からスパムによるインプレが見られましたが、
今大会ではスパムがチームを結成して作品登録するという、前代未聞の事態が起こりました。

Bof2010_jogai_spamteam

[eqxetvmmfvv] チームの “lchewsPcLLsbnVf” という作品。
なんだかかつてのvfpq(vfpqxtxbrzpcracseh)を彷彿させるような、凄まじいチーム名・作品名です。
インプレイヤーの興味を惹いたのか、獲得した30インプレという数値は今大会1位タイでした。

でも、固いことを言うようですが、こうしてスパムを遊ばせておくのは望ましくないでしょう。
リンク先にウィルスやら何やらが仕組まれている危険性もありますし、
スパムに高得点を付ける人が出てくると、インプレ叩きや運営批判の火種になりかねませんし、
真面目に作品を作ったのにスパムに負けた作者さんの気持ちは察して余りありますし(現に2作品が敗北)、
イベントの話題性のためとはいえ、私は必ずしもプラスに働いてるとは言い切れない気がします。
そんなことは皆さん重々承知しているかとは思いますが、一応。

 ● 評価期間1時間

今大会では登録期間と評価期間が重なっているため、駆け込み登録も多く見られました。
とりわけ一番最後に登録した “starfall / AHA*” に至っては、エントリー時刻は最終日の23:08。
インプレをするのに残された時間はたった52分という無茶苦茶さです。
しかもちょうどインプレラッシュ中で、会場上部のログがすぐに流れてしまうため
作品登録がされたことにすら気づかない人も多かったことでしょう。

しかし、52分間でしっかり4インプレを集め、かろうじてスパムを抜いたのは賞賛に値することだと思います。

ちなみに、BMSイベント史上(たぶん)最短評価期間作品は、
"BOF2010(Breath Of Fire 2010)"のさばみそさんの“FALL FALL”で、最終日の23:55にエントリーです。
歴史に名を残したい作家さんは、ぜひこの超記録を抜くような駆け込み登録を目指してください。
(駆け込み登録により、インプレが全く貰えなくても私は一切責任を負いません。)

 
 

◆ 3大"BOF2010"総合ランキング

2010年は"BOF2010"イヤーでした。
9月に開催された"BOF2010"の本戦は言わずもがな、
エイプリルフールイベントの"BOF2010(Breath Of Fire 2010)"、そしてこの"BOF2010 場外乱闘編"と、
"BOF2010"と名の付くイベントが3つも開催されるという、まさにBOF2010尽くしの一年となりました。

そこで、この3大BOF2010の全341作品の中から真のBOF2010チャンピオンを決するべく、
3つのイベントを統合した総合ランキングを作ってみました。

インプレの規模が違いすぎてスコアだと不平等なため、中央値でのランキングとなっています。
なお本戦登録作は黒字、場外乱闘編は赤字ブレスオブファイアは緑字で表示してあります。
BOF2010の覇者中の覇者は一体どの作品でしょう…!?

Bof2010_jogai_totalcen25

…というような結果です。
“elegante” とか “Halcyon” とか凄い連中はとりあえず置いとくとしまして、
場外乱闘編からは “- [none] [8 progress remix]” が7位相当、“unholic” が12位相当、
Unexpected rain (likeside remix)” が21位相当と、それぞれ素晴らしい成績を残しています。
ネタイベント(と思われた)ブレスオブファイア2010からも、“lost memories”が24位に大健闘。
「BOFは本戦だけじゃないぞ」という参加者からの魂の叫びが聞こえてくるようです。

ついでにワースト5も容赦なく掲載しておきますと、下図のようになります。

Bof2010_jogai_totalcenworst

無音BMSやらスパムやらを押しのけ、sabamiso(現cybermiso)さんの“FALL FALL”が頂点(?)に。
スコア0pts、中央値・アベレージなしという戦績は、永遠に抜かれることはない不滅のレコードでしょう。

見事ワースト1に輝いた作者のcybermisoさんと、その声ネタを担当したFALLさんには
「BOF2010最低最悪の男」の称号を授与します。掘ーるさんだけにどん尻を獲得するなんてお上手ですね。
本当におめでとうございました!

全順位はこちら
中央値だけでなく、一応スコアでのランキングも作ってあります。それはこちらよりどうぞ。当然ながら本戦無双です。

 
 

   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 

 
 

ということで閉幕した"場外乱闘編"でありましたが、
BOF2010のお祭り気分そのままに、非常に多くの登録作品に恵まれたイベントでした。
その反面、インプレは思うように集まらず、「BOFの前夜祭・後夜祭を盛り上げるのは難しい」という
ジンクスの壁に阻まれたりもしましたが、そのあたりは今後の検討課題というところでしょう。

本大会には意欲的な取り組みが多数見受けられました。
チーム作品数不問、裏切りシステムの導入、BGA差分での参戦可など、
うまく使いこなせたなら、今までのイベントの既成概念を打ち破るような魅力ある制度ばかりです。
来春、"BMS Festival 09' Winter"の続編があるとかないとかいう話も小耳に挟んでいますが、
本大会での美点・欠点などを検討した上での開催となれば、成功は間違いないことでしょう。
 
 
人によっては色々と思うところのあるイベントだったかもしれませんが、
BOF2010の余勢を駆ったアフターイベント…という点に関しては、申し分ない大賑わいだったと思います。
主催・運営・参加者・投票者・その他関係者の皆さん、お疲れ様でした。
 
 
 
 
 
THE BMS OF FIGHTERS 2010 - 場外乱闘編 -
公式
http://www.bmsoffighters.net/bof2010/jyogai.html
会場
http://manbow.nothing.sh/event/event.cgi?action=List_def&event=66



----------------------------------




お知らせ1

1ヶ月以上放置していて申し訳ないです。すいません生きてます。
仕事の年末進行に加えて、プライベートで色々重なってきてずっと忙殺されてました。
年明け後も余暇が少なそうな見込みですが、なるべく時間を作り出して頑張ります。
少なくとも、今年予定していた記事は早めに消化するようにします…。

 
お知らせ2

毎年恒例、びにゅう2010年の年間ベストBMSを募集しているようです。

"びにゅう読者が選ぶ「このBMSがすごい!2010」"と題された今年も、だいたい例年通りの企画で、
2010年お気に入りBMS10作品を投票すると、大晦日にFALLさんが集計・発表してくれる…というものです。

今年一年、FALLさんを「掘る」「尻」「兄貴」「アッー」呼ばわりした人は、せめてもの罪滅ぼしとして、
ご家族・ご友人をお誘い合わせの上、年間BMSに一票を投じてきましょう!
票数が少ないと、同票多数で冴えないランキングになってしまいます。皆さんのご協力をお待ちしています。

なお、対象となるイベント・作品・パッケージを確認しておきますと、

このなかから10作品に絞るのは大変ですが、年末のBMS納めの一環としてぜひ投票してみてください。
例年、下半期作品のほうが上位に来やすい傾向があります。果たして今年はどうなるでしょうか。

投票締切は12月29日(水)いっぱいです。
30日の朝くらいまでならオマケで待ってくれるとは思いますが、なるべく期限内に、ということで。
私もモチロン投票してきます!

|

« “Oz'Beats ~温故知新~” 開催 | トップページ | クリスマスBMS特集2010 »

bof」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/38240497

この記事へのトラックバック一覧です: “BOF2010 場外乱闘編” 回顧:

« “Oz'Beats ~温故知新~” 開催 | トップページ | クリスマスBMS特集2010 »