« “BOF2010” 回顧(後編その1) | トップページ | 2010年ベストインプレイヤー賞 »

2011/01/24

“BOF2010” 回顧(後編その2)

Bof2010_bnsp

THE BMS OF FIGHTERS 2010  - The Evolution of War -

登録 : 9月17日(金)~9月24日(金)
評価 : 9月25日(土)~10月30日(土)
主催 : BOF2010実行委員会

“BOF2010” 回顧(後編その1)の続きです。遅くなってすみません。

-----------------------------

 
 
 

前回の記事に引き続き、"BOF2010"の回顧記事です。
イベント終了から3ヶ月近く経ってしまいましたが、
当時の記憶を掘り起こしながら読んでいただけると幸いです。

 
 

◆ インプレイヤー表彰

"BOF2010"では、公式発表で15927ものインプレが集まりました。
(インプレ集票状況については“BOF2010” 回顧前編をご参照ください。)

今大会の登録数は全278作品と膨大でした。全曲1回ずつ遊ぶだけで10時間かかります。
そのため、インプレどころかプレイすら追いつかないのではと危惧していましたが、
多くの熱心なインプレイヤーに支えられ、BMSイベント史上過去最高のインプレ数を達成しました。

インプレイヤー一人一人の協力があって初めて成功を勝ち得たイベントではありますが、
無名作家や埋没作品にまで平等に、278作品全てにインプレした猛者たちの貢献度はとりわけ大きいでしょう。
その労に少しでも報いるべく、ここで全インプレ達成者を盛大に表彰したいと思います(以下、敬称略)。

Aloin     Anon*     cybermiso    fkRadish    hi-low     kireji    kisama    MIRV    Moai    SmiGoon    s_miho     Symphonian     TrioStaR    Ym1024     くまらー     フォーニ

以上16人、全曲インプレ達成者でした!本当にお疲れ様でした""ハ(^▽^*) パチパチ♪
(私も達成組に入ってるので褒めづらいのですけど、わざわざ書き分けるのも手間なので大目に見てください)
1曲インプレするのに15分かかったとすれば、所要時間は計70時間。
1曲インプレするのに30分かかったとすれば、所要時間は計6日間。莫大な時間と労力を費やしてくれました。
BOFを盛り上げるため力を尽くしてくれたことを、BMSファンの一人として厚くお礼申し上げます。
 

全インプレ達成者16人のなかでも、特に頑張ったと思われる人を列挙しますと、

Anon*    fkRadish    SmiGoon    s_miho    hi-low 

の5名は、一行インプレと比べて手間がかかり、またコメントに重い責任を負う通常インプレでの達成です。

cybermiso     hi-low     SmiGoon    Symphonian     TrioStaR    Ym1024     くまらー

の7名は、BOFに作品制作などで参加しながら、更に全インプレをも達成した大功労者です。

hi-low kisama    Moai     Symphonian     TrioStaR    Ym1024

の6名は、BOF2009に続き、2年連続BOF全インプレ達成です。

hi-low

の1名は、BOF2008、2009に続き、3年連続BOF全インプレという快挙を成し遂げました。
ほとんど見返りのないインプレを、長期にわたって精力的に続けるのは本当に凄いことだと思います。
ひろうさんは私の中でBOFインプレイヤー殿堂入り第一号です。今後とも更なるご活躍を期待しています。
 

また、毎年のことではありますが、
今年も「1作品だけインプレするのを忘れて全インプレを逃した」という惜しいインプレイヤーが2名いました。

bluv    scytheleg

bluvさんはNo.185、scythelegさんはNo.214を飛ばしていました。
鎌足さんは2年連続で1インプレ忘れです。『BMS界No,1ドジっ子インプレイヤー』の称号を差し上げます。

 
BOF2010インプレ数上位は次のようになりました。(赤字は全インプレ達成者)

Bof2010_result2_impreranker

全278作品の平均点は805.4ptsなので、採点が甘かったか厳しかったかはそれを参考にご判断を。
1000ptsを付けた作品数も掲載してみましたが、多くのインプレイヤーが10作品未満なうえ、
1作品にも満点を付けていない人が結構いる、というのが個人的には意外で新発見でした。
 
 
惜しくも全作品にインプレできなかった人たちも、「イベントを盛り上げたい」という気持ちは
全インプレ達成者とたちと比べても全く劣らない情熱を持っていたに違いありません。
皆さん本当にお疲れ様でした。これからも一緒にBMS界を賑わわせていきましょう!
 
 

◆ 全インプレ達成者関連データ

  ● 全曲インプレ達成者の採点傾向

全インプレ達成者が、どの得点帯に何票投じたかという得点分布です。
1000ptsは赤、900pts台は橙、800pts台は黄色…などで色分けして表示しています。

Bof2010_result2_allimp_bunpu

全体的には黄色(800点台)、橙(900点台)、薄緑(700点台)のインプレが多く、
水色(600点台)より低い点は、厳しめのインプレイヤー以外はあまり使われていないようです。

インプレイヤーごとの採点の個人差は非常に激しくて、例えば同じ900pts台でも、
最も高得点が多かったfkRadishさんは、約50%もの作品に900pts以上を付けているのに対して、
かなりシビアだったAlionさんは、全体の5%弱にしか900pts以上を付けていなかったりします。
得点の数値だけ見て一喜一憂しがちですが、こういう採点傾向を知った上で点数を見ると、
インプレイヤーたちの本音の評価がわかって面白いかもしれないですね。
 
 
 
  ● 全曲インプレ達成者の票のみによるランキング

全インプレ達成者16人のインプレだけを対象にした、BOF2010のスコアランキングです。

今大会は作品数が莫大だったため、全曲プレイした人は必ずしも多くなかったと思われますが、
全作品を一通りプレイしてインプレした人たちの票のみを取り上げることで、
インプレ数格差や場所取りの影響などの少ない、作品本位の興味深いランキングになると思います。

いわばBOF2010審査員たちによるランキングです。注目の順位は以下のようになりました。
※ 自チーム作品などの理由でインプレができなかった作品に対しては、平均点などから独自に推計点を算出し得点に加えてあります。

Bof2010_result3_zenimprank20_2

全インプレ達成者から最も支持を集めたのは、溥儀さんの“Caterpillar Song”でした。
この作品は昨年末のびにゅう読者が選ぶ「このBMSがすごい!2010」でも首位に輝いており、
BOF2010の実際の順位以上に、BMS通からは絶賛の嵐を受けまくっている名作と言えるでしょう。

2位にはtigerlilyさん(STR名義)の“Debut”。公式順位は23位ながらここでは貫禄の準優勝。
そして3位は“風仁雷仁”。本作はアベレージ(参考記録)では278作品中1番という傑作です。

以下の順位はご覧の通りとなりますが、公式順位よりずっと高く評価されている作品としては、
6位の“seofireのテーマ?”(スコア31位)、7位の“Tuk Tuk Boshi”(スコア41位)あたりが特徴的でした。
 
 
これと同じランキングは、昨年のBOF2009回顧でもやっているのですが、
その時の1位“Papyrus”は、同年の「びむらじリスナーが選ぶ2009ベストBMS」にも選ばれました。
ほんの一部のインプレイヤーだけの票ではありますが、意外とシーンの流れと連動してるのかもしれませんね。
 

全順位・詳細はこちらからどうぞ。

 
 
 

◆ 中央値ゲッター

BOFではアベレージ部門の代わりに中央値部門が採用されています。

「中央値」というのは、その作品に投じられた全てのインプレのなかでちょうど真ん中の点数のことで、
例えば [ 1000pts / 1000pts / 900pts / 100pts / 0pts ] の5票を獲得した場合、
アベレージなら、(1000+1000+900+100+0)÷5=600pts になるのに対し、
中央値なら、5票の真ん中の点=3番目の点=900pts となります。
死票は多くなりますが、極端なアンチ票・信者票などを無効化するのに有効な算出方式です。

そんなわけで、中央値に使われるインプレは、
全投票のうちのほんの数票であることがほとんどです(中央値に同点が多い場合は増加)。
それでは、あなたの作品の中央値は誰がゲットしたのか、もしくは、
あなたの投稿したインプレはどの作品の中央値をゲットしたのか、気になったことはありませんか?
ということで調べてみました。BOF2010中央値ゲッター一覧です。

作品別ソート(会場の上から順)  インプレイヤー別ソート(名前順)

何十何百もインプレが投じられたなかで、もし自分が中央値をゲットしてしまったのならば、
それはもう作者とインプレイヤーが赤い糸でつながれてるとしか考えられません。
何らかの縁があると思って、ぜひ末永くプレイしてあげてください。
(“Halcyon”の中央値ゲッターは111人もいたりしますが…)

ちなみに私は、“ブルームーン”と“NEW ANACHRONISM”の中央値になったようです。
どちらも好きな作品なのでとても嬉しいです。家宝にして大切にプレイします。
 
 
さて、せっかく中央値ゲッターを調べたので、ついでに幾つか集計をとってみます。
 

  ● 中央値ゲット数

インプレイヤーが何作品の中央値に関わったか、のランキングです。

Bof2010_result3_centerrank1

くまらーさんが56作品。全278作品のうち、およそ5分の1の中央値を獲っています。驚異。
2位kisamaさんはくまらーさんの半分の28作品。3位にはkirejiさん・Smigoonさん・フォーニさんが並び、
以下、20作品台で数多くのインプレイヤーがランクインを果たしています。

ただ、中央値ゲット数は、900ptsとか800ptsとかキリの良い得点を多用すると獲得しやすいので、
必ずしも「平均的な評価をするインプレイヤー」というコトには結びつかなかったりしますが…。
 

  ● 中央値獲得ポイント

キリの良い得点を多用するインプレイヤーにも、端数得点を多用するインプレイヤーにも平等なよう、
「中央値獲得ポイント」というものを定義してのランキングです。

1作品の中央値をゲットすると1000pts獲得、
ただし中央値該当者が2人の場合は各500pts、3人なら各333pts…という風にポイントを定め、
どのインプレイヤーが最も多くの中央値ポイントを獲得したかを調べました。

 (※ 表中の「主な獲得作品」は、中央値を独り占めした作品のみ記載)

Bof2010_result3_centerrank2

こちらも1位はくまらーさんでした。56作品もの中央値を獲った数の力はやはり圧巻でした。
面白いのが2位のhi-lowさん。ひろうさんは今大会で844ptsとか869ptsとかの端数インプレを付けていて、
そのため中央値ゲット数は多くなかったものの、中央値を独り占めした作品がとても多く(8作品)、
総合ポイントでは大きく躍進して2位に上り詰めました。さすが殿堂入りインプレイヤーは違います…!
3位のkirejiさんまでが10000ptsオーバーでした。

全順位はこちらからどうぞ。

 
 
 

◆ BOF2010アラカルト/各賞発表

  ● 一枚絵部門

膨大な作品群のなかから少しでもアピールしようと、BGA付きの作品が圧倒的主流だった今大会。
しかしながら一枚絵で奮闘した作品も多かったです。一枚絵BMSの上位は以下のようになりました。

Bof2010_result3_itimaie

Yamajetさんの“LOVE HIGHBALL”が最高位。唯一のベスト50圏内で、BOF2010一枚絵BMSキング獲得です。
以下、“Angelic Heart” “スクラッチマニア!このゆびとまれ!”と続き、10作品がベスト100に入りました。
一枚絵でもこれだけ評価されるのですから、楽曲のクオリティの高さは相当なものでしょう。

ただ、前回のBOF2009と比べると、一枚絵軍団の成績はそれほど振るわなかったようです。
(BOF2009では、“Aihana (Radio Edit)”が14位、“モリオンの姫”が16位に入るなど好調でした)
278作品のなかでプレイヤーにインパクトを残すには、BGAは相当大事だったということでしょうか。

 

  ● BGAなし部門

今度はBGAどころか一枚絵すらない作品の上位5傑です。

Bof2010_result3_nobga

ラスとルークさんの“ASTRO”が最高位。こちらも唯一のベスト50圏内で、NoBGAキング戴冠です。
2位にはwa.さんの“異説彼岸花 第一 -原初のアマリリス-”。この作品も高順位です。
ランキングを見れば明らかですが、RasさんとCREATION RECORDSメンバーが上位を独占しました。
なお、“ASTRO” “Minus coco” “悲伽羅香「水蓮」~花弁~”には後日BGAが制作されています。
“BOF2010” 回顧(後編その1)の「終了後のお楽しみ」で特集しておりますのでご参照ください。

 

  ● 一人チーム部門

一人チーム(楽曲担当者が一人という意味)の上位一覧です。

Bof2010_result3_hitoriteam

今年のベスト一人チームはeollさんの [LUMINOUS] でした。
12位という順位はかなりの上位で、数々の名門・実力派チームより上です。恐るべし [LUMINOUS] …。
2位から4位まではいずれも韓国作家の一人チームです。なかでもRuby.Gさんは2チームが入賞。

なお、チームスコア31位の [さいしょはROCK(仮)] (ETIA.さんとMM Sequenceさんのチーム)は
自称2人チームということで表から除外しましたが、実は1人チームではとの疑惑が浮上しています。
真相はいかに…!?

 

  ● 本年度のA-1

説明しよう、A-1(Air-1)とは空気作家No.1のことで、
BOFで真ん中の順位を取った作者(とチーム)に授与される称号のことである。

不名誉な称号ではありますが、ネタになるので注目度アップに役立つ材料なのは確かです。
前回BOF2009では、個人・チーム部門ともに鎌足さんがダブル受賞という快挙を達成。
(“FIRE FIELD - REMIX -”が103/206位、[大都会岡山連合] が35/70位)
しかし鎌足さんはそれを糧にし、2010年に大きな飛躍を見せたのは皆さまも知るところでしょう。
A-1は縁起の良い賞なのです。そんなA-1の栄えある2010年受賞者は以下の面々です。

  • A-1チーム : [ウサミミの漢達が何かやる!!] (48/95位)
    (メンバー : nmk / Ark-Z / CrossGear)
  • A-1作家 : “Volt  /  SpeedFreaks feat.kzt (P.E. feat.kzt)” (139/278位)
  • A-1作家 : “THE MAIDEN FLIGHT  /  RMHN” (140/278位)

以上、1チームと2作品が今年の受賞者です。おめでとうございます(?)
冷静になって考えると決してありがたくはない賞ですけど、上手く利用できれば凄くオイシイ身分です。
ぜひ前回の鎌足さんに続き、A-1という特権を飛躍の足がかりとして活かしてみてください。
 

  ● 複数登録事情

今大会では、「1人で複数作品を登録」という作家さんが目立ちました。
(※ 合作も1作品に数える / BGAのみor譜面のみの参加は1作品に数えない)

Bof2010_result3_hukusu

2作品、3作品なら珍しいことではありませんが、
6作品とか7作品とか超多作な作家さんもちらほら。なんという生産力。

ちなみに、もし「1人1作品まで」という制限があったなら、今大会の総作品数は200を切っていたようです。
 

  ● 海外作家事情

BOF2010への海外(主に韓国)からの参戦は、全278作品中47作品全体の約17%でした。
BOF2009では全206作品中21作品、約10%だったので、
登録数は倍増以上、登録割合も前年比7割増という、凄まじい進出ぶりを誇っています。

海外からのインプレ(私がわかる範囲で算出)も非常に多く、
全15927インプレ中、少なくとも約3000インプレ(全体の20%ほど)は海外からの投票でした。

※ wosderge(旧d__t)さんは海外の方とのことですが、ここでは日本人として扱いました。
 
 
ここ数年で韓国勢の躍進は著しく、一年ごとに倍倍に増えているような印象すらあります。
このまま飲み込まれることのないよう、日本の作者・インプレイヤーにも一層の奮起が期待されます。
なお、来たる3月には、韓国のBMSイベント"KBP2011"が予定されていますので、
「韓国勢に押されっぱなしでいいのか」という大和魂をお持ちの作者さんは、反撃に転じてはいかがでしょう?

Kbp2011

KBP2011 http://k-bms.net/2011/index.html 
(エキサイト翻訳を通した便利リンクはこちら。)

出場のためには、事前エントリー(2月13日締切)が必須となります。飛び入り参加はできません。
日本からは、既にkei_iwataさん、mentalhealzさん、Nitrixさん、sun3さんが参戦を表明しているようです。
"KBP2010"を制したディフェンディングチャンピオンzest:raveさんも参加予定で、相手はかなり強いですが、
日韓BMS交流のためにも、日の丸を背負って戦う作家さんが増えることを祈っております。
 

  ● 個人的注目のインプレレス

今大会でも、非常に多くの作家さんがインプレに対してレスを返してくれました。

自分のインプレに反応があるというのは、インプレイヤーとしても嬉しいものですし、
レスを通じて作者さんが身近に感じられるというのは、BMS界ならではの美徳だと思います。

そんななか、私の気になったインプレレスを1作品だけご紹介。
シィナ(yujurie)さんの“シュリ”。言葉ではなくネタ画像でレスを返すという新境地を拓いています。

Yuzures

一例を挙げるとこんな感じです。なんだこのコラ漫画は。
ストーリーの続きが気になる方は、面白いのでぜひ“シュリ”に足を運んでみてください。
yujurieさん秘蔵のネタ画像フォルダが火を噴いて、ひたすらスゴイことになってますので…。

※ 先ほど確認したら消されてたっぽいです。執筆時には無事だったのに…!
 
 
 
 

◆ 連動企画紹介

BOF2010に関係した各種連動企画のご紹介です。
どれも力の入った企画ばかりですので、未見の方はこの機にチェックしてください。
 

  ● Groundbreaking -BOF2010 COMPILATION ALBUM-

Bnr_gdbg2010_l

BOF参加曲のなかから選りすぐりの39曲を集めたWebアルバム。
ロングありリミックスありボーナストラックありで、BOFの感動が再び甦ること請け合いです。
収録曲のなかには再生時間20分を越える超大作も…。BMSファンなら必聴間違いなしでしょう。
これほどのクオリティながらお値段は無料!保存用・観賞用・布教用に3回DLしても勿論タダです!
素晴らしいアルバムですので、お持ちでない方はぜひDLし、一緒にGroundbreakingの世界を楽しみましょう。

BMSスターターパックが凍結状態にある今日のBMS界で、
こうやって作者さんの目標になる企画が存在するというのは、本当に意義深いことだと思います。
スタッフの方々は大変かもしれませんが、一年でも長く企画を続けられるよう頑張ってください!

Groundbreaking -BOF2010 COMPILATION ALBUM-
http://gdbg.nekokan.dyndns.info/2010/

 
 

  ● Groundbreaking Underground (企画進行中)

Ugdbg_bn

上記のGroundbreaking -BOF2010 COMPILATION ALBUM- と対を成す、
『Groundbreaking Underground』というWebアルバムも現在鋭意制作中のようです。
BOFの名作はGroundbreaking収録曲だけじゃない!ということを証明するアルバムとなるでしょう。

gmtn.さんを中心にプランが進行しているようですので、
「俺も入りたい」という方は、gmtn.さんに一言おかけすると幸せになれるかもしれません。
公開を楽しみに待ちましょう!
 
 

  ● BOF2010検定

Bofkentei

BMS界屈指のクイズ通にして、熱狂的QMAプレイヤーとしても知られるねこみりんさんが
BOF2010のカルトを集めたQMA風クイズゲーム「BOF2010検定」を公開しています。

「BOFの優勝曲は?」みたいなイージーな問題から、
「このBGAのキャラ名を答えよ」みたいなreadme暗記必須問題まで、難問奇問がたっぷり。
BOF2010を楽しんだ人なら没頭間違いなしの楽しいクイズになっています。

1月22日に最終更新が行われ、問題数が333問にまで増加しました。
公開当初に遊んだという方も、今一度挑戦してみてはいかがでしょう?

Nekomiho

こんな感じでスコアもしっかり保存されます。攻略意欲が湧いてきますね。

今までのBOF企画にはなかった新機軸。たまには音ゲーから離れてクイズゲームもオツですね。
1プレイ数分という手軽さもウリですので、ぜひ一度はチャレンジしてみてください。

http://nekomimi.bms.ms/BOF2010kentei/BOF2010kentei.htm
  
 
 

  ● それほど忙しくない人の為のBOF2010全曲ダイジェスト

BOF2010に登録された全278曲のダイジェストです。今年も無事公開されました。
正面きってプレイしようとすると10時間以上かかるBOFの全作品を、
わずか30分の視聴で一通り堪能できるという、非常に便利でスゴイ動画です。
「今年のBOFは全作品遊べなかったー」という方は、ぜひ一度は通してご覧になり、
せめて気になった作品だけでもダウンロードしてみてください。

278曲もの編集は想像を絶する重労働だったと思いますが本当にお疲れ様でした…m(_ _)m

http://www.nicovideo.jp/watch/sm12970082
 
 
 
 
   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 
 
 
 
 
終わりに一筆。 
 
 
いまやBOFは素晴らしいイベントに成長しました。
数百人のクリエイターが集まり、各自が一年間の集大成的な作品を発表する場なんて
BMS界はおろか、アマチュア創作界を眺めてもBOFに匹敵する大会は見当たりません。
近年、引退表明していた往年の名作家がBOFで復帰するケースを頻繁に目にしますが、
彼らに「再びBMSを作りたい!」と思わせるほど、BOFは魅力的な場になっていると思います。

しかし、ここ1、2年でのBOFの爆発的すぎる規模拡大には、私は一抹の不安を感じざるをえません。
「1ヶ月の開催期間で約300作品を遊ぶ」ことは、単なるBMSパッケージならいざしらず、
作品評価も必要なBMSコンテストイベントとしては、もはや限界に近い量でしょう。
「多すぎて困る」なんて贅沢も甚だしいですが、遊び手のキャパシティは破裂寸前のはずです。

それから私が口出しして良いことかわかりませんが、運営側も相当厳しい状態にあるように感じます。
会場設営やサーバー対策だけでなく、パッケージ制作・誹謗中傷・インプレ修正・スパムの対応に追われ、
1ヶ月ずっと会場に張り付いていなければならないというのは、ボランティアや趣味の限界を超えています。
インプレを見ても、実は重複票が結構残ってたりするので(順位変動が起こるので具体的言及は避けますが)
既に会場の隅々まで運営の目が行き届かなくなりつつあるな、と心配が募るばかりです。
とはいえ、この件をもって主催のマンボウさんを責めることは誰にもできません。
こんな大イベントの運営を、今までマンボウさんに丸ごと頼りっきりだった私たちが反省すべきことなのです。

作者さんにとって、BOFで作品を発表すると1ヶ月の長丁場の開催期間を楽しめますし、
DL数もインプレ数も注目度も段違いに大きく、インプレサイトに投稿するより圧倒的にオイシイようです。
そのメリットに気づいている作家さんは多く、その恩恵を最大限に活用しようと
「BMSを作り溜めしてBOFで大量放出」みたいなBOF型作家が今後ますます増えてくることも予想されます。
ですので今のままの情勢だと、BOFの規模が膨れあがっていくのはもはや必然と言えるでしょう。

私はBOFの拡大路線自体を否定するつもりは毛頭ありません。
しかし、もしこのままイベント規模の際限なき巨大化を推進するのなら、
作業分担による主催運営の負担軽減とか、一括インプレ制による評価作業の簡略化とか、
現状で割を喰っている部分にメスを入れないと、いずれBOFバブルが崩壊するのは目に見えています。

幸いにして今はまだ冬深き1月。BOF2011(やるの…?)まで時間はたっぷり残っていますし、
BOFは一体どうあるのが望ましいのか、一度くらい腹を割って話し合っても良い気がします。
「全員が無理なく楽しめるBOF」はまだまだ追求する余地が残されているはずです。
マンボウさんは切れ者ですので、既に身近なブレーンからの意見は聴取済みとは思いますが、
インプレイヤーやプレイ専など色々な立場の人から意見が聞ければ、きっと役立ててくれることでしょう。
BMSは作り手と遊び手による双方向型のコンテンツなのですから、
皆でアイディアを出し合い、今まで以上に素敵なBOFを創り上げていこうではありませんか。
 
 
 
"BOF2010"は歴史的大成功に終わりましたが、
2011年以降もずっと成功を収め続けられるよう、私なりの提言をもって
「“BOF2010” 回顧」の締めの言葉とさせていただきます。
主催・運営・作者・インプレイヤー・プレイヤーの皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 
 
 
 
 
THE BMS OF FIGHTERS 2010  - The Evolution of War -
http://www.bmsoffighters.net/bof2010/index.html (公式ページ)
http://manbow.nothing.sh/event/event.cgi?action=List_def&event=65 (会場)
 
 
 
--------------------------------



・ 2010のイベント回顧がやっと全部記事にできたので、次回は2010ベストインプレイヤー賞を書きます。
・ NDKはハーフステップ編が終わってから最初の特集を組もうと考えています。
・ TranscendPangはアバドンを入れたら世界が変わりました。ゲイザーもハスコラも簡単に倒せてスゴイ!
・ Technikal Beatって大丈夫なのですか?というか本当に開催するのでしょうか?
  BMRにもmemoにもびにゅうにもびにゅったーにもBIDCトップにも全く掲載されてないし、
  昨日になってようやくねこみまさんBMSスレに載ったくらいで、告知宣伝が絶対的に足りない気が…。
  主催さんはもっと発信しないと深刻にマズイと思いますよ…!

|

« “BOF2010” 回顧(後編その1) | トップページ | 2010年ベストインプレイヤー賞 »

bof」カテゴリの記事

コメント

後編記事作成お疲れ様です。

Technikal Beatに関しては自分も期待しているイベントなのですが、周知が広まっていないのであれば開催時期をずらすというのもありなのでは…と思っていたりします。

こちらとしては無事に開催される事を祈るばかりです。

投稿: アムドラあかり | 2011/01/24 20:11

連投になりますが、BMRの方は先ほど掲載されたようです。(午後8時29分頃)

投稿: アムドラあかり | 2011/01/24 21:48

 1つインプレ忘れてた、だと‥‥チーム単位でインプレしてたはずなのにふたを開ければ思い切りやっちゃってました。

 BOF2010ダイジェストとか水蓮のBGA差分とか最近BMS作ったりもしてる人です。BMSイベントのダイジェスト動画作成は今回が初です。
 BOF全曲ダイジェストは2009年度でも20分を越えていたので、今回全曲ダイジェストにしたらどうなるのかなと思ったら、見事に30分を越えたために「忙しい人向け」とは書けるはずがありませんでした。
とっつきやすく印象操作するためにオートプレイはNormal譜面を使用しましたが、譜面が☆10一つしかない曲とかのせいであまり効果が無かったかもしれません。
正直BOFが肥大化するとダイジェスト作成等も苦労するので(とはいえ定義ミスや場外乱闘のBGAの適用等の余計な手間もかけましたが)、みんな中小イベントにもっと出ればいいじゃない!って思ってしまいます。

 それと2月末からイベントラッシュですが、過労でぶっ倒れないようにどうか程々に‥‥とか上っ面では言っておきながら本心では氏の活躍を期待せざるを得ません。ここに人でなしが一人。

投稿: bluv | 2011/01/24 22:59

うわー自分がのってるー
誤字やらかしたり失礼なこと書いちゃったり(後悔…)インプレってとても難しいなぁとあらためて思いました。常連さんすごい…!
今考えると点数甘めだったかなーとか思ってます。だってレベル高いんだもん!どれも書きたいことが沢山あって一行インプレじゃ収まりきらなかったです^^;
どう見ても記事書くの大変そうですがこれからも応援してます><

投稿: fkRadish | 2011/01/25 21:31

この回廊読まないと終わった気がしませんw

P.E.さんのEndymionの中央値ゲット!
お気に入りの曲でしたのでおぉ!と思う反面もう少し高い点数でも良かったかなぁともおもったり。
(活動中止しちゃうんですね・・・残念)


今年もお疲れ様でした。
これからも更新楽しみにしています~

投稿: N-A | 2011/01/25 21:55

皆さんコメントありがとうございます!
予想外に沢山のお言葉をいただけて嬉しかったです!

>アムドラあかりさん

そうですね、本音を言うなら私も仕切り直すのが安全策だと思います。
最も時間に融通の利く大学生作家も、時期的に卒論やテストや就活に追われてる頃ですし…。
このままいくのなら、あとは主催側がどれだけTwitterで参加者を一本釣りできるかだと思います。
Symphonianさんの類い希なるスカウト力に期待しましょう。

>bluvさん

ええーっ、ダイジェストや水蓮制作者もbluvさんだったのですか、知りませんでしたびっくり!
全曲動画は278作品をそれぞれ動画化して、一番の聴き所を抜き取って繋げていったのですよね…?
私たちの想像を凌駕する過酷な作業だったのだろうなと、平伏しながら拝見しておりました。感服です。
超ウルトラ無茶振りするなら、主催と連携して大会開幕と同時に公開できるようになったら革命モノですね(無茶)
準全インプレ・動画制作・場外乱闘参加と、陰のMVP的な活躍お疲れ様でした。どうかご自愛ください。

>fkRadishさん

コメント書くのって難しいですよね。暴言に関しては私も前科100犯くらいの常習犯です。
インプレでの罪滅ぼしはインプレしかないと、毎年気合いを入れてインプレってるのですが、
どう考えても暴言罪と失礼罪が雪だるま式に増えてっているような…気のせいなら良いのですけど…。
ところでfkRadishさんは今年は勿論BOF出場も視野に入れてますよね?久々の新作発表も楽しみに待ってます!

>N-Aさん

どうもお久しぶりですー。待っていただいたのに遅くなってすみません。
今更感が充満しててアレな記事ですけど、生き恥を晒すつもりで掲載させていただきました…。
中央値ゲットおめでとうございます。好きな曲の中央値を取ると嬉しいですよね。私もそうでした。
P.E.さんは本当に惜しいですよね。せっかくあそこまで出世したのに。うーん勿体ない!
でもBMS界の引退宣言なんて拘束力ゼロですので、そのうちぽーんと復活してくれることに期待しましょう!

投稿: s_miho | 2011/01/26 01:52

素晴らしい記事お疲れ様です。そのbms愛に拍手。
パソコン無いんでbofはプレイ出来ず、ニコ動とmiho_clap見てるだけなんですが、この記事だけでもう満足しそうですね(笑)流石にそれは無いですが。
記事書くのって大変だけど楽しいですよねなんか。オレも一時期そういうサイトで書いてたんで多分分かります。

しかしものすごい分量ですね。本当にお疲れ様です

投稿: しらいし | 2011/01/26 19:48

私も 全曲インプレ リストにありましたよね. 率直に私も 全曲インプレを 逹成する根性があるというのが驚くべきでした.

BOF2009, 間違いで 1曲の インプレができなかったことが思い出します... しかし BOF2010 全曲インプレ逹成だから満足します.

今年受験生がドエヌンジだと BOF2011 全曲インプレ 逹成は無理... しかしできるなら多い インプレを作成したいです. これは私の個人的な希望事項です.

最後に, 資料整理お疲れさまでした. おもしろい内容もあっておもしろく見ました. :)
特に Groundbreaking Underground << ここですごく驚きました. 期待されますね!

(翻訳機を使いました.)

投稿: SmiGoon | 2011/01/28 03:02

>しらいしさん

わかりますー、楽しいですよね記事書くの。
重荷に感じることもありますが、しばらく時間を置くとまた書きたくなるという不思議。
文章量はシェイプアップしなければと考えてるのですが、あれもこれも書きたいとやってるうちに
気づくと膨大な量になって読者(主に一見さん)を遠ざけてます。なんて墓穴。
しらいしさんのAPはよく拝見してました。箇条書きでダーッと並ぶ系のやつが大好きでした。

>SmiGoonさん

BOFお疲れ様でしたー。全インプレを達成するなんて、労いの言葉もございません。
受験生だと大変だとは思いますが、気分転換も兼ねて今年もどんどんインプレに励みましょう(悪魔の誘い)!
Groundbreaking Undergroundは本当に楽しみですよね。何が収録されるかワクワクです。
春くらいに公開される見込みのようですので、本当に今から待ち遠しいです。
コメントありがとうございました!

投稿: s_miho | 2011/01/30 23:46

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/38572396

この記事へのトラックバック一覧です: “BOF2010” 回顧(後編その2):

« “BOF2010” 回顧(後編その1) | トップページ | 2010年ベストインプレイヤー賞 »