« BMS AWARD 2010 | トップページ | 2010年下半期マイベストBMS10選 »

2011/01/04

賀正(遅)

三が日も終わり、街からお正月ムードが一掃されつつありますが
新年あけましておめでとうございます(遅っ…

旧年中はmihoclapへの多数のご閲覧を賜り、誠にありがとうございました。
2011年も皆さまと共にBMSライフを楽しんでいけたらと思います。
どうぞ本年もよろしくお願いします。

-----------------------------

 
 

改めまして新年おめでとうございます。2011年が始まりました。
今年は卯年。BMS的にはエレラビッツ口ケツ穴ウサギの年ですね。
干支の彼らがどういうパフォーマンスを披露してくれるかにも注目の一年です。

Bms2011_usagi

こうして並べてみたらエレラビッツの口もケツ穴。FALLさんたらやっぱり…。

さて、最初の記事が挨拶だけで終わってしまうのはあまり面白くないので
昨年の総括や年末年始の話題など、ホットな話題を取り上げて2011年ブログ初めとさせていただきます。

 

◆ 2010年BMSシーンの私なりの総括3点

 (1) 作者の増加

2010年はここ数年で最も新人作家が豊作な年でした。
その要因や傾向を列挙してみますと、以下のような現象が起こったためと考えられます。

  • 07年以来の無名戦開催により、3年分の新人作家が大挙してデビュー。
  • 昨年の新人王カラフル・サウンズ・ポートさんなど、pupulyが恰好の作品発表の場に。
  • BMSの日韓交流が進み、韓国作家の日本イベント参戦が相次ぐ。
  • TrioStaRさん・haleitさん・j.pamiさん・alvineさんら、常連インプレイヤーの作者化。

新規参入による血の入れ替えが近年ないほど活発に行われました。
しかも新鋭作家さんの多くが一発屋で終わらず、新作リリースを重ねているのが本当に頼もしい限りです。
BMS界が創作発表の場として一段と魅力を持ってきた証と言えるでしょう。
 

 (2) BMS関連サイトの減少

2010年は作者の増加と対照的に、BMS系サイトは減少傾向がありました。

BMS BBSの閉鎖(?)、vfpqの完全消滅(リンク先は放置されたまま残っているvfpq journal)、
Digital Emergency Exitのイベントコンテンツ以外の停止など、ポータルサイトや交流の場の縮小。
BMSブログの老舗・imit8orさんのNameless Plateが更新終了するなど、個人レビューサイトは広まらず。
10月にはinfoseekのサービス停止により、多くのBMSサイトが死亡(リンク先はbamgraさんのまとめ)。
BMS登録サイトにしても、BMGは事実上の凍結状態、binも何と言うかアレな状態でピンチ。
BIDC微粒子も更新が滞りぎみで(お前が言うなって感じですね)、こちらもやや心配な状況です。

サイトを持つのは多大な労力と責任が伴うので、なかなか続けられないというのも当然ではありますが、
共同運営によるポータルの運営や、有志によるブログ開設が、いま最も望まれているのかもしれません。
2011年には新たなBMSサイトが誕生し、界隈に新風を吹き込んでくれることが期待されます。
 

 (3) Twitterブームの影響大

2010年はTwitterが人気を集めたことで、BMS界の人々の横のつながりが強化されたような印象があり、
それに伴い、チーム戦・合作BMS・合同webアルバム・オフラインイベントが増加したのが特徴的でした。
特にオフライン化は顕著で、09年に引き続いて茶箱でBMSをやる会が催されたほか、
びむらじSTR radioBMS合宿なども作者さんたちが実際に集まって行われた企画です。
また、はるくさんによるBMS本や、plugout4完全版DVD(延期?)等、オフライン頒布物も話題になりました。
BMS界の主戦場がネット上なのは変わりませんが、リアル活動も徐々に不可分になりつつある気がします。
 
 
…というような感じで、2010年のBMS界には結構大きな動きが見られ、
2011年には更なる激動の時代を迎えることも予測されます。
願わくば、新時代の扉を開くことすら楽しみに変えられるような、活力に満ちたBMS界になりますように。

 
 
 
 
◆ 「このBMSがすごい!2010」

びにゅうの恒例企画、2010年ベストBMSの結果が発表されましたね。(上位全順位
ここで順位を書くのは控えますが、個人的には意外というか、非常に興味深いランキングだと思いました。

下半期リリース作品が上位独占というのはいつものパターンなのでそこは予想の範疇ですが、
"5vs7"出場作はほぼイベントでの順位通りだったのに対し、
"BOF2010"出場作はイベントでの順位から下克上が起きまくっているというのが、とても面白い現象でした。
「BOF期間とそれ以外とでは、界隈を構成するプレイヤー層とその嗜好は大きく異なる」
ということが示唆されているようで、大いに注目や分析に値するデータだと思います。
 
 
 
◆ TranscendPang


話題沸騰(?)のうぉすでシューティング・TranscendPangのベータテスト版やりました!
まだ正式版ではないようですし、どういう反応が欲せられてるのかわかりませんが、
無反応というのも申し訳ないので一応感想だけ。

・ 昔のバージョンより親切設計で良かったです。回復手段が多くて(以前よりかは)快適でした。
・ 1~2時間くらい遊んで、6-AのRasさんに一方的にボコられてクリアを諦めました。あんなの越せるかー。
・ 自機は初心者向けの中ではNeoveが断然使いやすい印象。攻防一体のサイドチェイン強し。
・ カラクロイド面が好き。道中もボスも遊び心があってとても楽しい!
・ ルート分岐はプレイ意欲をそそられるものの、ネオボスがやたら凶悪なのでノルマ未達成を願う私。
・ フロア変化時やボム爆破時のエフェクトが最大の敵でした。自機や弾を見失って何度死んだことか…。
・ Nankumo面に行けず心残り。えいか面にも行けなかったけど、それはきっと縁がなかったのでしょう。

ひとまずは正式版と公式サイトの充実、攻略記事や動画の掲載などを待つかな、というところです…。
 
 
 
◆ ニューイヤーBMS

今年のあけおめBMSのオススメとして、
kirejiさんの “なるほど2011年じゃねーの” を猛プッシュします!

[HAPPY NEW YEAR]  なるほど2011年じゃねーの  /  kireji

Bms2011_naru2011

一見すると、新年早々ネタBMSかよ!とも思えるタイトルですが、
派手で賑やかでぶっ飛んでいて底抜けに楽しい、お正月ブレイクコアみたいなおめでたい楽曲です。
“春の海” “一月一日” といった新年定番曲をアレンジしながら和風カオスに展開していく様は
年始めBMSの永遠のアンセム “Showguts” に勝るとも劣らない強烈なインパクト。
微妙に怪しげなBGAもとても面白く、ぜひ一度はオート鑑賞してもらいたい珍妙さを誇ります。
今のところ私の2011年暫定ベストBMSです。三が日は終わりましたが、お正月の延長戦を本作でどうぞ。

DL : 切れ痔ひどい
http://www7a.biglobe.ne.jp/~kireji/ (2011年限定BMSです。ダウンロードはお早めに?)

 
 

   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 

 

という感じで、mihoclapでは今年もBMSに関する色々な話題を提供していきたいと思っています。
2011年も変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願いします。m(_ _)m

  


が、どうやら今春に都内に転勤になるようなので、そこが一つの節目になるかもです…その際はごめんなさい…。

|

« BMS AWARD 2010 | トップページ | 2010年下半期マイベストBMS10選 »

コメント

面白い記事だなあ。お疲れ様です

なんで作者は多いのに、bms関連サイトはあんま立ち上がらないんでしょうかね。昔はもっと活気があったような気もするんですが。

・bms自体がもう流行らない?
・界隈のシステムが成熟してBOFやbmr、ニコニコなどを追いかければ良いだけになった?
・オーディエンスを楽しませて楽しみたいからオレが情報サイト運営やってやんよ、って人が少なくなった?内輪っぽい気質の人が増えた?
・無料のアマチュア界隈なんて廃れて無いだけでも凄い?
・「bms好きの中でも自己表現欲求が高い→オリジbms作者化」で、そういう人の方が多数派の傾向だから?(コピーbmsが廃れてきてる理由でもあるかも)
・BOFや自称無名といった素晴らしいアイデアのイベントが作者デビューを促進して、だから相対的にサイト運営者数が少なく見える?

原因は色々あるんでしょうが、マンボウさん(BOFや各種会場提供・開発)やyamajetさん(BJとBMSSPや各種大会や庭運営)lavalseさん(本体やIR)のような裏方が界隈の盛り上がりを支えてきた面も確実にありますし(何気にこの3人は凄い大物だと思います)
こういった人が増えてほしいですね
最近で言えば、bms界隈で有名なテキストサイト運営のs_mihoさんの他に、Puplyの中の人とか有望ですよね。最初は「こんなん瓶があるじゃん定着しないだろ」と思ったけどそうでも無かったという。

あと、ここだけの話」このbmsが凄い!」はなんか受け付けないです。
「このマンガが凄い!」と同じ感じでサブカル臭というかオサレ臭というか、妙にオタクっぽい感じが…
たぶんオレみたいな弐寺や王道系が好きな厨弐病なヤツラとは方向性が真っ向から違うんじゃないか、とか。


しかしこの文章書くだけで30分強かかってるんですよね
BOF期間中のs_mihoさんどんだけ凄いのっていう。

投稿: しらいし | 2011/01/26 22:04

しらいしさん!?うわーしらいしさんだー!
引退後もまだBMS界を見守っていてくださってたのですね。感激。
こんな過疎ブログにようこそお越しくださいました…!

BMSシーンの現状へのご考察、大変興味深く拝見させていただきました。
他の方々の考えに触れる機会が少ない身なもので、この手の意見は凄く糧になります。

せっかくなので私見を述べさせていただきますと、
>昔に比べて関連サイト少ない
「昔」がいつを指すかにもよりますけど、10年前とかと比べると見る影もないですよね…。
時代の流れ、の一言で片付けてしまうのはいささか暴論ですけど、
いま世で人気のネットコンテンツは、Twitterとか匿名掲示板とか短文系・手軽系サービスばかりですし、
今の人たちには、自分で文章やら情報やらを集めて発信するのは重くて敬遠されるのかな、と感じてます。
>BMS界3英雄
それは本当にその通りだと思います。
他の人では絶対に替えが効かない役目を引き受けてくださっているわけで。もうひたすら感謝です。
お名前を挙げられた3人のうち、やまじぇさんは現在シーンの第一線から引いた恰好となっていますが、
そのためにBMGとかBMSSPとかの素晴らしいコンテンツが、後継者不在で失われつつあります。
もしこれと同じことが、今度はマンボウさんやらばるすさんで繰り返されたとしたら、即BMS界は危うくなりますよね。
彼らの負担を軽減しつつモチベを高める妙案を、なるべく早く考え出さないとマズイかなと危惧しております…。
>pupulyのlymr09さんスゴイ
全くですね。私もbinに負けるかなと踏んでいたのですが、とんでもない過小評価でした…。
lymr09さんがもっとBMS界の表で活躍してくれれば私の老後も安心ですけど、なんだか忙しそうですしね…。
>このBMSが凄い!
仰る通り、間違いなくマニア向けだと思います。
去年は全然そんなことなかったのですけど、何故か今年はやたらディープな選曲に(笑
どうでもいいことですが、私の中でしらいしさんは“humorについて”の印象が強い方なので、
公言するほどに弐寺や王道系のファンだったとはちょっと意外でした。本当にどうでもいいですね。

そんな感じでご意見ありがとうございました。知見を深める良い機会になりました。

あとそれからですね、以前から一言お礼を申し上げたかったのですが、
数年前に、APで下積み時代の私を取り上げてくださってありがとうございました。凄く励みになりました。
「良きリスナーであるべし」は信条として今も大切に心に刻み込んでいます…。

無駄に長文になってごめんなさい。コメントありがとうございました!

投稿: s_miho | 2011/01/30 23:30

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/38314377

この記事へのトラックバック一覧です: 賀正(遅):

« BMS AWARD 2010 | トップページ | 2010年下半期マイベストBMS10選 »