« Mini BMS Package -KOBAKO 3rd box- | トップページ | “Wire Puller 2”&“第一回"なんちゃって"無名BMS作家が物申す!”展望 »

2011/02/14

NDK BMS PACK 2010 (2011年1月分)

Ndk_bn

DRUM'N'BASS限定BMSパッケージ “NDK BMS PACK 2010”

1月のテーマは『HALFSTEP』です。

-----------------------------

 
 
 

"NDK"こと"日本ドラムンベース協会"のBMS配信が始まっています。
("NDK BMS PACK 2010"という名目ですが、2010年は発足年で、2011年1月から配信スタートです)
名称の「日本ドラムンベース協会」とは、もともと軍人さんがplugout4で用いた変名義の一つでしたが、
今回のパッケージ公開に合わせ、ドラムンベースを愛するクリエイターたちの旗印へと生まれ変わりました。
 

さて、NDKの設立理念・活動方針などを公式ページから抜粋しますと、

日本ドラムンベース協会は、今日本のBMSシーンに不足しているDRUM'N'BASS成分を補うために発足されました。
毎週日曜日に1作ずつ、様々なアーティストがそれぞれの思いを込めたCOOLでDEEPなDRUM'N'BASS BMSを配信していきます。

ということです。

BMS界のドラムンベース情勢は、現在あまり景気の良い状態ではありません。
長年ドラムンベースを牽引してきた軍人さん・少佐さんらエース級作家の活動量が減ったことに加え、
人気面でもブレイクス(似たようなものですが)に押されつつあり、なかなか思わしくない状況下と言えます。
さらに根本的な問題として、ドラムンベースを作る作者が現在少ないことも、停滞感に拍車をかけています。
そんな現状を打破してドラムンベースの復権を果たすことこそが、NDKの目指す至上目的であるのです。


NDKのパッケージでは、月ごとに共通したテーマを設定しています。
1月は『ハーフステップ』、2月は『アトモスフェリック ドラムンベース』など、
ドラムンベースの中の細分化ジャンルをテーマとして取り上げていく方針のようです。

読者諸兄もご存じのように、ドラムンベースは派生ジャンルが異常に多いです。
私がこの場でパッと思いついただけでも、
アートコア、リキッドファンク、ニューロファンク、アトモスフェリック、ハーフステップ、ダークステップ、
ジャズステップ、テックステップ、ハードステップ、トランスステップ、エレクトロステップ、ジャンプアップ…etc。
細分化が進んでいるということは、つまりは小さな差異すら賞味に値するジャンルということで
それだけ鑑賞価値が大きいといえますが、同時に「マニア以外は着いていけない」という弊害も生じてきます。
実際、上に列挙したジャンルの定義がわからない…という人も少なくないことでしょう(はい私のことです)。
しかし心配は不要です。NDKパッケージを遊んでいれば、それらのジャンルへの理解が深まるのは間違いなく、
ジャンル違い・顔違いのドラムンベースをも存分に味わえるまで成長できること請け合いです。
ドラムンベースの魅力の底なし沼にハマるきっかけとして、あるいはドラムンベース道を邁進する栄養として、
NDKによる珠玉のドラムンベースBMSパッケージをどうぞお楽しみください。
 
 
 

◆ ハーフステップとは

1月のテーマ『ハーフステップ』について。
ハーフステップはダブステップに触発されて誕生したジャンルで、
ドラムンベース界でも先ごろ大いに流行った比較的新しめの音楽です。

BMSでも“Meta Competencies Nest In” “lumpectomy” “Jumbo” などの人気作でお馴染みですが、
その定義を超簡潔に言うと、リズムパートだけBPM半分のドラムンベース、となります。

ハーフステップの世界的代表曲としては、“New era / Kanji Kinetic” が挙げられます。
どこのサイトで調べても口を揃えて名前が出てくるので、たぶん超有名なのだと思います(←無責任



全部聴くのが面倒な方は1:06あたりまで飛ばしてください。
スネアなどの強拍に注目して聴くと、リズム半減具合が非常にわかりやすいと思います。
このような独特なリズム感とブリブリしたベースラインとの妙が、ハーフステップの大きな魅力の一つです。

 
今回のNDKではハーフステップの近似ジャンルとして、ダブステップドラムステップも配信されました。
ダブステップはドラムンベースというよりは、本来ベースミュージック系統に属するジャンルでありますが、
ハーフステップのリズムと相性が良く、セットで組み合わされることも多いようです。
ドラムステップはドラムンベース界の最新流行ジャンルです。
ダブステップとハーフステップとの融合・派生型とのことで、これからどう発展するか注目と言えます。

いずれもこれからのBMSシーンではマストといえるジャンルかもしれませんので、
後々になって置いてけぼりにならないよう、今のうちにしっかり触れておくと良いでしょう。
 
 
 

◆ 楽曲紹介

NDK1月配信分のBMS紹介です。
公式ページのLUさんの文章が非常に秀逸なので 私が書いてもお目汚しにしかなりませんが
インプレ代わりのつもりで簡単に紹介文を贈らせていただきます。
 

[HALFSTEP DNB MIX]   Vorota  -  xarva / Remixed by Atomic Sphere

Ndk1_vorota

xarvaさんの名作“Vorota”のリミックス。Vorota(ヴァロータ)とはロシア語で「門」の意です。
曲の開始とともに異世界への禁断の扉が開き、荘厳な負のオーラが現世に流入してくると、
不安に駆られて心拍数が高まるかのごとく、ブレイクビーツの鼓動は早鳴りを続けます。
魔界の瘴気にあてられたのか、中盤の悲鳴のような声ネタ地帯では異形の悪霊(?)も見え隠れ。
プレイ後には、たとえ気配を感じても後ろを振り向いてはいけません。異界に連れ込まれたくないのなら…。
 

[HALFSTEP DNB MIX]   Amaranth (remix)  -  Atomic Sphere / Remixed by LU

Ndk1_amaranth

原曲は軍人さんの代表作の一つにして、BMS史上屈指のドラムンベースと名高い“Amaranth”。
それをNDK総帥LUさんがリミックスしたというのは、さながら新旧DnB盟主のバトンリレーと言えましょう。
本作は5鍵SP&7鍵DP/7鍵SP&5鍵DPとで曲が異なります。DPができない人も両方を楽しめる粋な配慮です。
前者では緊張感あるサイレンの警告を振り切り、複雑かつ攻撃的なリズムが縦横無尽に脈動し、
後者ではミステリアスな雰囲気のなか、ハーフステップが重厚に歩みを進めるかのような威圧感があります。
 

[HALFSTEP]   Painless  -  8 to 7

Ndk1_painless

8 to 7(八嶋)さんのBMS作者デビュー2作目となる本作は、
赤黒いBGAが心の奥底で眠っている感情を煽る、ギロチンドラムンベースとでも呼ぶべき生々しい楽曲です。
曲のメインである歪んだ低音旋律は、刃こぼれしたナタで肉をえぐるようなゴリゴリとした痛みに溢れ、
中間部で曲がガバへと姿を変えると、ガバキックの連打が鈍器となって聴き手を殴りつけます。
2分間の狂気の儀式が終わる頃には、Painlessとの標題のごとく痛覚がすっかり麻痺していることでしょう。
 

[DRUMSTEP]   本格的 ガチムチクラブミュージック ドラムステップ編  -  cybermiso

Ndk1_cyberuho

クールなドラムンベースで名高いNDKはベッドの中でも凄かった。本作はまさに彼らの「夜の顔」です。
特徴的な3連符のリズムに加え、後ろから兄貴に小刻みに突かれるような高速縦連打が猛威を振るいますが
ソフランで焦らしてじっくり性感を高めたり、Sっ気のある配置と判定でネチネチ責め立てたりと、
ガチムチ兄貴の百戦錬磨のテクニックが冴え渡り、ノンケでもその道に目覚めてしまうことでしょう。アッー!!
NDKとcybermisoさんがパブリックイメージを犠牲にしてまで作り上げた入魂作。貴方もぜひ掘られてください。
 

[DUBSTEP]   Far in the Blue Sky(Dubstep Remix)  -  Saikoro / remixed by ポポス

Ndk1_faa_buu_sky

トランスBMSの名曲中の名曲、saikoroさんの“far in the blue sky”のリミックスです。
原曲のフレーズやボーカルはどこまでも透明で、朝焼け前の青白い空を思わせる輝きを放っていますが
そこを飛び交うのは悪夢の下痢ベース。汚物のメルトダウンが澄んだ青空を別のナニカへと変貌させます。
原曲の清流と、ダブステップの濁流。それらが交わる先に何が待つのか…答えは聴いてのお楽しみです。
BGAは現在鋭意制作中とのことですので、完成を楽しみに待ちましょう。
 
 
 
   ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆     ◆ 
 
 

ということで、一部に不適切な作品(笑)も含まれていますが、
自宅にいながらクラブ最前線の空気を感じられる、非常に素晴らしいラインナップだと思います。
言うまでもなくクオリティは折り紙付き。DnBファンならずとも魅了される力作揃いです。
この1月配信分の特徴としては、リミックスBMSが多いことが目に付きます。
“Amaranth”(BOF2004版)や“far in the blue sky”は公開停止につき現在は入手不可能なものの、
いずれも原曲は名作との誉れ高く、BMS界の住民なら教養として知ってて損はない作品ですので
もしお持ちでない方がおられましたら、この機にインターネッツを駆使して探してみてください。
原曲への知識や理解があれば、リミックスも数倍楽しく聴けて大変お得ですから。
 
 

さて、NDKの2月配信は既にスタートして絶賛を浴びています。
今月のテーマは『アトモスフェリック』、ドラムンベースのなかでも浮遊感や爽快感に優れた一派です。
アートコア、ジャズステップなどの同系ジャンルも含めた、美しいトラックの饗宴が期待されます。
今後もNDKから目が離せませんね。毎週日曜の新作発表に注目しましょう!
 
 
 
 
NDK BMS PACK 2010
http://nekokan.dyndns.info/~ndk/index.html


メンバー欄の stuff→staff に直したほうがより適切ですよ

|

« Mini BMS Package -KOBAKO 3rd box- | トップページ | “Wire Puller 2”&“第一回"なんちゃって"無名BMS作家が物申す!”展望 »

bms」カテゴリの記事

コメント

ハーフステップはAmitが始祖なので皆さんAmit聞きましょう(^^)

記事のご執筆、ありがとうございます!主催ではございませんが…

毎週公開なので必然的にみほさんの執筆量も増えてしまうことになるとは思いますが、ご了承ください……

投稿: NDKスタッフM | 2011/02/14 21:37

どうもお気遣いありがとうございます。
でも毎週公開で大変なのは、私なんかより制作陣の皆さんのほうですから
タスク抱え込みすぎてパンクしないよう、心に程々の余裕を持って頑張ってください。
とりわけMさんやひろうさんや瓢箪さんなど、裏方さんの負担はハンパないでしょうが、
公開を待つファンのためにも、一肌脱いで役目に徹して貰えれば…と思います。
私もなるべく記事で応援していくつもりです。NDKの成功をお祈りしております…。

投稿: s_miho | 2011/02/15 00:50

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/38847708

この記事へのトラックバック一覧です: NDK BMS PACK 2010 (2011年1月分):

« Mini BMS Package -KOBAKO 3rd box- | トップページ | “Wire Puller 2”&“第一回"なんちゃって"無名BMS作家が物申す!”展望 »