« NDK BMS PACK 2010 (2011年2月分) | トップページ | 緋色の仮面 / eoll & のすけ »

2011/03/03

LOVE HIGHBALL / Yamajet

Lovehighball_bn

[Shimoda Rock] 
LOVE HIGHBALL / Yamajet

(from "THE BMS OF FIGHTERS 2010 - The Evolution of War -")

----------------------------- 

 
 
 

チーム対抗イベント "BOF2010" 登録作。 [下田商店] チームの一員として出場。
スコア 44/278位(偏差値57.8)、中央値 49/278位(偏差値58.4)。
BGAが一枚絵の作品のなかでは、スコア・中央値ともに大会最上位を獲得しました。
 

[下田商店] は横浜の綱島駅前に実在する、激安の立ち飲み居酒屋です。
一説によると、関西在住のBMS作家が上京した際には、必ず下田商店で接待されると噂されるほどで、
いまやBMS関係者たちが夜な夜な集まる、界隈のメッカといっても決して過言ではない聖地です。
そんな [下田商店] への愛を(店に無断で)歌った作品がこの“LOVE HIGHBALL”なのです。
 

本作が発表された2010年は、日本のポピュラー音楽にとって、一種の閉塞感を感じさせる年でした。
オリコン年間シングルトップ10を、嵐とAKB48の2グループだけで独占してしまったり、
どの曲もどのアーティストも「会いたい」という歌詞ばっかだ!というコピペがネット上で流行ったりと、 
シーンの多様性は失われ、硬直化が進み、既視感のあるような音楽ばかり蔓延している印象がありました。
その点、この“LOVE HIGHBALL”は、そういったマンネリ感とは一切無縁の個性が持ち味です。
特定の居酒屋とお酒がテーマの楽曲という時点で、すでに色々と常軌を逸していますし、
BMSでは少ないロック、しかも制作者自身による男性ボーカルということで、大いに存在感を示しています。
お酒を飲める人も飲めない人も、とりあえず一杯ひっかけるつもりでプレイしてみてはいかがでしょう?


 
(lyrics)
 
Yamajetさん本人によるセルフボーカルのロックナンバーではありますが、
曲の導入部はラップ調というかセリフ調というか、怒濤の駅名連呼パートから始まります。
渋谷から綱島まで、東急東横線の駅名が次々テンポよく飛び出る様は、とてもリズミカルで小気味よく、
週末の仕事帰りの電車に乗り、脇目を振らず一直線に下田商店まで向かう姿をイメージさせます。
車掌風の「大井町線はお乗り換えです」 や、「綱島」 時の異常なテンションの高さなど、小ネタもバッチリ。
聴き手も一緒に下田まで連れてってくれる工夫・演出が、本作のさりげなくも非凡な部分の一つです。

さて、晴れて下田商店に到着すると、ここから楽曲のメインパートの幕開けとなります。
意外にも(?)やまじぇボーカルは非常に上手く、聞いていて心底ゴキゲンになってくる歌い方ですし、
それを彩るピアノの伴奏や軽快なオルガンも素晴らしく、ウキウキとした高揚感は膨れあがるばかり。
ここで注目すべき点としては、前段のラップに引き続いて歌詞が極めて魅力的であることが挙げられます。
「ああ もつ煮込み食べれば広がる笑顔の輪」  だなんて、なんとも幸せで温かい表現ではありませんか。
想像してください。ほかほかの湯気の下、柔らかいモツの味が口いっぱいに広がる感触を…ああ幸せ。
「さあみんなで行こうよ下田 多少の物ならおごるよ」 も素敵。多少の物、というのがリアリティありますよね。
Yamajetさんは皆の兄貴分的存在で、お酒の場を心から愛してるのだなぁとひしひし伝わってきます。

宴が最高潮に達したら、ラストを飾るはギターとオルガンの二重ソロ!鮮やかに曲を締めにかかります。
鍵盤楽器の扱いには定評のあるYamajetさんなだけあって、そのメロディ運びは軽妙かつ鮮やかですが、
微妙にヤケクソ感のある「ハイハイ!ハイボール!」という合いの手や、強拍に変化を付けるリズム回しなど、
勢いのみに任せることなく、しっかり技に技を重ねているところが、作者歴10年のYamajetさんの本領でしょう。
BMS的に美味しい演奏感のあるフレーズを奏できったら大団円。本日の下田商店は閉店となります。
 

わずか1分半の短いBMSということもあり、サクッと遊べて実時間以上に短く感じられる作品です。
「そして明日も下田商店」 と歌詞にありますが、毎晩繰り返し下田商店に通い続けるYamajetさんのように、
この“LOVE HIGHBALL”も、ついついもう1プレイと何度も繰り返し遊びたくなる魅力を秘めています。
本作をプレイして少しでも下田商店に興味を持った方は、ぜひ今夜は綱島までお出でませ。
YamajetさんをはじめとしたBMS界の優しい(?)お兄さんたちが、温かく迎えてくれること請け合いですよ。

 
 
DL : BOF2010 会場より
http://manbow.nothing.sh/event/event.cgi?action=More_def&num=193&event=65


 
 
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

◆ 下田商店をテーマに扱ったBMSとしては、同じくBOF2010に同チームでエントリーした、
  “Theme of Under the DEN / (^3^)” もオススメです。2軒目のハシゴにはこちらの作品もどうぞ。



このオヤジ臭さ、酔っぱらいどもの悪ノリ暴走ぶりがたまりません。
プレイすると下田商店の価格にも詳しくなれてお得(?)です。「今日も下田でメシが美味い」!!
(上の動画では一枚絵となっていますが、現在はBGAが同梱されています)
 

 
DL : BOF2010 会場より
http://manbow.nothing.sh/event/event.cgi?action=More_def&num=171&event=65
 
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

 
◆ 下田商店 アクセス

Simoda_access

東急東横線綱島駅西口から徒歩1分。
“LOVE HIGHBALL” というタイトルのように、ハイボールを一番のウリにしている店だそうです。
ハイボール¥250より、ビール¥300より。お酒は二十歳になってから。
 
 
 
(この記事は2011/07/24に追記されました)

|

« NDK BMS PACK 2010 (2011年2月分) | トップページ | 緋色の仮面 / eoll & のすけ »

bms」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232013/40135338

この記事へのトラックバック一覧です: LOVE HIGHBALL / Yamajet:

« NDK BMS PACK 2010 (2011年2月分) | トップページ | 緋色の仮面 / eoll & のすけ »